1. トップ
  2. 高杉真宙、最凶ヒールの藤井流星に「正直、鈴井では勝てないと思いました(笑)」<賭ケグルイ>

高杉真宙、最凶ヒールの藤井流星に「正直、鈴井では勝てないと思いました(笑)」<賭ケグルイ>

  • 2021.4.24
  • 302 views
映画&ドラマの「賭ケグルイ」で鈴井涼太を演じている高杉真宙 撮影=大石隼土/取材・文=玉置晴子/スタイリスト=荒木大輔/ヘア&メーク=堤紗也香/衣装 協力=STUDIO FABWORK/プロップスタイリスト=石井くみ子/撮影協力=PROPS NOW
映画&ドラマの「賭ケグルイ」で鈴井涼太を演じている高杉真宙 撮影=大石隼土/取材・文=玉置晴子/スタイリスト=荒木大輔/ヘア&メーク=堤紗也香/衣装 協力=STUDIO FABWORK/プロップスタイリスト=石井くみ子/撮影協力=PROPS NOW

【写真を見る】クローバーの小道具を渡すと、自由にポーズを取り始めた高杉

勝負に勝つか負けるかの極限のリスクバトルと、キャスト陣の弾けた演技が人気の実写「賭ケグルイ」シリーズ。史上最狂の敵とのバトルが繰り広げられる『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』が4月29日(木)に公開される。

ギャンブルの強さだけで学内のヒエラルキーが決まるため、日夜学生同士のゲームバトルが繰り広げられている私立百花王学園。そこへ、「共感覚」による圧倒的なパワーを持つ視鬼神真玄(藤井流星)が現われ、ギャンブル狂いの蛇喰夢子(浜辺美波)らと生死を賭けたバトルに挑む。

今回は、夢子の頼りない親友・鈴井涼太を演じている高杉真宙に直撃インタビュー。2年ぶりに鈴井を演じた感想やお気に入りのシーン、そして初参加の藤井流星の印象などを語ってもらった。

■少し進化した鈴井くんを見せたい

――2年ぶりの新作ですが、制作が決まったときはいかがでした?

「賭ケグルイ」のキャラクターはみんな今後を見たいと思わせてくれる子たちばかりなので、「もう一度鈴井くんに会える」とうれしかったです。

ただ僕は、初めての現場より2回目の現場の方が緊張するんですよ。それは今までやってきたことは当たり前で、それよりも上のものを見せなければという思いもあって。信頼を裏切りたくないというのもあります。今回も、変わらないけれど少し進化した鈴井くんを見せたいと思い現場に臨みました。

――すぐに鈴井になれましたか?

結構かかりましたね。キャラクターにはリズムがあるのですが、それを思い出すのに時間がかかって…。

特に鈴井くんは自分にリズムがあるというより、みんなのリズムに乗っていくキャラクターなんですよ。なので、そこをはかりつつ、みんなの邪魔になっていないか気をつけて演じました。

【写真を見る】クローバーの小道具を渡すと、自由にポーズを取り始めた高杉 撮影=大石隼土/取材・文=玉置晴子/スタイリスト=荒木大輔/ヘア&メーク=堤紗也香/衣装 協力=STUDIO FABWORK/プロップスタイリスト=石井くみ子/撮影協力=PROPS NOW
【写真を見る】クローバーの小道具を渡すと、自由にポーズを取り始めた高杉 撮影=大石隼土/取材・文=玉置晴子/スタイリスト=荒木大輔/ヘア&メーク=堤紗也香/衣装 協力=STUDIO FABWORK/プロップスタイリスト=石井くみ子/撮影協力=PROPS NOW

■スリリングなシーンを作れたと思います

――今回は、夢子×視鬼神×生徒会長の綺羅莉(池田エライザ)の三つ巴の中に入ったりとギャンブルシーンにも大きく絡んでいますね。

そうなんですよ。あのシーン、鈴井くんはこの場にいちゃダメだ!と思いました。

すごく大事な場なんですが、僕がいることによってそれが崩れちゃうんじゃないかなって。一番うるさいですし。

でも、監督に「大丈夫」と言われて安心しました。ギャンブルシーンはいつも緊張感があるんですが、皆さんがいい感じでスリリングなシーンを作れたと思います。

――藤井さんとは初共演でしたがいかがでしたか?

