1. トップ
  2. 恋愛
  3. 5月前半の恋愛運第1位は蠍座! LUAが告げる12星座恋の運命

5月前半の恋愛運第1位は蠍座! LUAが告げる12星座恋の運命

  • 2021.4.27
  • 35704 views

――LUAが告げる、5月1日~15日の恋愛運。あなたの恋の運命は……?

★5月1日~15日の星の動き★
ゴールデンウィークと同時にスタートする5月です。既成概念にとらわれない創意工夫で、課題を克服できる星回りもきています。星の流れを味方につけて、新しい恋のスタイルを編み出していきましょう。出会いも交際も、遠い昔からの恋の手段にすがる必要はありません。今だからこそできる恋の仕方を探して、あなたの恋の応用力を強めていくのです。

そんな5月前半の恋愛運、第1位~第3位はこちらの星座!

■第1位 蠍座……安らぎの時間が恋をつなぐ
どんな恋模様にあろうと、なぜだか大丈夫と思えるなら、それは、あなたの内側から発せられる力の強まりを感じているからでしょう。安定した心の構えが、周囲の人の気持ちを安心させ、あなたを慕うファンを増やしていきます。直接的な恋愛感情が生まれることもありますが、あなたのために力になりたいと思う人が、恋のサポートをしてくれるはず。喜びの気持ちを素直に伝えましょう。

■第2位 蟹座……積極的に恋を開拓!
バツグンの行動力で動いていけるときです。お誘いを待っているだけでなく、自分から働きかけていくと、出会いや恋の進展を、より促せるようになるでしょう。「やろうと思っていた……」と言い訳しないように、「やろうと思ったらやる」「迷ったらとりあえず!」という意識でどうぞ。意外なきっかけが生まれて、予期せぬ恋の副産物にめぐりあう可能性もあります。積極的にいきましょう!

■第3位 魚座……意識のスイッチで恋をプラスに動かして
迷って不安になっているようではいけません!「ここはどこ?」「どうしたらいいの?」という状況で、未知の可能性に期待をふくらませていきましょう。あなたの中に新しい視点と感覚が生まれて、これまでとは異なる展開が訪れるようになります。どんな恋のステータスであろうと、未来の可能性に向かっていけるのです。意識のスイッチを繰り返して、相手と自分を客観視することが決め手に。

4位以降はこちらの星座!

■第4位 牡牛座……小さなアクションが恋を育てる養分に!
ゴールデンウィークが明けて落ち着いた5月12日は、牡牛座の新月です。この日に向かって恋の悪習を手放し、身軽になっておきましょう。あなたの恋にとって大切なものを精査して、それを守っていきたいときです。しっかり恋を実らせて、大きく育てていく準備になるでしょう。ちょっとした言葉やメッセージなど、小さな接点の積み重ねが大事です。どんな相手を前にしても丁寧なあなたで!

■第5位 山羊座……友としての会話が恋のカギに
真剣になりすぎるシリアスな恋愛よりも、フランクで軽やかな恋愛がうまくいくでしょう。友達以上恋人未満のような関係や、恋人でありながらも友達のようなカップル、友達として親しいだけじゃなく、もう少し進展したらいいなと思える間柄です。どんな恋のステータスにあろうと、友人や仲間としての会話が成立することがベースになります。恋の出会いから恋の進展まで、会話を大切に!

■第6位 牡羊座……動物的嗅覚で恋の相手を洞察!?
いつもと変わらぬ日々を過ごしているだけなのに、なぜだか先が読めてしまうことがありそうです。出会った瞬間に、「この人はいい雰囲気に見えるけれど、意外とろくでもないタイプだろう……」などと、はじめに見切ってしまうでしょう。募集中の人はもちろん、片思いの相手や交際中の恋人に対しても、この洞察力を活かしたいもの。月日が経ってからでも、パートナーの見極めは大事です。

■第7位 乙女座……恋のフィーリング確認にリサーチがお役立ち!?
バーチャルなお出かけが吉! リモートやネットを通じて、外とつながりましょう。買い物も、通信販売が◎。人と情報交換をしながら、耳寄り情報を集めていきましょう。そんな中に、気の合う人が見つかる予感です。同じものを選んだり、似たものを好んだり、意見がピッタリという人物がいたら、未来の恋人の可能性が大きいでしょう。また、似た感性の持ち主が、恋のキューピッドになることも!

■第8位 天秤座……ギブアンドテイクが恋の土台作りに
大事なものについて、じっくり考えてみると、そこに恋のヒントが見つかるでしょう。大事だから守りたい一方で、大事だからこそ、それに見合った自分にならないといけないと思うこともあるはず。好きな人のために、あなた自身を磨いていきましょう。募集中の人も、自らを輝かせることで、よりステキな出会いをものにできるようになりそう。並べた理想を、あなたの中でかなえていきましょう。

■第9位 射手座……恋愛運を左右するのは自分自身
やる気が出なくてダラダラしていても、動きはじめてみると、今度は作業を止められず、ずっと動き続けてしまいそうなこの時期の射手座。自分の矛先がどこに向くのかで、恋愛運が変わっていくでしょう。好きな人に夢中になれる人は、恋にまっしぐらに進んでいけるはず。募集中の人は、恋活か、なすべき作業のどちらに集中するかが分かれ道になりますが、紹介やお見合いの出会いが有望かも。

■第10位 水瓶座……恋を滅多切るドライな感性を恋に活かして!
よくも悪くも、合理的な考えが強まっていくのかも。どんなに好きでも、両思いになれない恋をするのは時間の無駄だ。恋人がいるけれど、ただ楽しいだけでいいの? 将来も考えなくては! そもそも出会いがないし、出会った人を好きになれるのだろうか? などなど、現実的な発想で、恋愛を滅多切りにしてしまうことがありそうです。こういうときは、それを逆手に利用して、恋路を開拓!

■第11位 双子座……恋の頭でっかちになりそう
アイデアはたくさん浮かんでも、それを実行するために腰を上げることが至難のわざになりそうです。出会いたいけれど、やることはいろいろあるし……。片思いの恋を進めるといっても、なかなかいい機会にめぐまれないし……。恋人にお願いしたいことがあるけれど、次でいいやと流してしまいがちに……。そうやって言い訳に走ってしまうのは、考えすぎが原因かも。考えすぎは、物ごとを複雑化します。

■第12位 獅子座……身近なところにある学びが恋の助けに
充実した日々を過ごしているけれど、家族と向き合えていないことや、放置中の家の問題を思い出して、ため息をつくことがあるのかも。関係のないこととして無視してしまえば済むともいえますが、実はそれではすまないことも多いでしょう。恋に逃避する自分を感じたときは、家族や身内と顔を突き合わせてみては? 今の恋模様に関わらず、有意義な恋愛に役立つ学びがあるでしょう。
(LUA)

元記事で読む