1. トップ
  2. ヘア
  3. スタイリング剤の使い分け|濡れたような質感を作るのに最適!オイルで簡単ヘアセット

スタイリング剤の使い分け|濡れたような質感を作るのに最適!オイルで簡単ヘアセット

  • 2021.4.22
  • 1905 views

スタイリング剤の種類は様々で、特徴もそれぞれありますが、きちんと使い分けできてますか?特徴を押えて、髪質やなりたい質感・ヘアスタイルに合わせればいつもと同じセットのつもりがワンランクアップ♪今回はオイル!早速チェックしてみましょう。

オイルの使い方ひとつでしゃれ感がアップ

スタイリング用にはこっくり濃厚なタイプを!

セット力はないものの、濡れたような質感を作るのに最適。髪が細く少なめの人は避けるか、ごく少量を使って。

美的クラブ 上村瑞保さん

使い方

\10円玉大を指の間にも広げる/

(1)ゆる巻きにこなれた束感を出したいときに。下から手を入れ、毛先を持ち上げてつける。

(2)指でところどころ毛束をつまみ、束感を強調。日中に乾いてきたら、少しずつつけ足して。

おすすめオイル

EXITプロデュース。高保湿の天然オイルが上品な濡れ髪を演出。甘めの香り。
I-ne ハウジー デザイニングヘアオイル 60ml ¥1,485

毛先にしっとりとしたツヤを与える。リッチな重さで、束感出しにも。
ジョエルロティ track オイル ナンバースリー 90ml ¥3,520

『美的』2021年5月号掲載
撮影/岩谷優一(Vale./人物) 黒石あみ(取材分) ヘア&メイク/相馬久美子 スタイリスト/峰岸彩織 構成/斉藤裕子

元記事で読む