1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「初めてランドセルを背負ったときのワクワク感を、もう一度」ランドセルメーカーが作る、大人向けの“背負う”カバン

「初めてランドセルを背負ったときのワクワク感を、もう一度」ランドセルメーカーが作る、大人向けの“背負う”カバン

  • 2021.4.24
  • 2771 views

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。4月17日(土)の放送では、カバンのブランド「IKUTA KABAN」のカバン職人、長井宏治(ながい・こうじ)さんに、同ブランドが手がける大人向けの“背負う”カバンについてお話を伺いました。

ランドセルメーカーが作る、大人の“背負う”カバン

“かばんのまち”、大阪市生野区にある創業70年のランドセルメーカー「生田」。

本革にこだわって、一つひとつすべての工程を、職人がハンドメイドで仕上げていきます。そんな、顔の見えるランドセル作りで培った技術を活かして、大人向けの“背負う”カバンのブランドが生まれました。

それが「IKUTA KABAN」です。

熟練の職人によるハンドメイド

「ランドセルというのは、小学校といういままで知らない社会に出ていくなかで、パートナーになる存在ですよね。初めてランドセルを背負ったときのワクワク感を、もう一度感じてもらえたらと思って、大人用のカバンを作り始めました」と語る長井さん。

「IKUTA KABAN」の素材は、メイド・イン・ジャパンのヌメ革のなかでも、特に数が少ない貴重なもの。

ヌメ革の良さは、使い込むほどに味わいを増し、革ならではの経年変化が楽しめるという点です。

使い込むほどに味わいを増す「IKUTA KABAN」のヌメ革を使用

製品を使い込むことで、スメ革の特徴が活きてくると長井さんは語ります。

「使っていただく方が年齢を経て、いろいろな経験をしていくように、カバンも一緒にいろいろな経験をして、体に馴染んで味も出てくるのを楽しんでいただきたいです」

過去には、大量生産に踏み切った時代もあったという「生田」ですが、最終的にたどり着いた答えが、“本当に良いランドセルをお客さまに届けたい”という思いでした。

手作りにこだわった本革のランドセルを作ることで、子どもだけでなく、大人にも童心に帰って人生を楽しんでもらいたい。そんな願いが、「IKUTA KABAN」には込められています。

作り手の思いは“本当に良いランドセルをお客さまに届けたい”

「作り手として、ものすごく気持ちを込めているので、物の良さを感じながら、大切に、長く使ってもらえる方に、持ってもらいたいなと思っています。背負っていただくことで、毎日、出勤や遊びに行くときにも“楽しいな”という気持ちになってくれたらうれしいです」

ノートPCや書類などもすっぽりと収まる

長い時間をかけて、少しずつ変わっていくカバンをパートナーにして、ワクワクする毎日を送ってみませんか?

<番組概要>

番組名:DUNLOP presents みらい図鑑

放送日時:毎週土曜13:55~14:00

パーソナリティ:吉田美穂

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/miraizukan/

元記事で読む