1. トップ
  2. 「働きながらできるファスティング」を「アエラ」が特集

「働きながらできるファスティング」を「アエラ」が特集

  • 2021.4.19
  • 3130 views

4月19日発売の「アエラ」(2021年 4月26日号)の 巻頭特集は、「働きながらできるファスティング」だ。「アエラ」ではこれまで、様々なタイプのダイエットを特集してきたが、「プチ断食」とも言われるファスティングで得られる効果は、「やせる」だけではない。一定の「食べない時間」、つまり空腹の時間を設けることで、体内で脂肪を燃やし、古くなった細胞が生まれ変わる「オートファジー(自食作用)」が働き、身体全体が整う。結果、気分もすっきり。特集では、飲んで食べた翌朝をプロテインに置き換えて理想の体を維持しているというトレーナーの女性や、羊羹もステーキも食べる「16時間断食」で体脂肪を8%に押さえている津田塾大萱野稔人教授のノウハウを取材しているほか、「月曜断食」「オプティマム・ファスティング」の基本ルールを公開している。

ちょっとハードルが高いな、という人には、1泊2日の温泉週末ファスティングがおすすめ。 記者が実際に体験し、ルポした。ファスティングの「お供」として効果が期待される「グリーンスムージー」の作り方、始めてはみたものの「空腹に耐えられない!」という人のための対処法、想定されるデメリットも掲載。この特集を読めば、ファスティングのスタートは万全だ。

LiSAさんが表紙に登場

この号の 表紙には、アニメ版・映画版の「鬼滅の刃」の主題歌で知られる歌手のLiSAさん が登場。「紅蓮華」「炎」の大ヒットで順風満帆のように見えるが、「ロックを貫くために、悩んだり、泣いたりしながら本気で生きてきました」とLiSAさん。3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、母にもらったという大切な言葉や「これから」について話している。

岩田健太郎さんが話すコロナウイルス対策

この号には、神戸大学大学院医学研究科教授で感染症専門医の岩田健太郎さんのインタビューも掲載。日本のコロナウイルス対策の課題と、いま本当に必要な対策について聞いた。もっとも重要なことは「明確な目標」を定めることだと岩田さん。その上で、岩田さんは「感染ゼロを目指すべきだ」と話す。 その方法は、シンプルで具体的。「やる」と決めさえすれば、明日から「感染ゼロ」への一歩を踏み出すことができると感じさせるものだ。コロナ禍を生きる私たちにとって、必要な視点を多く含んでいる。

元記事で読む
の記事をもっとみる