1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【マヤ暦】4月24日から5月6日前は「青い猿の13日間」どんなことに意識して過ごすべき?

【マヤ暦】4月24日から5月6日前は「青い猿の13日間」どんなことに意識して過ごすべき?

  • 2021.4.24
  • 5768 views

4月24日から5月6日までは「青い猿の13日間」

昨日までの「白い鏡の13日間」はいかがでしたか?ご自分を鏡に映し出し自分を磨くことはできましたか?

4月24日から5月6日までは青い猿の13日間になります。

青い猿には、魔術・遊ぶ・幻想・高い精神性・知性などのキーワードがあります。

そもそも今は大転換、変容の「第三の城」の期間ですので、様々な変化が現れます。その中でもこの13日間は、起承転結の"転"に当たる期間です。いろいろな変化を受け入れて人生を思い切り楽しむことにエネルギーを向けてみましょう。

ご自分がこの世に生まれてきたのは「幸せになるため!」ということを思い出し、好きな事ややりたいことを満喫しましょう。家族や友人とワクワクする時間を過ごし毎日をエンジョイしてくださいね。

何か問題や困難な事が出てきてもそれを遊び心で乗り越える知恵と軽やかさが何よりも大切です。

知性を感じられるもの、芸術的な要素のある物に触れ、喜び楽しみなどを意識して日々を過ごしてまいりましょう。また、神社仏閣やお墓参りをして日々の感謝をお伝えするのも運気アップのコツですよ。

おすすめのヨガポーズは「半分の猿神のポーズ」

この13日間におススメのヨガのポーズは半分の猿神のポーズです。

半分の猿神のポーズ
半分の猿神のポーズ

このポーズはハムストリングスを柔軟にすることや強化に役立ちます。脚のむくみや冷えの軽減。下半身のストレッチに効果的。また、猫背の改善や肩こり解消。腹筋背筋の強化。特にお腹のインナーマッスルを鍛えるのに効果的です。

余裕がある方は、上級編の猿神のポーズにトライ!さらに下半身の強化と股関節の柔軟性を高める効果が期待できます。

この「青い猿の13日間」も人生もヨガも、楽しんでいきましょう!

湯浅香子

マヤ暦アドバイザー。マヤの叡知から、ハッピーに過ごすためのヒントを伝えている。今日の過ごし方、日々を楽しく生きるコツを、世界を旅するHAPPYマヤ暦マスターKOKOのブログにて紹介。

元記事で読む