1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「誰か助けて…」限界寸前の私に声をかけてくれたのは…【最悪な日。 Vol.10】

「誰か助けて…」限界寸前の私に声をかけてくれたのは…【最悪な日。 Vol.10】

  • 2021.4.20
  • 125009 views

■前回のあらすじ
おじいさんのそばを離れた途端、また激しく泣き出す娘。「ママきらい」という言葉についに心が折れてしまい…。



■「誰か助けて…」限界寸前の私


もうそろそろ限界がきていた私。まさにその時に肩をポンと叩かれました。
「あれ…?」私はつい30秒前にすれ違った人を思い出しました。
そう、この方は、一度すれ違ったけれど、私を助けようとわざわざ戻ってきてくれた人だったのです。


■自転車を運んであげると提案してくれて…


声をかけてくれただけでも感動したのですが、親切にされたからといってすぐに甘えられるわけではなく、とりあえず気持ちだけ受け取って断ることにしたのですが…。

この方は私の表情をよく見ていて、世の母親が言う「大丈夫」というものが「本当は大丈夫ではない」ということをよく分かっていたのだと思います。

子育てをしていると、なかなか人を頼ることもできず、SOSを出すことも下手くそで、感情がいっぱいいっぱいになってしまい、それをうまく吐き出せない…そんなお母さんってとても多いと思うのです。

その方は、そこに気がついてくれたのかなぁと思います。

次回に続きます。

(わさび)

元記事で読む