1. トップ
  2. 長岡亮介、松田龍平“八作”と店を営むシェフ役でドラマ初出演「こんな2人がいるお店があったら」とオファー <大豆田とわ子と三人の元夫>

長岡亮介、松田龍平“八作”と店を営むシェフ役でドラマ初出演「こんな2人がいるお店があったら」とオファー <大豆田とわ子と三人の元夫>

  • 2021.4.17
  • 883 views

4月13日にスタートした、松たか子主演の連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。坂元裕二脚本の同作は、松たか子演じる主人公で、3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ちの社長・大豆田とわ子(松)が、“3人の元夫”に振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディー。元夫として、一番目の夫でレストランオーナー兼ギャルソンの田中八作を松田龍平、二番目の夫でファッションカメラマンの佐藤鹿太郎を角田晃広、そして三番目の夫で弁護士の中村慎森を岡田将生が演じる。

【写真を見る】松たか子“とわ子”は、娘の提案で元夫らとすき焼きパーティーを行う

4月13日放送の第1話では、伊藤沙莉によるナレーション、斎藤工演じる“船長さん”の登場、STUTS & 松たか子 with 3exesによる主題歌など、放送中にさまざまなサプライズが明らかに。

さらに、八作の友人で、レストラン「オペレッタ」を共に立ち上げた心配性のシェフ・持田潤平役として、音楽家の長岡亮介の登場も話題をさらった。

長岡は、自身がギター&ボーカルを務めるバンド・ぺトロールズのほか、“浮雲”名義で参加する東京事変のギタリスト、星野源をはじめとしたアーティストのサポートギタリストとしても活動。俳優としての映像出演は、今作が初めてとなる。

ドラマの公式Twitterでは「台本ではイケメンシェフと書かれていたので、龍平さんと並んでほしい、こんな2人がいるお店があったら行きたいと思うシェフ潤平役をギリギリまで悩み、突然ひらめいた長岡亮介さん。ダメ元でオファーしました。レギュラーです。めちゃくちゃ素敵です」と、長岡出演に関する制作秘話が明かされている。

長岡のコメントは以下の通り。

長岡亮介のコメント

――初のドラマ出演ですが、俳優としてオファーを受けた時の感想は?

「なんでだろう?」と思いました。でも「ぜひ長岡さんで」とオファーをいただいたのでお受けしました。まったく知らない世界ですから、なかなか恐れ多かったのですが。

――現場の雰囲気はいかがですか?

自分みたいな別の畑の人が来ても、にこやかに受け入れて混ぜてくれて、みんな優しいですね。本当にみんな仲良しで、待ち時間でのほほ笑ましい会話をずっと聞いているのが楽しいです。

――撮影についてはいかがですか?

監督さんからあまり何も言われないので、「これでいいのかな?」と思いながらやっています(笑)。

――長岡さんが感じた作品の見どころを教えてください。

やはり言葉のセンスが面白くて、台本を読んでいて楽しいです。そして、映像の質感に深みがあって、そこもすごく良い感じだなと思います。

4月20日(火)放送 第2話あらすじ

ある日、八作(松田龍平)のレストランで慎森(岡田将生)と鹿太郎(角田晃広)が出くわしたところに、さらに偶然とわ子(松たか子)と唄(豊嶋花)もやってくる。いつものように周囲に憎まれ口をたたく慎森だったが、どんなに煙たがられてもめげることなく、とわ子に近づこうとする鹿太郎に、強がった態度とは裏腹に一種のうらやましさを感じていた。

そんな自分について慎森は、公園で会った小谷翼(石橋菜津美)に「僕には人を幸せにする機能が備わっていない」と弱音をもらす。

一方、鹿太郎は仕事で出会った女優の古木美怜(瀧内公美)から自宅に招かれ、何やらいい雰囲気に。また、八作の店には、親友の出口俊朗(岡田義徳)が恋人の三ツ屋早良(石橋静河)を連れてやってくる。

元夫たちに新たな出会いが訪れる中、唄の思いつきにより、元夫たちを招いて5人ですき焼きパーティーを開催する。こだわりの食材や道具を持ち寄った3人が訪れたとわ子の部屋で、慎森は結婚当時の思い出が詰まったソファーが処分されていることに気づき、内心ショックを受ける。ひょんなことから、とわ子と2人きりになったタイミングで、その理由を問いただす慎森だったが、徐々に胸に秘めていた思いがあふれ出す。

しかし、その晩、どういうわけかとわ子は、唄や元夫たちの目の前でパトカーに乗せられ、警察に連れていかれることになる。

元記事で読む