1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「どうでもいいから話せる!」男性が恋愛対象外の女性と話す時の特徴4つ

「どうでもいいから話せる!」男性が恋愛対象外の女性と話す時の特徴4つ

  • 2021.4.22
  • 1476 views

男性はお気に入りの恋愛対象の女性と、どうでもいい恋愛対象外の女性との態度にはっきりとした違いがあります。

実は男性の話し方や話す内容でも対象外だということは分かります。

ここでは、男性が「どうでもいい女性」にする会話の内容や話し方を紹介します。

1. 個人的なことを聞いてこない

例えば休憩室などで二人になって、なんとなく会話をしたときに、サッカーの試合結果や仕事の話はしても、例えばどこのチームが好きかとか、試合を見にいくことはあるのかなど、個人的なことを質問してこなければ恋愛対象外の可能性が高いです。

男性は恋愛対象の女性であれば、その女性自身のことを知りたいと思うので、個人的な質問をしてくるはずです。

2. 個人的なことを聞いてもあまり答えない

二人で会話をする状況になったときに、女性から彼の個人的なことを聞いても一言程度であったり、聞くなオーラを出す男性もいます。

恋愛対象女性とは楽しそうにいろいろ話す男性でも、対象外の女性とは笑顔も少なく、社交辞令感をわかりやすく醸し出す男性も多くいます。

3. 目を見て話さない

恋愛対象かそうでないかで、態度をコロッと変えてしまう男性もたくさんいます。

男性は特に興味のない女性と話すときは目を合わせずに話します。

それは恥ずかしさで目を合わせないのではなく、気がないオーラ、あるいは誤解するなよオーラを放っています。

目を合わせないのはその女性に興味がないことを無言で伝えています。

逆に気になる女性や恋愛対象の女性と話すときは、ちゃんと目を見て話し、大好きオーラが全開だったり、あるいは照れているような雰囲気で話すことがほとんどです。

4. 笑顔が少ない

恋愛対象外の女性と話すときは、笑顔が極端に少なくなります。

もちろん男性の性格にもよりますが、好きな女性の前では緊張していても微笑みや笑顔を見せます。

しかし興味のない女性との会話では笑顔はほとんどなく、笑うとしても笑い合うというより違う方向を見たり視点を外して笑う程度です。

ご紹介したように、男性はとても気持ちに忠実で、ある意味とても正直なのかも知れませんね。

このようなことを知っておくと、あなたが相手の男性からどのように思われているかわかるはずです。

気になる男性と話すチャンスがあったら、是非チェックしてみましょう。

元記事で読む