1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【12星座】あなたの彼は当てはまる? 彼の星座別「強運ポイント」

【12星座】あなたの彼は当てはまる? 彼の星座別「強運ポイント」

  • 2021.4.21
  • 23793 views

運が良い人と付き合えば自分にも良いことがあるかもしれません。交際するなら、不安が付きまとう人ではなく、つねにハッピーな彼氏がいいですよね。さて、あなたの好きな人の運はどうなのでしょうか……?【彼の強運ポイント】を12星座別にチェックします!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座は味方がいなくても我が道を突き進むタイプ。バイタリティがあるだけでなく、運も強く太いでしょう。ピンチに見舞われると真っ向勝負で勝ちを狙い、リスキーな場面でこそ強運を発揮します。

そのぶん、おひつじ座彼氏の人生は波乱万丈になりやすいのですが、そんな生き方を本人が悲観することはありません。バラエティに富んだ生き方を心から楽しむでしょう。

アップダウンが多少あっても、彼女としてはドラマチックな彼を応援せずにはいられないはずです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座は強く太い運を選んで歩むタイプ。無謀な挑戦はしない慎重派で、仕事も恋愛も結婚も実現可能な現実しか見ません。

また、その堅実さこそ強運のもと。物事の見極めが危なげなく、一緒にいれば安心するでしょう。

おうし座は一攫千金や一時的なメリットには興味がなく、石橋をたたいて渡る感覚で安全な人生を求めます。そんな安定した生き方に共感する女性は多いはず。結婚相手としては最適なタイプです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座は軽やかに運を乗りこなすタイプ。「まずい」と思えばスルリとかわしてピンチを回避するでしょう。そんなフットワークの軽さが強運ポイントです。

たとえトラブルに巻き込まれたとしても、周囲からはすぐに救いの手が差し伸べられるはず。ふたご座の行動範囲は広く友人付き合いも幅広いので、困ったときは誰かが必ず助けてくれるのです。

周りから運を分けてもらえるところも、ふたご座の運の強さといえるでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の強運ポイントは、お互いに助け合うファミリーがいるところ。警戒心が強く深く関わる友人は厳選するため、家族同然の絆を結んだ仲間は、かに座にとって宝です。

友人づてにチャンスをつかんだり、ピンチを救ってもらえたりと仲間に支えられる場面が多いでしょう。

また、かに座は「攻」か「守」でいうと「守」のタイプ。不運の時期は籠城するごとく、耐えることで乗り切ろうとします。簡単にはくじけない辛抱強さも強運ポイントになるでしょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の強運ポイントは、勇気と行動力で人生を力強く突き進むところ。ほかの人にはあきらめるしかない状況も何とかして軌道修正できるでしょう。

やや力任せの傾向はありますが、しし座のパワフルさは最強運というべきもの。頼りがいのある彼氏になります。

また、しし座の男性には強い仕事運を持つ人が多く、キャリアや収入面が充実しやすいので結婚相手としても最高でしょう。恋人同士になるだけでなく、将来も見据えたお付き合いができそうです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の強運ポイントは、ズバリ頭の良さ。しかも情報通なので、不運の兆しにすぐ気づけますし、早めに対策を立てることでピンチを回避できます。ほかの人であれば取り乱すような場面でも冷静に行動できるでしょう。

また、向学心が旺盛なところも運を強めるポイントになります。知識をつけることで生まれ持った運を太く強化していけるのです。

おとめ座の彼氏には見習いたい点がたくさんあるでしょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座はすぐれた社交性と処世術が強運ポイント。ピンチに直面しても有力者に助けてもらったり、周囲から応援されたりして最悪の状況を回避するでしょう。崖っぷちでチャンスを引き寄せることも少なくありません。

しかも、てんびん座はどんな状況でも冷静に判断して公私混同しないタイプ。自分と他人の境界線がハッキリしているので、身近でゴタゴタが起きても巻き込まれにくいはずです。彼氏として一緒にいれば安心できるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座はマイノリティであることが強運ポイント。周りのほとんどが右を向いても自分は左と思ったら左を向く。そんなスタンスが不思議な運を紡ぐでしょう。

努力家で物事の真実を見抜くのが得意なさそり座は、棚ボタラッキーを引き寄せるのではなく、自力で運を強化できるタイプ。観察や分析で幸せのきっかけを探し当て、それを慎重に育て上げます。

また、失敗してもただでは起きないので不運を経て幸せをつかめるはず。さそり座彼氏の底力には一目を置くでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の旺盛な冒険心は強運を作り出すもとになります。安定を退屈に感じて挑戦を求めるため、彼のそばにいればエキサイティングな経験ができるでしょう。

いて座は無鉄砲に見えて、実は哲学的に真実を見極めるタイプ。場当たり的に冒険を楽しむのではなく、最終ゴールを客観的に見て結果を出すことができます。

危なっかしく見えても、実はそれほど大きな失敗もなくうまくやっている。そんな運の強さを持っているでしょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座は典型的な大器晩成タイプ。年齢を重ねるにつれ強運の扱い方が身についていきます。長く付き合うなら、「彼氏としてだけでなく、夫として一緒に人生を歩んでいきたい」と思うはずです。

しかも、やぎ座は幅広くモテることにはあまり興味がなく、たった一人の彼女を大切にしたいと考えます。素っ気ないように見えて面倒見が良く、彼女のことを親身に考えてくれるでしょう。恋人同士になれば頼りがいのある彼氏になるはずです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座は独自のマイルールで生きています。人生の流れそのものを自力で作りだすので、理想が高いほど運も強くなるでしょう。ほかの人なら投げ出しそうな場面でも、「負ける気がしない」と俺流をつらぬく。そんなオリジナリティが強運ポイントになります。

そのため、みずがめ座の男性と付き合うと彼の運気に影響される可能性が。平凡な毎日を送っていたのに、気づけば大きな夢を追いかけるようになっていた……と自分の人生も変わるかもしれません。みずがめ座はそのくらい強い運を持っています。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の強みは豊かな情緒と創造性。ガツガツしたムードはなく、恋愛でも仕事でも受け身になりやすいのですが、そんな柔軟さこそ強運ポイント。不運に見舞われても抗うことなく、あえてその波を受け入れ、いつの間にか乗りこなすようになっているでしょう。

また、うお座の彼は懐が深く、ちょっと天然な感覚も兼ね備えています。どう考えてもピンチでしかない状況を面白がり、不運からチャンスを作り出すこともあるはず。うお座にしかない不思議な感性によって、無から有を生み出す起死回生もあるかもしれません。

©PeopleImages/gettyimages

文・沙木貴咲

元記事で読む