1. トップ
  2. スキンケア
  3. 最高のバスタイムの作り方。一日の疲れをほぐすおすすめのリラックス方法12選

最高のバスタイムの作り方。一日の疲れをほぐすおすすめのリラックス方法12選

  • 2021.4.22
  • 1949 views

リラックスできるバスタイム方法をご紹介!

一日の終わりのバスタイムは、心も身体もリラックスできる至福の時。心と身体を癒やし、明日への活力を与えてくれる充実したバスタイムは、おうち時間に楽しめる手軽なリラックス方法と言えます。

今回は、最高のバスタイムを楽しむためのリラックス方法として、アロマやライト、美容からピックアップした12選を紹介します。

いつもシャワーだけでさっと済ませている方も、時間を見つけてゆったりとバスタイムを過ごしてみませんか。

リラックスできるバスタイム方法《アロマ》

リラックスできるバスタイム方法《アロマ》
出典:https://unsplash.com/(外部リンク)リラックスできるバスタイム方法《アロマ》

アロマテラピーは、植物の香り成分を抽出した精油を使って、心と身体の健康に働きかける自然療法と定義されています。効果効能よりも、いい匂いと感じる香りを選ぶのが、よりリラックスできるポイントです。

お花の甘い香り、柑橘系の爽やかな香り、森の草木の清々しい香りなど、好きな香りを選んでみましょう。バスタイムにアロマでリラックスできる方法を紹介します。

なお、精油を使う際、妊娠中や体調に不安のある方は医師にご相談ください。また、使用中に気分が悪くなった場合は、使用を控えてくださいね。

①「芳香浴」でリラックスバスタイム

芳香浴は、精油の香りを空間に漂わせる最もシンプルなアロマの楽しみ方です。

バスタイムのリラックス方法としておすすめの芳香浴は、マグカップや陶器の器に精油を1〜2滴落とし、熱めのお湯を注ぐだけというもの。

専用のディフューザーがなくても、癒やしのバスタイムを演出してくれますよ。好きな香りに癒やされながら38℃〜40℃位のお湯に、15分程度全身浴するのがおすすめ。

精油をキャンドルの火で温めるオイルウォーマーを使えば、さらにリラックス効果を高めてくれます。

②「アロマバス」でリラックスバスタイム

アロマバスは、入浴剤としてアロマを楽しむ方法です。血行を良くし、発汗作用を高める天然塩のバスソルトを手作りしてみませんか。

蜂蜜を使ったバスハニーもおすすめで、保湿や抗炎症作用が期待できます。天然塩or蜂蜜30gに、精油5滴を加えてよく混ぜるだけ。

お湯を張ったバスタブに入れ、よくお湯を混ぜてから入浴します。自然の恵みが与えてくれるリラックス効果を感じながら、バスタイムを楽しみましょう。

香りのリラックス効果と保湿効果も期待できる、市販のバスオイルもおすすめです。

③「バブルバス」でリラックスバスタイム

誰もが一度は夢見る憧れのバブルバス(泡風呂)。泡で満たされたバスタブから漂うアロマの香りがリラックス効果を生んで、ラグジュアリー感たっぷりのバスタイムを楽しめる方法です。

天然精油や保湿成分配合のバブルバス専用の入浴剤をおすすめします。

液体石鹸であるシャワージェルを選べば、バスタブに少し多めにジェルを入れ、ジェルに当たるよう強めにシャワーを出すだけでバブルバスに。

ボディウォッシュにも使える、バスタイムのお役立ちアイテムになってくれますよ。

④「部分浴」でリラックスバスタイム

部分浴は、全身浴できない時や、冷えが気になる時におすすめの方法です。手浴や足浴をして温めることで血行が良くなり、香りのリラックス効果も期待できますよ。

洗面器に少し熱めのお湯を入れ、1〜3滴の精油を落としてよくかき混ぜます。湯量は手浴なら手首まで、足浴なら足首まで浸かるくらいが目安です。

途中でお湯を足し、15分程度でポカポカとしてきますよ。バスソルトやバスハニーを作り置きしておくと便利です。

バスタイムをじっくり楽しめない時のリラックス方法として、ぜひお試しください。

リラックスできるバスタイム方法《ライト》

リラックスできるバスタイム方法《ライト》
出典:https://www.pexels.com/(外部リンク)リラックスできるバスタイム方法《ライト》

リラックスとは、心も身体も緊張せずに安らぐ状態のこと。医学的には、自律神経の副交感神経が優位な状態であると定義されます。

バスタイムにリラックス気分を満喫するなら、照明による空間づくりも重要なポイント。副交感神経を優位にする低照度でオレンジ系のライトや、キャンドルがおすすめです。

バスルーム専用のバスライトには、アロマも楽しめるタイプやリモコン式、プロジェクター機能を備えたタイプまで、様々な商品が販売されていますよ。

ゆったり過ごしたいバスタイムに、ライトでリラックスする方法を紹介します。

①「ライトのかたち」でリラックスバスタイム

リラックスを求めて空間を真っ暗にすると、人は心理的に不安になります。バスタイムをリラックス空間に変える方法として、お好きなかたちのライトを置いてみましょう。

オーソドックスな置くタイプ、ラグジュアリー感のある沈めて使うタイプ、揺らぎに癒やされる浮かべるタイプなど、バスライトのかたちは様々。

アヒルやクラゲ形のものは、見た目に和ませてくれますし、同時にアロマが楽しめるものもあります。バスライトはプチプラアイテムも販売されていますので、ぜひチェックしてください。

