1. トップ
  2. 藤井流星、未来の“名MC”誕生を宣言「ビックリするぐらいの名司会をしますよ」

藤井流星、未来の“名MC”誕生を宣言「ビックリするぐらいの名司会をしますよ」

  • 2021.4.23
  • 288 views

「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」の完成披露イベントが、4月22日に東京・有楽町朝日ホールで行われ、浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵、英勉監督が登壇した。

【写真を見る】風船銃の引き金を引き、割ってしまった瞬間の藤井流星

2019年5月に公開された「映画 賭ケグルイ」に続く劇場版第2弾となる同作は、生徒代表指名選挙を終え、つかの間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰(じゃばみ)夢子を中心とした熾烈(しれつ)なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリー。

主人公・夢子役の浜辺、鈴井涼太役の高杉、早乙女芽亜里役の森川、生徒会長・桃喰(ももばみ)綺羅莉役の池田は続投。シリーズ史上、最も狂気に満ちたキャラ・視鬼神(しきがみ)真玄を藤井が演じる。

主演の浜辺は「メンバーはみんな面白いし、変わった人も多いので、どれだけ変わったことをしても怒られないし、楽しんで楽しみ抜こうという気持ちで、去年の一番の楽しみが『賭ケグルイ』でした。毎日楽しくて、みんなとさらに仲良くなれました。そういう意味でも映画がパワーアップしてるかなって思います」と撮影時を振り返り、自信作に仕上がったと話した。

高杉は「毎回それぞれでチャレンジがあるんですけど、今回は僕と森川さんとチャレンジしたことがあります。『賭ケグルイ』らしからぬことというか」と新しいチャレンジがあったことを伝えるが、「ありましたっけ? 私はちょっと記憶が抜けちゃってるんですけど」と森川がトボけると、「ずるいですよ、森川さん! お客さんと一緒にもう一回見て、思い出してください!」と返した。そういうやりとりからもキャスト同士の仲の良さがうかがえる。

「賭ケグルイ」シリーズ初参戦の藤井。「緊張しましたよ、めちゃくちゃ。ドラマもシーズン1、シーズン2、前作の映画も見せてもらってて。それで、夢子も会長もいて、一人で『賭ケグルイ』ツアーをさせてもらってる感じでした。現場も名スポットというか、学園に入ってすぐの階段とか、会長の席とか、全部の場所で写メを取りました(笑)」と“ロケ地巡り”をしたことを明かした。

それを聞いた池田は「そう言えば、新しく入ったキャストの方は会長の席で全員写メを撮ってました(笑)」と、フォトスポット化していたとコメント。

藤井は高杉とすぐに仲良くなったらしく、「僕、ご飯行きました。『賭ケグルイ』って始まって4年ぐらいたつのに、他の共演者と誰一人、一緒に飯に行ってないらしいんですよ。なので、僕と飯に行ったから、現場が大事件が起こったぐらいの騒ぎになってました。その時、浜辺美波ちゃんに言われたひと言めが『楽しかったですか?』でした」と話すと、浜辺は「えぇ?そんなこと言った?やだぁ(笑)。社交辞令的な感じで行って、会食みたいな感じで、気を使い合ってたんじゃないかなって思って、『盛り上がったのかな?』って(笑)」と慌てて釈明した。

撮影について池田は「(以前は)会長の席だけ別撮りっていうこともあったので、まずはみんなの賭けを近くで見られるのがうれしかったです(笑)。今まで会長ってそんなに歩いてるシーンがなかったので、『え? 会長、歩くの?』って思ったりしました」と笑顔を見せた。

配信中のドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」と同時進行で映画の撮影に臨んだ森川は、浜辺に「一人だけ進んでるスピードが最初から速かったです。ブーブーふかしてて、『すごい煙が出てるよ!』って感じでした」と言われ、「そんなつもりはなかったんですけど、最初からエンジンをふかし過ぎてたみたいで(笑)、『ノリに乗ってるなぁ』って、自分でもちょっと引いちゃいました(笑)」と、最初から飛ばし過ぎたことを反省。

「賭ケグルイ2択クイズ ロシアンルーレット」を実施

後半は映画の内容にちなんで、「賭ケグルイ2択クイズ ロシアンルーレット」を実施。出題された問題に答え、間違えた人は風船銃の引き金を引き、割れた人が罰ゲームとして次回の舞台あいさつの司会を担当することに。

結果は、藤井が風船銃を割ってしまい、次回イベントの司会が決定した。藤井は「ビックリするぐらいの名司会をしますよ。ごめんなさい。すごいスムーズに行くから、面白くない舞台あいさつになると思います。グダグダになると思ってるでしょう?その期待をキレイに裏切ってやりますから。10年後にMCやってたら『始まりはここやった』って言ってやります」と司会への意気込みを伝えた。

最後は浜辺が「最初にドラマを撮っている時は、まさか映画になって、その映画が第2弾になるとは思ってもなかったので、『賭ケグルイ』という作品に出合えて、スタッフさん、キャストさんにも恵まれて、今日ここに立てていることがすごく不思議な気持ちです。

大好きな作品だからこそ、夢のようです。宝物のような、抱き締めてワシャワシャしたくなるような思い入れの深い作品なので、ぜひ皆さんものめり込むような感じで楽しんでいただけたらうれしいです」とメッセージを伝え、イベントを締めくくった。

「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」は4月29日(木)より東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

◆取材・文・撮影=田中隆信

元記事で読む