1. トップ
  2. レシピ
  3. アスリートも愛飲!収穫時の栄養をそのまま摂取できる「カプセルサラダ」が野菜不足・フードロスを解決

アスリートも愛飲!収穫時の栄養をそのまま摂取できる「カプセルサラダ」が野菜不足・フードロスを解決

  • 2021.4.20
  • 333 views

あなたは摂れている?理想的な野菜の摂取量は1日350g

ビタミン・ミネラル・食物繊維…野菜には、人が生きていく上で必要な栄養素が含まれています。厚生労働省によると、日本人が1日に摂取すべき野菜量が350g以上なのに対し、平均的な摂取量は295gほど。特に若い世代の野菜不足が著しく、摂食障害や栄養失調にも繋がり、深刻な問題になっています。なぜ健康に良いとわかっているのに野菜不足に陥ってしまうのでしょうか。その理由は、手間・保存・品質の3つにあると言われています。

手間…購入・調理・後片付け・食べる手間など。
保存…保存期間を意識する必要がある。保存場所が必要。
品質…保存期間を過ぎると品質が下がる。

この3つの課題を解決してくれるのが、オモイフーズ社が開発した「カプセルサラダ」。なんと、6粒で1日に必要な野菜の栄養素を摂取することができるんです。

野菜不足を解決してくれるフードテック「カプセルサラダ」とは

カプセルの中身は、緑黄色野菜を乾燥させたパウダー。その特徴をまとめました。

やさいカプセル
「カプセルサラダ」/Omoi Foods
いつでもどこでもすぐに食べられるから、手間がかからない

忙しい朝にお弁当を作るのは至難の業。コンビニのサラダは緑黄色野菜が少なかったり、高カロリーのドレッシングがかかっていたり…毎食パッケージを捨ててゴミを増やしているのも気になりますよね。カプセルサラダはお水と一緒に飲むだけなので、食べる手間を減らしてくれます。カプセルからパウダーを取り出せば、野菜本来の香りや風味を感じられますよ。

軽くて常温保存なので、管理しやすい

野菜を購入したものの「腐らせないうちに早く食べないと…」と焦ってしまうことはありませんか? カプセルサラダは常温保存が可能です。ランチボックスに入れて持ち運んだり、冷蔵庫を陣取る必要もないので、ストレスなく野菜生活が送れますね。持ち運び用のパッケージも付いているので、気軽に持ち歩けます。

フィトケミカルを豊富に含み、人工成分無添加だから高品質

「カプセル」と聞くと、サプリメントをイメージしてしまいませんか? 一般的なサプリメントが科学的に製造された人工栄養成分であるのに対し、サラダカプセルは人工成分を一切加えていない天然栄養成分です。その秘密は、独自技術「オールフィト濃縮乾燥法」により、栄養成分・フィトケミカルを壊さずに野菜を乾燥させている点にあります。具体的には、収穫時の栄養をそのまま保持して微小粒子化することによって、少量でも高濃度の栄養を含んだ野菜を食べることができるわけです。

※フィトケミカルとは…
緑黄色野菜に豊富に含まれる、ビタミンやミネラル以外の栄養成分のこと。様々な種類があり、一つの野菜にも何種類も含まれている。

フレーバーは3種類!気になるお味は?

サラダカプセルは体の専門家やアスリートにも評価されています。例えば、北京オリンピック・男子陸上4×100mリレー・銀メダリストの朝原宣治選手も愛飲しているそうです。またユーザーからは「二日酔いしなくなった・肌や体の調子が良くなった・便通が良くなった」という声が多く寄せられています。

それでは、3種類のフレーバーをチェックしてみましょう。

カプセルサラダ #1 ケール×人参葉(detox type)

外食の機会が多かったり、スイーツをよく食べる人におすすめ。

やさいカプセル
Omoi Foods カプセルサラダ #1 ケール×人参葉(detox type) 単品 90粒入:5,500円 180粒入:10,001円 ※定期購買の場合、初回割引あり
カプセルサラダ #2 赤紫蘇×生姜(anti ageing type)

睡眠不足や年齢が気になる方におすすめ。

やさいカプセル
Omoi Foods カプセルサラダ #2 赤紫蘇×生姜(anti ageing type) 単品 90粒入:7,169円 180粒入:13,036円 ※定期購買の場合、初回割引あり
カプセルサラダ #rainbow

ほうれん草・小松菜・ごぼう・紫人参・ビーツ・紅大根・赤ピーマンの7種類が詰まっているので、偏った食習慣の人におすすめ。

やさいカプセル
Omoi Foods カプセルサラダ #rainbow 単品 90粒入:5,031円 180粒入:9,148円 ※定期購買の場合、初回割引あり
筆者も実際に食べてみました!

パウダーを取り出すと、新鮮な野菜の香りがふわっと広がります。旬の時期に完熟まで育てた野菜を収穫直後に加工しているため、実に風味豊か。噛みごたえ以外は畑から採ってきた野菜をまるごと食べているようです。

カプセルは単体でもミックスして摂取してもOK。今回はカプセルサラダ #rainbowの紫人参・ビーツをチョイスしました。フルーティーな味わいのビーツと甘みのある紫人参は、ヨーグルトと相性抜群。食欲がない日の朝にぴったりです。もちろんカプセルのまま飲んでもいいので、野菜嫌いな人も取り入れやすいはず!

サラダカプセル
ヨーグルトに、ビーツ・紫人参のパウダーをトッピング

野菜を摂取し、フードロスも解決。後世に残る食文化へ

サラダカプセルは、野菜が持つ可能性を信じる2人の創業者が「もっと手軽に野菜を摂る方法がないか」という思いで農家の方々を巻き込み、5年の歳月を経て誕生しました。一人は柔道修復士・鍼灸師として患者とダイレクトに関わる宇土氏、もう一人は医学博士・管理栄養士として研究を重ねる岩崎氏です。

彼らは「(サラダカプセルは)廃棄野菜の減少に貢献できますし、個人の野菜摂取量の増加にも貢献できます。結果的に、健康寿命の延伸にもダイレクトに貢献したいと考えています。(宇土氏)」「食生活は国や地域、家族の文化だと思います。健康活動を実践しやすく、また食文化の良い部分を後世に残していくことにもフードテックというものが貢献できると考えています。(岩崎氏)」と語ります。

そう遠くない未来に地球全体が食糧難に陥ると言われ、最近は昆虫食も注目されています。できることなら、いつまでも美味しい野菜を食べたいですよね。サラダカプセルの普及は、一人一人の健康向上だけでなく未来への食文化の継承に繋がります。野菜不足を自覚している人は、試してみてもいいかもしれません。

参考:厚生省(現厚生労働省)「21世紀における国民健康づくり運動:健康日本21」

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

Text by Satomi Mizuno

元記事で読む