1. トップ
  2. ファッション
  3. 【シオタ、ピカデリーなど】インディゴの次に選ぶべきはホワイトデニム一択!白デニム4選

【シオタ、ピカデリーなど】インディゴの次に選ぶべきはホワイトデニム一択!白デニム4選

  • 2021.4.22
  • 756 views

スッキリホワイトを選んでみる

定番・インディゴの次に押さえるべきは、断然ホワイトデニムでしょう。合わせるアイテムを選ばないうえ、どんな装いもクリーンな印象に。その懐の深さは、次なる定番として期待大です。

CIOTAシオタのホワイトデニム
白ならどんな日もすっきりまとまる
RNA-Nのシャツ1万4300円(タカヤ商事RNA事業部) ヘインズのスリーブレスTシャツ(2枚セット)2970円(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) クラークス オリジナルズのワラビー2万5300円(クラークス ジャパン) ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストアのトート2万4200円(グーニーPR) ルーカス ジャックロンドンのネックレス1万4960円(シップス 池袋パルコ店) エム エフ サドラリーのベルト1万1000円(グラストンベリーショールーム) ラッキーソックスのソックス1980円(ラッキーソックス)

最高級の超長綿、スビンコットンを使った贅沢なホワイトデニム。13.5オンスと厚手でも、滑らかでしなやかなはき心地はスビンコットンならでは。1970年代のヴィンテージをオマージュした、普遍的なストレートシルエットも幅広い着こなしに使いやすい。2万6400円(シオタ)

SHIPS ANYシップス エニィのルーズフィットデニム
ゆったりシルエットでこなれ感を演出
9900円(シップス エニィ 渋谷店)

ももから裾にかけてストレートのワイドシルエットながら、ハイウエストで脚長効果も期待できる一本。カジュアルなスタイリングに取り入れやすいオフホワイトは、どんなアイテムとも好相性。

PICCADILLYピカデリーのホワイトデニム
すっきりめのフレンチルック
1万5400円(グーニー PR)

スマートなホワイトデニムはフレンチブランドも狙い目。深い股上からテーパードするピカデリーの定番シルエットは、今の気分にもバッチリ。ほんのり生成りがかった、エクリュの品のよさも魅力的。

RNA-Nアールエヌエーエヌのベーシックワイドストレート
コットン本来のホワイトを楽しむ
1万4300円(タカヤ商事RNA事業部)

ナチュラルな風合いを生かした、ネップ混のホワイトデニム。真っ白ではない味のある表情を楽しむことができる。やや丸みのあるワイドストレートで、リラックスしてはけるのもうれしい。

アイビーリーガーも愛した色

アイビーリーグでは1970年までブルーデニムはご法度でした。そこで発売されたリーのウエスターナーが「デニム見えしないデニム」としてアイビーリーガーたちの間で大ヒット。以来、ホワイトデニムが定番化したのです。

[LaLa Begin 2021年 4-5月号の記事を再構成]写真/柏田テツヲ 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 丸山亜紀 桐田政隆 妹尾龍都 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/上川タカエ(mod’s hair) モデル/瀬戸かほ イラスト/Yunosuke moeko.y ※掲載内容は発行時点の情報です。

元記事で読む