1. トップ
  2. 清原和博「野球界に貢献したい」 熱い思いに出川哲朗「どん底から這い上がろうとする男の覚悟」

清原和博「野球界に貢献したい」 熱い思いに出川哲朗「どん底から這い上がろうとする男の覚悟」

  • 2021.4.23
  • 625 views

4月25日(日)放送のバラエティー番組「出川&飯尾のどん底さん家にお邪魔します。」(昼4:00-5:15、テレビ東京系)に、清原和博、東村アキコ、お笑い芸人・アイアム野田(鬼ヶ島)、焼肉店を経営する一般の方が登場する。

【写真を見る】東村アキコ、美麗な着物姿で登場

数々のどん底を経験し、荒波を乗り越えてきた“大苦労人”の出川哲朗とずん・飯尾和樹。同番組はそんな2人が人知れずさまざまな悩みを抱え、気持ちがどん底な“どん底さん”のもとを訪れて、難しい悩みに2人の経験値を合わせて“ざっくりとした正解”を出し、悩める人たちをどん底から這い上がらせるバラエティー。

今回の放送では、球界のレジェンド・清原和博、「海月姫」や「東京タラレバ娘」(共に講談社)などで知られる漫画家・東村アキコ、お笑い芸人・アイアム野田(鬼ヶ島)、焼肉店を経営する一般の方のもとを訪れる。

1.野球界に貢献したい 清原和博

「54歳でどうやって人生を立て直していけば良いか、自問自答している」。日本全国に衝撃を与えたあの事件から早5年。2020年に執行猶予が終了し、徐々に社会復帰を目指している清原和博が、“どん底さんを救う”という番組コンセプトに「ピッタリじゃないですか」と、番組からのオファーを快諾。

逮捕後の生活の変化から、自身が抱えるうつ病と薬物依存との戦い、学生野球の指導資格取得後に直面した苦悩まで、自身の“どん底”を赤裸々に打ち明ける。さらには、「人生でもう一回、ホームランを打ちたい。野球界に貢献したい」と、酒を断ち、減量と野球の練習に励む近況と、野球への熱い思いも語る。

2.劇場オープンしてすぐにコロナ 東村アキコ

数々の代表作を持ち、日本を代表する超人気漫画家なのに“どん底さん”だという東村アキコ。その原因は、自身が経営する劇場にあるという。東村が歌舞伎町に開場した「歌舞伎町 Sparkle」は、オープン当初は連日お笑いライブが行われ大盛況だったのだが、その1カ月後にコロナ禍に突入してしまい、1年以上経った今もスケジュールは真っ白。歌舞伎町という立地で家賃も高く、「お笑いの世界にお金が吸い取られている」と、悩みを打ち明ける。しかし、東村の頭を悩ませる最大の原因は他にあるという。

3.コロナで客ゼロ、借金9000万円 焼肉店店主

コロナ禍で客足が遠のいてしまい、経営がかなり苦しいという焼肉店を訪問。焼肉店以外の事業の失敗も重なり、借金は約9000万円にものぼるという。その苦しい現状を聞かされた出川も、思わず「別の番組に行ってもらった方が良いかも…」とこぼしてしまうほどのどん底っぷりだが、詳しく話を聞くと、かなりこだわりが強い店主であることが判明。

4.出川&飯尾がどうしても会いたい芸人 アイアム野田

2013年のキングオブコントで準優勝、当時は数々のネタ番組に出演し、売れっ子街道に乗るかと思いきや、43歳になった今も六本木のバーでアルバイトをしている“どん底さん”のアイアム野田。

出川と飯尾がどうしても会いたいということで急遽(きゅうきょ)家庭訪問。野田に話を聞くと、「月の給料が5万円以下」、「この先どうしたらいいのか…っていうくらいのどん底」と悩みが噴出。出川と飯尾も本業の後輩とあってかなりの本気モードで、一流芸人の心得と、這い上がるための格言を贈る。

出川哲朗・飯尾和樹コメント

――収録を終えての感想をお聞かせください。

出川:楽しかったし、飯尾くんと番組が出来たのもうれしかったです。

飯尾:心底のどん底さんから、ぜいたくなどん底さん、色々などん底さんに出会いました。自分の20代後半の“どん底”なんて甘ちゃんだなぁ~と思った春でした。

――清原さんが“どん底さん”で出演されましたが?

出川:本当にびっくりした! プロ野球が大好きなのでうれしかったし、出演してくれた事に感謝です。

飯尾:頸動脈(けいどうみゃく)ドックン! ビックリしましたよ! 出川さんも自分も野球小僧でしたから、ど真ん中のスーパースターが“どん底さん”というテーマでよく出ていただいたなぁと。

オファーしたスタッフの頭のおかしさに感謝です(笑)。清原さんは人間味がある面白い方で、不思議と、「清原さんがやらかした事に対して正面向いて頑張っているんだから俺もっ!」と思わせてくれる方でした。自分ごときが生意気ですが、ご本人の目指す夢をぜひとも叶えていただきたいと思いました。

――他の“どん底さん”で印象深いお話は?

出川:東村アキコさんが面白かった。半年後、さんま御殿で共演しそうだなと(笑)。

飯尾:アイアム野田は、野田本人が“どん底さん”になった理由に心当たりがありましたね。東村先生は、(何かを)好き過ぎて優し過ぎても“どん底製造機”になるんだなぁと思い笑ってしまいました。

焼肉店のご主人は、さすが異国の地で店をオープンさせただけあって、根性があり力強いんですが、明るい家族の気持ちとの化学反応に感動しながらも笑ってしまいました。清原さんは…良かったらとにかく見て下さい!

――番組の見所をお願いします!

出川:やっぱり清原さん。どん底から這い上がろうとする男の覚悟を見てほしい。

飯尾:どん底さん具合も十人十色、抜け出す方法も十人十色。思わず笑ったり、天を仰いだり、生命力が強い人達が勢ぞろいしていますので、良かったらこれからの人生のヒントにして下さい。

元記事で読む