②「ライトのカラー」でリラックスバスタイム

バスライトには、カラーによるリラックス効果も期待したいですね。オレンジからは暖かみや穏やかさを、空や海のブルーや森のグリーンからは、落ち着きや清潔感を感じられます。

その時の心理状態によって、リラックスできるカラーは変わるかもしれません。あまり先入観を持たず、好みや直感で選ぶことをおすすめします。

カラーに迷ったら、10種類以上のカラーをリモコン操作で選べるタイプをチョイスしてはいかがでしょうか。その日の気分に合わせて、バスタイムを楽しんでくださいね。

③「プロジェクター」でリラックスバスタイム

星空や月は夜にふと空を見上げるだけで、私たちをリラックスさせてくれます。

バスライトにはプロジェクター機能を備えたタイプがあり、プラネタリウムさながらの星空や、海の中にいるようなリラックス気分を体験できますよ。

ヒーリングミュージックなどの音楽をBGMに選べば、さらにバスタイムを楽しめそうですね。

つい長風呂になってしまいそうですが、バスタイムは睡眠の1時間位前までに済ませるのが、心地良い睡眠につなげるポイントです。

④「キャンドル」でリラックスバスタイム

キャンドルの火が人の心を癒やすのは、そのゆらぎとオレンジのカラーによるものとされています。

浮かべて楽しむフローティングキャンドルや、香りも楽しめるアロマキャンドル、やっぱり火は心配という方におすすめのLEDキャンドルなど、チョイスに迷ってしまいそうなほど数多くのキャンドルが販売されていますよ。

LEDキャンドルは炎のゆらめきの再現度が高く、安心してリラックス効果を感じられるバスライトです。キャンドルのゆらぎを感じながら、ゆったりとバスタイムを過ごしましょう。

リラックスできるバスタイム方法《美容》

リラックスできるバスタイム方法《美容》
出典:https://www.pexels.com/(外部リンク)リラックスできるバスタイム方法《美容》

女性にとって美は永遠のテーマ。

理想の容姿に近づけようとする試みを美容の定義とするならば、バスタイムはリラックスしながら美に磨きをかけることのできるとっておきの時間と定義できるのではないでしょうか。

キレイな髪、美肌、引き締まったボディをつくるバスタイム美容は、日々のケアにひと手間加えるだけでその効果を期待できます。

入浴で血行が良くなり代謝がUPすると、冷えの解消や脂肪燃焼にもつながりますよ。バスタイム後の肌は乾燥しやすくなっていますので、必ず保湿してあげましょう。

①「セルフヘッドスパ」でリラックスバスタイム

ストレスは髪の健康にも影響するとされ、頭皮のコリは髪のトラブルにつながる恐れも。セルフヘッドスパは、シャンプーのついでに手軽にできる方法としておすすめです。

両手指で頭皮全体を優しくマッサージすることで、頭皮や髪に栄養が届きやすくなり、髪への美容効果が期待できます。

頭皮は顔の皮膚とつながっているため、フェイスラインにもアプローチしてくれますよ。ヘッドスパ専用マッサージ機もおすすめ。

リラックスしたいバスタイムのお役立ちアイテムとして活躍してくれます。

②「クレイパック」でリラックスバスタイム

バスタイムの美容方法としておすすめのフェイシャルケアはクレイパック。クレイはミネラルを含んだ粘土で、余分な皮脂や毛穴の汚れを吸着してくれます。

メイクのノリが気になる時や、毛穴の黒ずみケアに効果が期待できますよ。

洗顔後、目や口などのパーツを避けてクレイペーストを塗り、そのまま10分程度入浴したら優しく洗い流しましょう。

乾き過ぎると肌を刺激するため、蒸気がクレイの乾燥を防ぐバスタイムに行うのがおすすめです。洗い流した後は、化粧水などで肌を整えてください。

③「リンパマッサージ」でリラックスバスタイム

リンパの流れが滞ると、足のむくみや冷え、肌トラブルにもつながる恐れがあります。

足のむくみを感じたら、ゆったりと入浴して身体を温め、血行が良くなっているタイミングでリンパマッサージを行うのがおすすめです。

入浴中に行えば、水圧による作用も効果をサポートしてくれますよ。

ふくらはぎ・太もも・鼠径部(太ももの付け根)の順に、それぞれ下から上へ優しく流すイメージでマッサージし、最後は鼠径部へ流します。スラリとした足をキープできるように、日々のケアを心がけましょう。

④「呼吸法」でリラックスバスタイム

日々のストレスによって、呼吸の浅い人が増えているといいます。呼吸が浅いと自律神経の働きにも影響するうえ、肌トラブルや様々な不調を招く恐れも。

バスタイムをリラックスするための呼吸方法として、腹式呼吸を取り入れてみましょう。鼻からゆっくりと息を吸い込み、下腹部へ送り込むイメージです。

そして、下腹部をへこませながら息を吐きます。下腹部の動きを意識しながら行うのがポイント。インナーマッスルを刺激し、ダイエット効果も期待できます。

リラックスできるバスタイム方法《まとめ》

最高のバスタイムを楽しむためのリラックス方法として、手軽に楽しめる方法からお役立ちアイテムを使う方法まで、アロマやライト、美容からピックアップした12選を紹介しました。

最高のバスタイムとは、思い思いの方法でリラックスできる素敵な時間と定義できるのではないでしょうか。

素敵な時間を過ごしたら身体が冷えないうちにベッドに入り、十分な睡眠をとって明日からの活力につなげてくださいね。

元記事で読む