藤井さんが参加されると聞いたとき、ジャニーズWESTの(小瀧)望くんと一緒に映画(『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』[2018年])に出ていたので、話せるネタがひとつある!と楽しみになりました。男性が少なく肩身が狭いので(笑)。

実際にいろいろお話しができて楽しかったです。そして藤井さんは世界観をしっかりと作り込んで来られていてすごかったです。生徒会長交代式でダンスを踊るシーンがあるんですが、すごく似合っていて。全ての動作に色気があり、完全に魅了されました。正直、鈴井では勝てないと思いました(笑)。

――鈴井は彼ならではの魅力があると思いますが…。

彼はいつも人や自分のためにバタバタしているんですが、そこがすごく愛らしいです。人であることを実感するというか。素直ですし。

そして今回の映画では、これまであまり見せなかった男気のあるところも披露していて。より鈴井くんのことを好きになりました。愛着がめちゃくちゃあるんですよ。これだけは誰にも負けない自信がありますね。

――そんな鈴井の新たな姿として、早乙女芽亜里演じる森川葵さんと共に歌も披露していますね。

今回、一番緊張したシーンです。曲が送られてきたとき、これ歌うの?って笑っちゃいました。でも改めて「賭ケグルイ」は色んなことに挑戦させてもらえる現場だと思いました。何でもありで全く予測ができない。以前から「仲がいいからこそ負けない」という気持ちでそれぞれの方向にみんなが全力を出しているのですが、それは今回も変わらなかったです。そして思いっきり楽しみました。

映画&ドラマの「賭ケグルイ」で鈴井涼太を演じている高杉真宙 撮影=大石隼土/取材・文=玉置晴子/スタイリスト=荒木大輔/ヘア&メーク=堤紗也香/衣装 協力=STUDIO FABWORK/プロップスタイリスト=石井くみ子/撮影協力=PROPS NOW
映画&ドラマの「賭ケグルイ」で鈴井涼太を演じている高杉真宙 撮影=大石隼土/取材・文=玉置晴子/スタイリスト=荒木大輔/ヘア&メーク=堤紗也香/衣装 協力=STUDIO FABWORK/プロップスタイリスト=石井くみ子/撮影協力=PROPS NOW

■最近いいなと思ってるキャラ

――好きなキャラはいますか?

みんな好きなんですよね~。でも最近、特にいいなと思い始めているのが新渡戸九くん(小野寺晃良)。ギャンブルもせずに、常に学園の出来事を傍観して記事に書くことに熱中しているんですが、彼の反応が気になるんですよね。おじさんっぽいところもまたよくて。彼の目線でこの物語を見てもすごく面白いと思います。あとやっぱり木渡潤くん(矢本悠馬)も好き。矢本さんのことも好きですが、彼自身、謎が多過ぎです。

――女性キャラも個性的ですが、もしこの中で推しを選ぶとしたら誰ですか?

できることなら関わりたくないキャラクターばかりですが…。強いて言うなら夢子さん…と言いたいところですが、早乙女さんの男気ある感じもすごく好きなんですよ。太っ腹というか。でもあの人もお金にがめついんで緊張する部分もあります。あと、書記の五十嵐さん(中村ゆりか)の凛とした姿もかっこいいと思います。まぁそのほかの方たちがあまりにも濃いのでなんとも言いづらいですが。ちなみに、夢子さんはギャップが素敵。日常生活を送っている姿からは、賭け狂っている姿なんて想像つかないですから。今回の映画版だとよりお茶目な部分が現われていて、いつもと違う姿を楽しめると思います。

――鈴井はギャンブルが弱いですが、高杉さんはギャンブルは強い方ですか?

どうなんだろう。運はいい方だと思うんですよね。僕の人生、いいことも悪いこともあまり起きていないんですよ。でも堅実な生き方をしたいのでこれでいい。まぁ賭け事は全くしませんが、唯一大きな勝負をしたといえるのが、この仕事をしようと思ったとき。大きな分岐点でしたが、それも順調なので。運はいいと思います。

――ますますパワーアップしていきそうな「賭ケグルイ」。今後も気になります。

監督が言っていましたが、10年続けられたらと僕も思います。ただ、いつまで高校生をするんだろうという不安もありますね。僕、最後の高校生役のときに『これが見納めです』と言いたいとずっと思っているんですが、まだ言えなさそうで。そのうち、鈴井くんにヒゲが生えたりするかも(笑)。

でも意外とこの作品だと問題ないので、そんな姿もいつかお見せしたいです!

元記事で読む
の記事をもっとみる