1. トップ
  2. 宇摩に残る祈りの形を垣間見る、愛媛県四国中央市で「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」開催

宇摩に残る祈りの形を垣間見る、愛媛県四国中央市で「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」開催

  • 2021.4.22
  • 633 views

愛媛県四国中央市の歴史考古博物館ー高原ミュージアムーの特別展示室で企画展「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」が5月16日(日)まで開催中。

【写真】四国の中央に位置する宇摩に残る「祈りの形」に触れられる展示内容

歴史考古博物館ー高原ミュージアムーで「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」開催 写真は主催者提供
歴史考古博物館ー高原ミュージアムーで「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」開催 写真は主催者提供

日本では、古代の呪術的な表現にはじまり、神や仏への帰依、時にあらゆる信仰や思想を取り入れながら、形の枠にとらわれない多種多様な「祈りの形」を生み出してきた。

企画展「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」では、中四国で唯一確認されている円空仏「観音菩薩像」や、愛媛県内では唯一の木喰仏「木造子安観世音菩薩像」をはじめ、四国中央市の指定文化財を中心に「宇摩」に残されたさまざまな「祈りの形」の史料を紹介。展示物からは造形的な面白さに加えて、資料の背景にある庶民信仰の形や宇摩の地域性などが見えてくる内容となっている。

【写真】四国の中央に位置する宇摩に残る「祈りの形」に触れられる展示内容 写真は主催者提供
【写真】四国の中央に位置する宇摩に残る「祈りの形」に触れられる展示内容 写真は主催者提供

時代を超えてつながる庶民信仰の形を垣間見られる企画展「宇摩の祈り ~あんなかたち・こんなカタチ~」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底

【施設・会場内の対策】

窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来館者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む