1. トップ
  2. 美容と健康に◎な冷たいドリンクはいかが?【KALDI】の調味酢&清涼飲料水3選

美容と健康に◎な冷たいドリンクはいかが?【KALDI】の調味酢&清涼飲料水3選

  • 2021.4.17
  • 707 views

日に日に暖かくなってきて、帰宅時や入浴後などに冷たい飲み物が欲しくなるシーズンになりました。

【画像を見る】炭酸水で割るだけで、スッキリさわやかドリンクの出来上がり!

実は個人的に最近ハマっているのが、サワードリンク。冬場、肌の調子がイマイチだったときに、友人にすすめられて韓国のザクロ酢を炭酸水で割ったものを飲み始めて以来、入浴後にはコレを飲まないとスッキリしないほど。

シートマスクや美容液なども並行して取り入れたため、ザクロ酢ドリンクがストレートに肌の調子をよくしてくれたかどうかは正直分かりませんが、体調はなんとなくよくなった気が…。朝すっきり起きられるようになったし。

何本もネットで注文して飲み続けていたのですが、それもそろそろ残り少なくなってきたし、陽気はどんどん暖かくなってきていて冷たい飲み物の需要が高まるし、というわけでザクロ酢に次ぐお気に入りを見つけるべく【KALDI】へ。

店頭には早くもいろいろなコールドドリンク類がずらりと並んでいました♪

美容や健康によさそうな調味酢&希釈タイプの清涼飲料水
美容や健康によさそうな調味酢&希釈タイプの清涼飲料水

その中から選んだのは、「健美酢 アサイーベリー」500ml 386円、「飲むための いちじく酢」300ml 624円、「ハーブコーディアル エルダーフラワー」200ml 568円の3品。どれも水や炭酸水などで割って飲む希釈タイプです。

酢が2点も入ってしまったのは、それだけサワードリンク系の商品が目立っていたからなのですが、ほかではちょっと見かけないハーブ系のものも発見しましたよ♪

【画像】ポリフェノールやアミノ酸、ビタミンC、コラーゲンが手軽に取れる「健美酢 アサイーベリー」
【画像】ポリフェノールやアミノ酸、ビタミンC、コラーゲンが手軽に取れる「健美酢 アサイーベリー」

「健美酢 アサイーベリー」は、5年間自然発酵させた柿酢をベースに玄米酢とアサイーベリー濃縮液などが入っている調味酢。ボトルに美容や健康にいいポリフェノール、コラーゲン、アミノ酸、ビタミンCと列記されている点に惹かれました(笑)。

基本的な飲み方は、水や炭酸水で4~5倍に希釈。

原液をコップに注いでみると、ツンッと鼻をつくような酢特有の刺激臭はなく、ベリー系の甘酸っぱい香りが漂ってきます。

炭酸水で割ったら、スッキリさわやか!
炭酸水で割ったら、スッキリさわやか!

まずは、炭酸水で4倍に希釈してみました。赤みがかったベリーカラーがきれいです♪

アサイーベリーだからかなり酸っぱいかも…と警戒?しながら飲んでみると、拍子抜けするほど酸っぱくない! いえいえ、お酢なのでちゃんと酸味は感じられるのですが、ベリーのフルーティーさと甘さがほどよくマッチしていて、さわやかな甘酸っぱさになっています。

サワードリンクの中には口が思わずキュッとなってしまうほど酸っぱいものがありますが、これは全く違って、適度な甘みの中に酢の存在を感じるというか。シュワシュワした炭酸水で割ると、爽快な甘酸っぱさが際立ちますが、水で割ってもゴクゴク飲めそうです。

ボトルには「アレンジレシピ」として、焼酎で割ってサワーに、牛乳や水を混ぜてシャーベットに、オリーブオイルや好きな調味料と混ぜてドレッシングに、といろいろ書かれています。

中でも気になったのは、牛乳や豆乳で割るというもの。え、お酢に牛乳は…と思いつつも、試してみることに。

牛乳で割ったら、とろ~り食感に
牛乳で割ったら、とろ~り食感に

牛乳で4倍に希釈し、ストローでクルクルかき混ぜたところ、最初はさらりとした感触だったのがどんどんとろみを増していき、いい感じにもったりと。なんとなく緩めのスムージーのようになりました。

飲んでみると、お酢の感じがなくなり、甘さが引き立ちます。へぇ、こんな飲み方があったんだ~!と目からウロコの気分。

すっきり飲みたいときは水か炭酸水で、マイルドに味わいたいときは牛乳で、といろいろな飲み方が楽しめるうえ、美容と健康にいい成分も手軽にとれるなんて嬉しい限りです!

