1. トップ
  2. コンビニごはんで健康的な食事ができる!管理栄養士が教える最強の組み合わせ

コンビニごはんで健康的な食事ができる!管理栄養士が教える最強の組み合わせ

  • 2021.4.21
  • 3236 views

健康のために食生活を整えたいが、毎日自炊をするとなると難しい。とはいえランチだけでなく夕飯までコンビニで済ませてしまったとなると、なんとなく罪悪感にかられる。

2021年4月16日、『カラダにやさしいコンビニごはん100』(小学館)が発売された。本書では、コンビニのメニューを健康的に食べるための組み合わせを紹介する。

本書の出版は、著者で管理栄養士の平澤芳恵さんが、「通り一遍の生活指導は一方的な押しつけになっているのでは?」という反省から、外食店やコンビニの野菜が多いメニューを実際に食べ、リサーチしたうえでアドバイスするように方向を転換したことがきっかけだという。

平澤さんは、「どの商品を選べばよいかわからない」という声にこたえ、コンビニごはんを自分で食べて撮影し、リーフレットを制作。勤務している東京労災病院のホームページに月2回掲載することにした。

そして、2016年8月に誕生したのが、小冊子『深夜勤務者のための食生活ブック健康を目指すコンビニ食』(東京労災病院治療就労両立支援センター)だ。この小冊子が、「とても内容がわかりやすく、コンビニごはんのイメージが変わった」とTwitterで話題になり、本書の刊行に至った。

本書では、小冊子を発展させ、肥満・中性脂肪・悪玉コレステロール・血圧・血糖値・尿酸値など、22種類の健康不安に対応するコンビニごはんの選び方を紹介していく。

最大の特長は、栄養バランスを考えた、主食/主菜+副菜の最強の組み合わせを紹介していること。さらにメニューを最新のものにアップデートし、栄養成分表示を記載。著者によるメニューの評価や食べ方のアドバイスなど、解説も充実している。

自炊が難しい人でもこれなら始められそうだ。本書を片手にコンビニに行けば、商品の選び方が変わるに違いない。

元記事で読む