1. トップ
  2. 『君と世界が終わる日に』本郷奏多のメイキング映像公開 「すごくエネルギーを使った」

『君と世界が終わる日に』本郷奏多のメイキング映像公開 「すごくエネルギーを使った」

  • 2021.4.22
  • 640 views
『君と世界が終わる日に』(c) NTV/HJホールディングス

Huluにて独占配信中の竹内涼真主演ドラマ『君と世界が終わる日に』Season2に出演中の本郷奏多をフィーチャーしたメイキング映像と場面写真が公開された。

日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとなる本作は、地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品。Season1で、生ける屍=ゴーレムに占拠された終末世界を生き抜き、無事に再会を果たした響(竹内涼真)と来美(中条あやみ)は再び猿ノ島で一緒に暮らし始めるが、平穏な日々は長くは続かなかった。Season2では、新たなコミュニティとして、“シェルター「希望の家」”が登場する。栄えた文明を持つ彼らは一体何者なのか。さらには、人為的に付けられたと思われる“X印”の付いたゴーレムが出現し、来美に感染の疑いが。“終末世界”を生き延びる人々に、新たな脅威が訪れる。

本郷は本作で、新たな舞台となるシェルター「希望の家」のリーダー的存在の秋吉蓮を演じている。メイキング映像では、撮影中の本郷の姿が捉えられている。

本郷は、秋吉のキャラクターを演じるにあたり、「ある種世間知らずなところも多いし、外はゴーレムが溢れかえっている中、安全な中でずっと生活していたというキャラクターだったので、サバイバルを潜り抜けてきた響達とは本当に対局にいるような存在だと思うんです。それがあることで温度差がでて、物語が動いていくと思うので、敢えてSeason1の世界観にはいなかったような空気感の人物を演じられたらいいなと思って演じました」と語る。

また、Season2の最終話となる第6話のシーンについて、「秋吉と響、二人で今まで溜まっていたものをぶつけ合うというか、そこの二人での熱量の入ったお芝居のやり取りは、すごくエネルギーを使ったので、印象に残っています」と見どころを明かした。 (リアルサウンド編集部)

元記事で読む