1. トップ
  2. ファッション
  3. ローブス&コンフェクションズ 2021年秋冬コレクション、ヴィンテージ×モダンのクロスオーバー

ローブス&コンフェクションズ 2021年秋冬コレクション、ヴィンテージ×モダンのクロスオーバー

  • 2021.4.17
  • 483 views

ローブス&コンフェクションズ 2021年秋冬コレクション、ヴィンテージ×モダンのクロスオーバー

ローブス&コンフェクションズ(robes&confections)は、2021-22年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

www.fashion-press.net

ヴィンテージのニュアンスを現代の日常服に

今季のキーワードとなるのは“ヴィンテージ×モダン”。ヴィンテージウェアのクラシカルなエッセンスを様々な部分に効かせていくことで、現代の日常服に新たな表情を見出した。コーディネートにヴィンテージライクなアイテムを組み込んだり、デザインの一部に古着のようなディテールを取り入れたり、懐かしい質感の素材を採用したり。古く遡った年代のニュアンスと現代性を調和させた、独特の温度感が漂っている。

キルティングを配したシャツワンピースや70年代風のセットアップ

例えば、真っ白なシャツワンピースは、前立てにキルティングを配すことで遊び心をプラス。ステッチの手ざわりがクリーンなシャツワンピースに温もりのある表情をもたらしている。緩やかなバルーンスリーブのカットソーには、3層構造のキルトジャカード地を採用。立体的な模様が浮かぶ、独特な風合いが印象的だ。

ストライプのダブルジャケットにはウエストベルトを配し、裾に向かって緩やかなフレアシルエットに仕立てたワイドパンツをセットアップでコーディネート。70年代ファッションの佇まいを彷彿させつつ、滑らかな生地の質感や、パンツの裾にさりげなく配したスリットによって、軽やかな抜け感を演出する。

ニットレギンスやジャージーを取り入れたコーディネート

目を引くのは、ニットレギンスを取り入れたコーディネートだ。シャツカラーを採用し、軽やかな印象に仕上げたトレンチコートには、ホワイトのリブレギンスをスタイリング。端正なトレンチコートと、ラフなレギンスのコントラストが新鮮に映る。レギンスに加え、シャツジャケットやトレンチコートなどにジャージパンツを組み合わせたルックも登場。太めのサイドラインを配し、スリットを入れた裏起毛のジャージパンツはカジュアル感もありつつ、上品な表情を見せる。

化学繊維ならではの質感を楽しむテーラードアイテム

ローブス&コンフェクションズおなじみのテーラードアイテムには、あえてナイロンを採用することでモダンなエッセンスを効かせている。同じく、キラキラとした光沢を放つウールポリエステルのプリーツスカートや、シボ感のあるポリエステル地を使用しストレッチを効かせたダブルジャケットなど、化学繊維独自の現代的な風合いをテーラリングに織り交ぜたアイテムが散見された。

上質なウールアウターやピュアカシミヤのニット

その一方で、従来より重視してきた高品質な素材へのこだわりも健在だ。柔らかく、軽やかなファーストラムのウール地で仕立てたダブルブレストコートは、上品な光沢を放つ、美しい風合いが魅力だ。また、保温力の高いヤクのコートや、ハリのある上質な「スーパー110's」ウールのピーコート、ふわふわとした質感のキッドモヘヤカーディガン、シンプルなピュアカシミヤのニットなども登場している。

元記事で読む