1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 水洗いして大丈夫!?面倒な「たこ焼き器」を簡単にキレイに洗う方法

水洗いして大丈夫!?面倒な「たこ焼き器」を簡単にキレイに洗う方法

  • 2021.4.20
  • 16852 views

非脱着式のたこ焼き器は安価なのですが、どうやって洗ったらいいのか分からないですよね。そこで今回は、プレートが外せないタイプのたこ焼き器の基本的な洗い方、長持ちさせる方法などをご紹介します。洗い方をマスターすれば面倒くささゼロで使えるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

非脱着式のたこ焼き器は水洗いNG!

本体と一体化しているたこ焼き器を、水で丸洗いすると感電や故障・本体が錆びる可能性があります。そのため、お手入れ方法は汚れを拭き取るのが基本となります。

非脱着式のたこ焼き器のキレイにする方法は2種類

それでは、非着脱式のたこ焼き器をキレイにする方法をみていきましょう。方法は主に2種類になります。
 

キッチンペーパーでプレートを拭く
拭いても汚れが取れない場合は「ぬるま湯」を入れる

1. キッチンペーパーでプレートを拭く

まずたこ焼き器のお手入れを始める前に、必ず電源プラグを抜いてください。

電源プラグを抜いたら、水で濡らして硬く絞ったキッチンペーパーを箸で挟み、たこ焼き器の表面や穴の中の汚れを拭いていきます。プレートが冷めてしまうとカスや油が落ちにくくなるので、温かいうちに拭くのがポイントです。

2. 拭いても汚れが取れない場合は「ぬるま湯」を入れる

プレートが焦げてカスがこびりついて拭いただけでは落ちない場合、ヘラやフォーク、たわしなどでガリガリして取りたくなりますが硬いもので擦るのはNG。

拭いても汚れが落ちないときはプレートに半分くらいの「ぬるま湯」を入れ、しばらく放置して焦げや汚れをふやかしてから、キッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

水ではなく「ぬるま湯」を入れる理由としては、まだ熱いうちにフッ素樹脂加工プレートへ水を注いでしまうと、加工が剥がれてしまう可能性があるからです。

本体の汚れは布巾やキッチンペーパーでキレイに拭く

もちろん本体も水洗いできませんので、水で濡らして絞ったふきんやキッチンペーパーで拭いてお手入れします。

油が飛び散っている場合は、まず水で薄めた食器用中性洗剤をキッチンペーパーに含ませて拭きましょう。それから、洗剤が残らないようにキレイな布巾でもう一度拭きます。あとはしっかりと乾燥させて終了です。

たこ焼き器を長持ちさせるポイント

家族やお友達とタコパをしたり、たこ焼き以外にもいろいろな料理に活用できる便利なたこ焼き器ですが、「焦げ付いてすぐに使い物にならなくなった」という、残念な声も。

焦げ付いてしまう原因の1つとして、油が足りないことが考えられます。
たこ焼きの生地が直接プレートに付かないように、調理前に油をしっかりと引き、調理中も様子を見て油を引き直すようにしましょう。またプレートに傷がつくと生地がくっついて焦げ付く原因となりますので、金属製のピックや竹串ではなく、樹脂製ピックを使うといいですよ。

元記事で読む