ほんのりピンク色がかった「飲むための いちじく酢」
ほんのりピンク色がかった「飲むための いちじく酢」

続いては、広島県尾道産のいちじくを使った「飲むための いちじく酢」。この「飲むための」シリーズはほかにも「葡萄」「桃」があったのですが、その2つは味の想像がなんとなくつくので、あえて「いちじく」をチョイスしてみました。

原液をグラスに出してみると、かすかにピンクがかっています。果汁は15%。

基本的な飲み方は、水や炭酸水、牛乳で3~5倍に希釈とあります。希釈の幅が広いと、好みで濃さを調整できていいですよね。

水で割ると、酢の酸味の中にもいちじくの甘さがほんのり感じられる
水で割ると、酢の酸味の中にもいちじくの甘さがほんのり感じられる

いちじくの味や色を確認したかったので、こちらはストレートに水で4倍に薄めてみました。

一口飲んでみると、あ~、いちじくってこんなやさしい甘さだったよな~と思い出させてくれるフルーティーさが感じられ、あとからまろやかな酸味が追いついてきます。

甘過ぎず酸っぱ過ぎず、こちらもゴクゴク飲めてしまう爽やかさ。

では、牛乳で割ってみるとどうなるか? 覚えたばかりの飲み方も試してみます。

牛乳で割ると酸味がマイルドになるので、酸っぱさが苦手な人もごくごく飲めそう
牛乳で割ると酸味がマイルドになるので、酸っぱさが苦手な人もごくごく飲めそう

牛乳で4倍に希釈しクルクル混ぜていくと、こちらももったりした感触に。面白いのは、水で割ったときはかすかにピンクがかっているかな?という感じだったのに、牛乳で割ってみると黄色っぽいような…。

味も酸味が薄まって、いちじくの風味が強く感じられるように。子どもも大喜びして飲み干してしまいそうなマイルドさです。

ハーブや果物をシロップに漬け込んだノンアルコール濃縮飲料「ハーブコーディアル エルダーフラワー」
ハーブや果物をシロップに漬け込んだノンアルコール濃縮飲料「ハーブコーディアル エルダーフラワー」

最後は「ハーブコーディアル エルダーフラワー」。商品名の頭にハーブとついているのでハーブ系のものであることはなんとなく分かるのですが、「コーディアル」や「エルダーフラワー」という言葉にはなじみがなく、一体どんな味なの?と興味津々。

POPをよく見てみたところ、「ハーブコーディアルとは、摘みたてのハーブや新鮮な果物を原料とした、英国発祥のノンアルコール飲料」と小さく書かれていました。そこで原材料を見てみると、砂糖、レモン果汁、エルダーフラワーエキスの3つが書かれています。

なるほど、簡単にいうとエルダーフラワーというハーブのエキスを使ったレモン味のシロップというわけですね。8倍希釈時で果汁10%未満とか。

水や炭酸水で割るのはもちろん、「アイスティーで割ってみて!」とアピールされている点が、いかにもイギリスっぽい気がします。

紅茶で割って、ほのかな甘みと香りを楽しむ
紅茶で割って、ほのかな甘みと香りを楽しむ

おすすめどおりアイスティーで8倍に希釈。レモンのさわやかな酸味に、はちみつのような甘さとほのかな花の芳香が感じられます。

アイスティーには市販のティーバッグを使ったのですが、この「ハーブコーディアル エルダーフラワー」が加わったことで、味が一気にグレードアップしたよう。

ほかにも、コーヒー(浅煎りがオススメ)に風味を足したり、お菓子作りの際の風味づけに使えるとか。

ヨーグルトにかけてもおいしい♪
ヨーグルトにかけてもおいしい♪

そこで、プレーンヨーグルトにたらりとかけてみることに。

ヨーグルトの酸味にレモンのさわやかな酸味とシロップならではの甘みが加わって、こちらもおなじみの味がグレードアップ♪ アイスやパンケーキにかけてもおいしそうです。

もっと暑くなってきたら、レモネード作りにも役立ってくれそう。飲むだけではもったいないので、ハーブテイストのシロップとしていろいろ活用したいところ。

気温が上昇するにつれ、冷たいドリンクを飲む回数も増えてきそうなこれからのシーズン。甘~いジュースやパンチのきいた炭酸飲料も魅力的ですが、おうちでホッとひといき…というときには、美容や健康によさそうなものを飲むのもいいかも♪

今回紹介した3品はオンラインショップでも購入できるので、気になるものがあったらぜひお試しを!

文=カッパスキー

元記事で読む