1. トップ
  2. メイク
  3. 整形級に垢抜ける♡これが正しい「今っぽ美眉」の描き方

整形級に垢抜ける♡これが正しい「今っぽ美眉」の描き方

  • 2021.4.21
  • 8446 views

どれだけアイメイクを美しく仕上げても、眉毛がイマイチだとトータルバランスが決まりません。眉毛の描き方次第で一気に垢抜けられる、正しい美眉の描き方をご紹介します。

①ペンシルやアイブローパウダーが乗りやすいベース作り

眉を描く時に良くありがちな、そもそもアイブローペンシルやパウダーがうまく乗らない…原因はベース作りにあります。

素肌っぽいベースを作る方は特に、眉を描く箇所の油分が多過ぎて濃く乗りすぎたり、逆に乾燥していると描いても色が出にくいことも。

また、ベース作りができていないと、アイブローアイテムの乗りが悪く、髪の毛で擦れただけで取れてしまうこともあります。

眉メイクをする時は肌の保湿をしっかり行った上で、化粧下地とファーデーションをのせておきます。

あまりファンデを塗らないという方は眉を描く箇所だけでも薄くベースメイクをしましょう。

②美しく見える眉毛のバランス

眉毛の形は目や鼻とのバランスの取り方で決まります。

まず眉頭の上のラインのスタートラインは小鼻の延長線上と交わる地点。眉頭の下のラインは目頭の延長線上と交わる地点。眉山の一番高いポイントは黒目と目尻の間に決めます。

眉尻の長さは、小鼻と目尻をつなげた延長線上までで留めます。

目安としてはこのような感じですが、最終的にはどのようなイメージに見せたいか?に合わせて調整していきます。

③眉毛の毛の隙間はアイブロウパウダーかペンシルで埋める

眉の毛の隙間がスカスカに空いていると、手抜きな印象に見えます。なので、ふんわり仕上げたい場合はアイブロウパウダー、繊細に仕上げたい場合はペンシルで毛を描くように埋めます。

ペンシルで描く場合は、毛の隙間を埋めるように描きましょう。

④眉尻の左右のバランスを合わせる

眉尻の角度の左右のバランスを見るために、最初は眉尻から描き始めます。

左右の眉尻を描いて角度を合わせてから、眉頭から繋げていくと失敗しにくいです。

⑤ペンシルで描く時は肌に対してなるべく寝かせて描く

ペンシルで眉を描く時は線がブレたり、濃くつきすぎたり、のっぺり見えやすいので、ペンシルをできるだけ寝かせて持って、力が入りすぎるのを防ぎます。

ペンシルを寝かせて持つことで、手首のスナップを効かせて描くことが出来るので、線がブレるのも防げます。

⑥眉毛メイクの仕上げはスクリューブラシでぼかす

眉メイクの最後は、スクリューブラシを使って毛流れを整えながら、濃く描き過ぎた箇所をぼかしてなじませます。

この一手間で仕上がりが格段に変わります。

いかがでしたか?眉毛は顔の中でとっても重要なパーツ。特にマスク生活の中では眉毛でトータルの印象が決まります。

自分の顔のパーツの配置に合わせてバランスをとって、眉メイクの質を上げてみましょう!

元記事で読む