1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「ジェンダーレスネーム」トレンドは?子どもが性別を選べる未来を名前に込める親たち

「ジェンダーレスネーム」トレンドは?子どもが性別を選べる未来を名前に込める親たち

  • 2021.4.18
  • 144842 views

近年話題となっている「ジェンダーレス」。性差をなくそうという考え方を意味し、性別に関する多様性に対応したジェンダーレス制服を取り入れる学校が増えてきています。

今回は、2020年生まれの男の子81,896名を対象に調査した名前ランキングTOP100のうち、女の子の名前としても用いられている「ジェンダーレスネーム」TOP10をご紹介します。男女の性差を感じない名前は、将来子どもの選択肢を広げてあげることができるかもしれません。

1位 蒼(主なよみ:あおい、あお)

2019年名前ランキング8位から2020年は2位へと大きくランクアップした「蒼(主なよみ:あおい、あお)」。草木が生い茂ることを意味する「蒼」には植物が生い茂るイメージがあり、すくすくと育つよう願いが込められているようですね。草木が芽吹く春にピッタリの名前。

「あおい」というよみは、2020年の女の子のよみランキングでも4位にランクインしています。

2位 伊織(主なよみ:いおり)

2019年の名前ランキングでは21位、2020年は18位にランクインした「伊織(主なよみ:いおり)」。「いおり」というよみは、2020年の女の子のよみランキングでも90位に、「織」は女の子の漢字ランキング80位にランクインしています。

賢くてオシャレなイメージの「伊」に、細やかな模様が織り込まれたやわらかな絹織物を表す「織」を組み合わせた名前。人にやさしく細やかな気遣いのできる人になってほしいと願って名づけてもいいですね。

3位 碧(主なよみ:あおい)

2019年の名前ランキングでは35位、2020年は19位へランクアップした「碧(主なよみ:あおい)」。「碧」は2020年の女の子の漢字ランキングで94位にランクインしています。

自然の生み出す美しい青緑色を意味する「碧」は、神秘的でありながらも自然界の力強さや美しさを感じるようです。美しく輝く人生になるよう願って名づけてもいいですね。

4位 暖(主なよみ:はる)

2019年の名前ランキング29位から2020年は20位へとランクアップした「暖(主なよみ:はる)」。ぬくぬくとしてあたたかい様子を表す「暖」は、2020年の漢字ランキングでも76位にランクインしています。

「はる」というよみは、2020年の女の子のよみランキングでも46位。温かい心で周囲を元気づけるような存在になることを願って名づけてもいいですね。

5位 凪(主なよみ:なぎ、なぎさ)

2019年名前ランキング93位から、2020年は24位へと人気急上昇した「凪(主なよみ:なぎ、なぎさ)」。女の子の名前ランキングでも27位にランクインしています。凪は、風や波が静まる様子を意味することから、風がやんだ穏やかな海の上でボートが静かに浮かんでいる様子をイメージするようです。


また、「凪」は大人気アニメ『鬼滅の刃』の人気キャラクター「冨岡義勇」が使う技の一つとしても有名であることから、今年も人気継続が予想される名前でもあります。

6位 陽(主なよみ:はる、ひなた)

2019年名前ランキング23位、2020年は26位にランクインした「陽(主なよみ:はる、ひなた)」。「陽」という漢字は2020年の男の子の漢字ランキングでは5位、女の子の漢字ランキングでは11位にランクインしています。

日の当たる丘や太陽を意味する「陽」は、日だまりのようなあたたかさを感じる名前で、太陽のように明るい人になるよう願って名づけてもいいですね。

7位 悠(主なよみ:ゆう、はる)

2019年の名前ランキング30位、2020年は28位にランクインした「悠(主なよみ:ゆう、はる)」。「悠」という漢字は2020年の男の子の漢字ランキングでは8位、女の子の漢字ランキングでは79位にランクインしています。

のんびりとしたはるか遠いという意味のある「悠」は、落ち着きのあるスケールの大きな人というイメージを受けるようです。

8位 楓(主なよみ:かえで)

2019年の名前ランキング51位から、2020年は38位へと大きくランクアップした「楓(主なよみ:かえで)」。「楓」という漢字は2020年の男の子の漢字ランキングでは67位、女の子の漢字ランキングでは49位にランクインしています。

秋から冬にかけて美しく紅葉する「楓」には、楓の種子には翼のようなものがついていることから、「大空を羽ばたくように成長しますように」という願いを込めて名づけてもいいですね。

9位 葵(主なよみ:あおい)

2019年の名前ランキング59位から2020年は47位へとランクアップした「葵(主なよみ:あおい)」。「葵」という漢字は2020年の男の子の漢字ランキングでは39位、女の子の漢字ランキングでは14位にランクインしています。

葉が太陽のほうを向くと言われている草花の「葵」を意味することから、「太陽に向かって咲く葵のようにすくすくと明るく育つように」と願って名づけてもいいですね。

10位 怜(主なよみ:れい)

2019年の名前ランキング68位から2020年は56位へとランクアップした「怜(主なよみ:れい)」。「怜」という漢字は2020年の男の子の漢字ランキングでは60位、女の子の漢字ランキングでは61位にランクインしています。

心が澄んでいて賢いという意味の「怜」は、心が澄み切った様を示す字です。清らかで賢い子に育つよう想いが込められているようです。

男の子の「ジェンダーレスネーム」TOP10のうち、なんと9つが漢字一文字の「一文字ネーム」。呼びやすく印象的な名前が多くランクインしていました。これから男の子の名前を考えるみなさま、ぜひ参考になさってくださいね。


【調査概要】

調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査期間:2020年1月1日(水)~2020年10月1日(木)
調査件数:81,896件(男の子)

文:福島絵梨子

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む