1. トップ
  2. ファッション
  3. 【出番が増えていく服】|「着まわしにも優れる」黒・白・ベージュアイテム

【出番が増えていく服】|「着まわしにも優れる」黒・白・ベージュアイテム

  • 2021.4.26
  • 2998 views

服を減らすとかえって得られることが多いのは周知の事実。さらに一歩踏み込んで、「色をしぼる」という発想の上乗せを。「得する色だけ」で見極める、真実の最小限ワードローブを人気スタイリスト・樋口かほりさんと一緒に考えてみました。

「定番の3色に向くアイテム」の選び方とは?
黒・白・ベージュの定番3色。余計な組み合わせを生まないためには「この色で・このアイテム」という明確な理由に基づく選択が不可欠。

【画像一覧】着まわしにも優れる18アイテム


【01】BASIC
「正しい3色のあるべき姿」
A.「レザー以外は正統派トレンチ」


えりを立てたときに絵になる黒レザー
共布ベルトつきベージュトレンチコート 45,000円+税/CITY(ステュディオス ウィメンズ 表参道店) シルエットは長く愛用できるベーシックなタイプ。

B.「重ねがいのある白シャツ」


上にも下にも重ねやすいゆったり感
白オーバーシャツ 32,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 前後差のあるすそで動きが出るからオーバーサイズでももたつかない。

C.「カジュアルすぎないボーダーT」


太すぎず細すぎない絶妙なピッチ
白×黒ボーダーTシャツ 9,500円+税/ORCIVAL(ビショップ) カジュアルすぎない理由は、ちょうどいいピッチと顔まわりをすっきり見せるボートネック。

D.「装飾を省いた黒ローファー」


装飾を省いたミニマルなルックス
黒ローファー 14,900円+税/A de Vivre リッチなビットがあると場合によってはトゥーマッチ。ごくシンプルな黒と細身のワイズだからボトムを選ばない。

【02】KNIT
「隙のある黒と無駄のない白で事足りる」
E.「1枚でも成り立つカーディガン」


インナーなしでも成り立つVネック
黒ニットカーディガン 49,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス オモテサンドウ) 1枚でプルオーバーがわりにも活躍。

F.「コンパクト手前のプルオーバー」


カシミヤブレンドのソフトな質感
アイボリーリブニット 29,000円+税/CABaN(キャバン 代官山店) インナーにもちょうどいい締めつけすぎないフィット感。伸縮性もありノンストレス。

【03】MASCULINE
「ハンサムなものこそ色はやさしく」
G.「薄手のウールジャケット」


今に適したウールのぬくもり
ベージュウールジャケット 14,990円(税込み)/ZARA(ザラ カスタマーサービス) 優等生におさまらず、さりげなくエッジが効いたピークドラペル。

H.「クリアなストレートパンツ」


堂々としたフレアストレート
白ストレートパンツ 8,000円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) なめらかな質感とややゆとりのあるシルエットで美しい縦の流れを演出。

【04】EASY BLACK
「色はタフに、素材で脱力」
I.「ニット未満のリブタンク」


キャミソールのようにフェミニン
黒リブタンクトップ 26,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス オモテサンドウ) 1枚でも自信が持てる上質なリブ編み。

J.「スラックス仕立てのパイルパンツ」


やぼったく見えないハイゲージ
黒コットンパイルパンツ 15,000円+税/イウエン マトフ(イウエン マトフ 横浜店) ラウンジウエアのような気楽さがありながら美形を保てるストレート。

【05】FLARED FORM
「迫力を見込める黒と白のAライン」
K.「なだらかなシャツドレス」


甘くは転ばないバンドカラー
白ギャザーシャツワンピース 23,000円+税/FRAY I.D(FRAY I.D ルミネ新宿2店) たっぷり施されたギャザーやそでのふくらみによってシンプル以上に。

L.「甘くないボリュームスカート」


ウエストは細く、緩急ついたAライン
共布ベルトつき黒スカート 28,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 贅沢に生地を使用したボリューム感。表情が変わる共布ベルトつき。

【06】SIMPLE BEIGE
「定番をベージュで再解釈」
M.「重ねて生きるベージュシャツ」


白にはない奥行きが見込める
ベージュオーバーシャツ 19,000円+税/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿2) 重ねたときに深みをもたらす前後差のあるすそと、ニュアンシーなヌードカラー。

N.「ニット感覚のベージュスエット」


ある意味スエットらしくない品のよさ
ベージュスエット 26,000円+税/ebure(ebure GINZA SIX店) 柔和な色みに加え、ドルマンスリーブなど女性らしさを引き出す仕掛けをそなえた進化系。

【07】NEUTRAL SHOES
「季節をまたげるあいまいな足元」
O.「むしろ軽さを生むショートブーツ」


真っ白じゃないから手が届く
白スクエアトゥショートブーツ 23,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) クリアな白だとモードすぎる。まろやかな発色だからボトムとのなじみも良好。

P.「先端だけ強気なスエードパンプス」


ぼやけない理由はポインテッドトゥ
ベージュスエードパンプス 30,000円+税/ピッピシック(RHC ロンハーマン) まだ肌寒い時季、足元にあたたかみを残せるスエード素材のウォームベージュ。

【08】SUMMER MOOD
「今から気になる夏の予感」
Q.「ドライなリネンパンツ」


夏まで想像できるドライな風合い
ベージュリネンパンツ 15,400円+税/GROVE SEOUL(アイクエスト ショールーム) 清涼感のあるリネン地。ベージュなら今から始めても浮かない。

R.「ヒールつきのレザーサンダル」


「モードなビーサン」的ニューフェイス
黒サンダル 41,000円+税/エーティーピーアトリエ(カオス横浜) 黒で統一されたソールとレザーのアッパー。カジュアルすぎないサンダルとして活躍の予感。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

元記事で読む