1. トップ
  2. お仕事
  3. 【分かったら自慢できる】「凡例」ってなんて読む?「ぼんれい」って言いがちだけど違うよ!

【分かったら自慢できる】「凡例」ってなんて読む?「ぼんれい」って言いがちだけど違うよ!

  • 2021.4.21
  • 25228 views

「雰囲気」の「ふんいき」「ふいんき」問題のように、漢字の読みをニアミスで覚えてしまうことがしばしばあります。

そこで今回紹介したいのは

「凡例」

です。

これ、正しくはなんて読むかわかりますか? 実は「ぼんれい」と読むのは間違いなのです。

「凡例」読み方のヒントは?

「凡例」は、本のはじめに掲載する、本の編集方針や利用方法についてまとめた箇条書のこと。

「凡」の字には「いろいろ」「ありふれた」「おしなべて」などの意味があります。

「平凡な人生」 「凡ならざるセンス」

などの「凡」は「ぼん」と読みますね。

だからこそ「ぼんれい」と読んでしまうのだと考えられます。

正しく読むためには「ぼん」以外の、もう一つの音読みを思い出してみてください!

「凡例」の読み方、正解は……

イメージ

「はんれい」です!

「凡」は音読みでは「ぼん」のほかに「はん」と読み、訓読みでは「およそ」「すべて」と読みますよ!

また「はんれい」はExcelのグラフ機能にもあります。 業務中にうっかり「ぼんれい」と読んでしまわないように、しっかり覚えておきましょう!

元記事で読む