1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたが“実は逃げていること”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたが“実は逃げていること”がわかる心理テスト

  • 2021.5.27
  • 108051 views
undefined

あなたは向き合わなければならないことから逃げていませんか?見ると辛いものや受け止めに苦心しそうなものから、人は逃げやすいものです。そして逃げているので、そのことに気が付いていないことも多いでしょう。あなたが実は逃げていることを探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.おろし金

2.リモコン

3.ビスケット

4.視力検査のパネル



1.おろし金に見えた人は「やらないとまずいこと」

図形がおろし金に見えた人は、やらないとまずいことから逃げているかもしれません。本当は今すぐにでも取り掛からないとまずいことを、どんどん先送りにしていませんか?後に回せば回すほど、余計に目を背けたくなってしまうかもしれません。

このタイプの人は、向上心が強く最初にとても高い目標を掲げやすいところがありそうです。そのため、やらないとまずいことも、高いハードルのせいで目を背けたくなってしまっていそうです。

逃げていると、取り組める期間がどんどん短くなり、その高い目標がどんどん遠のいてしまうかもしれません。もしくはやらないとまずいことがどんどん積み上がって、ますます状況が厳しくなることもあるでしょう。まずは少しだけやってみると勢いがついてくるのではないでしょうか。

2.リモコンに見えた人は「人と向き合うこと」

図形がリモコンに見えた人は、人と向き合うことから逃げているかもしれません。あなたが向き合うべき人とちゃんと向き合っていますか?本音でしっかり話をすべきなのに、怖くて向き合いたくないからと、逃げてしまっているのではないでしょうか。

このタイプの人は、とても優しく繊細な心の持ち主でしょう。そのため、向き合うときにどうしても起こる軋轢が不安で向き合うような場面を避けやすい傾向にありそうです。自分のネガティブな本心を相手に伝えたり、相手の本心を聞かなければならない時ほど逃げてしまいがちでしょう。

普段は人当たりもよく誰とでも話ができる人ですが、いざ腹を割って話すとなると急によそよそしくなってしまいがちかもしれません。まずは自分が信頼のおける人と一度腹を割って話してみて、感覚をつかんでみるところから始めると良いかもしれません。

3.ビスケットに見えた人は「自分の現状を知ること」

図形がビスケットに見えた人は、自分の現状を知ることから逃げているかもしれません。自分の現状があなたにとってあまり良い状態にはないのでしょう。ただ、それを受け止める勇気が持てずに、見て見ぬ振りをしながら過ごしてしまっていそうです。

このタイプの人は、ポジティブ思考が強く楽天的な一面を持っていそうです。それゆえ、まずい現状にぶち当たった時も「そのうちなんとかなる」とたかを括ってしまい、実際に現状がどの程度まずいのかを見ようとしないところがあるでしょう。

そうこうしているうちに、もっとまずい状況に陥っているなんてこともあるでしょう。逃げきれなくなった時には、もっとひどい状況が待っていることもあるかもしれません。今のうちに現状をしっかり見極めておいた方が後の自分にとって良いのではないでしょうか。

4.視力検査のパネルに見えた人は「苦手なこと」

図形が視力検査のパネルに見えた人は、苦手なことから逃げているかもしれません。苦手なことを避けていても、なんとかなってしまっているので、あなたの中ではまあいいかと放置されているのではないでしょうか。

このタイプの人は、慎重で失敗を恐れやすいところがありそうです。自分には難しいと思えば、なかなかチャレンジするには至らないでしょう。確実にできることしかしようとしないので、人生の中で失敗したと感じることは少ないかもしれません。

ただ、本当はもっと伸びるかもしれない可能性をつぶしてしまっているのではないでしょうか。苦手だと思っていることも、ちょっと頑張れば得意なことなのかもしれません。苦手なことから逃げるのは良い時もありますが、チャンスを失っている場合もあるので注意が必要です。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部


※2021年4月23日発令の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。

の記事をもっとみる