1. トップ
  2. 業務スーパーにある『お徳用エビフライ』はスナック的につまめて弁当・おつまみにちょうどいい

業務スーパーにある『お徳用エビフライ』はスナック的につまめて弁当・おつまみにちょうどいい

  • 2021.4.20
  • 7654 views

業務スーパーで販売されている『お徳用エビフライ』をご存じでしょうか。

小さめサイズの冷凍エビフライです。プリッと柔らかなエビの身を、ザクザク食感の厚めの衣で包んだ一品。サイズも食感もおやつ的。お弁当やおつまみ用途にチョイスするのがおすすめですよ。

松岡|お徳用エビフライ|399円

業務スーパーでは399円(税込、税抜370円)で販売中です。内容量は400g(34~40尾)。カロリーは100gあたり143kcal(脂質 2.2g、炭水化物 19.2g)。コスパ(単価)は100gあたり約100円。

一般スーパーではあまり見かけない、ひとくちサイズの冷凍エビフライ。参考までに、似通ったサイズ感の『えびフリッター』(300g・429円)に比べれば手頃な価格設定です(そちらは143円/100g)。原産国はインドネシア、輸入・販売は松岡。

調理は180℃の油で2~3分揚げるだけ。パン粉とミックス粉を使用した厚めの衣で、小さめのむきえびを包んだものです。ザクッと歯ごたえのある衣は、軽く塩味の付いた味わい。そのままおつまみスナック的に食べられるおいしさですね。

尾までカリッと香ばしく、丸ごと食べられるのが個性的。ただ、衣が厚いわりにエビの身が小さく、食い足りなさは残るボリュームです。ほんのりジューシーなプリッと食感は楽しめますけど、おかず用途には不向き。お弁当の脇役や、お酒のお供には便利な一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ひとくちサイズのエビを衣で包んだ冷凍揚げ物
  • サクサク系の軽快な歯ざわりと程よい塩気で、おつまみスナック的なおいしさ
  • 食べごたえとエビの旨味はイマイチなので、おかず以外の用途に使いたい
  • プリッと食感を重視するなら本品、肉厚感を重視するなら『甘えび唐揚げ』(300g・321円)もおすすめ
元記事で読む