1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『決戦は日曜日』窪田正孝が宮沢りえを当選へ導く!?前途多難な選挙戦を描いた社会派コメディ

映画『決戦は日曜日』窪田正孝が宮沢りえを当選へ導く!?前途多難な選挙戦を描いた社会派コメディ

  • 2021.4.20
  • 568 views

映画『決戦は日曜日』窪田正孝が宮沢りえを当選へ導く!?前途多難な選挙戦を描いた社会派コメディ

映画『決戦は日曜日』が2022年に全国公開。主演は窪田正孝が務める。

www.fashion-press.net

“前途多難”な選挙戦をコミカル&シニカルに描く

映画『決戦は日曜日』は、選挙活動をコミカル&シニカルに描いた社会派コメディ作品。議員秘書・谷村勉が政界に無知な二世候補・川島有美を当選させるために奔走する、前途多難な選挙戦を描く。

私設秘書・谷村勉役に窪田正孝

物語の主人公であり、そつなく仕事をこなすが政治への熱意は今やない、衆議院議員・川島昌平の私設秘書・谷村勉役は窪田正孝が演じる。第72回カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品された映画『初恋』では主人公・葛城レオ役を、2020年に放映されたNHK連続テレビ小説「エール」では主演を務めるなど、TVドラマや映画を主に幅広く活躍する窪田が初の議員秘書役に挑戦する。

自由奔放なご令嬢・川島有美役に宮沢りえ

また、『たそがれ清兵衛』『紙の月』『湯を沸かすほどの熱い愛』でそれぞれ日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、数々の映画賞に輝いてきた宮沢りえも出演。本格的なコメディ映画は初挑戦となる宮沢は、突然父の地盤を引き継ぎ、仕方なく出馬することになった…といいながらも、実はやる気満々の自由奔放なご令嬢・川島有美役を務める。

脚本・監督は坂下雄一郎

脚本・監督を担当するのは、『東京ウィンドオーケストラ』や『ピンカートンに会いにいく』など、オリジナル脚本で次々とコメディ作品を発表してきた坂下雄一郎。執筆に5年の月日を掛けた『決戦は日曜日』で、笑いとアイロニーに満ちた“社会派コメディ”を届ける。

映画『決戦は日曜日』<ストーリー>

とある地方都市。谷村勉(30)は、この地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平(75)の事務所で私設秘書として働いている。秘書として中堅になり、川島の完璧な“サポートをするだけ”のこの仕事に満足していた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。次の選挙に川島の地盤を引き継ぎ、選挙に出る人間として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美(45)。自由奔放、世間知らず。だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される秘書たち。でもまあ、父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実・・・だったのだが――

作品詳細

『決戦は日曜日』
公開時期:2022年
脚本・監督:坂下雄一郎
出演:窪田正孝 宮沢りえ 他
製作:「決戦は日曜日」製作委員会 制作:パイプライン 配給:クロックワークス

元記事で読む