1. トップ
  2. <警視庁ゼロ係>主題歌が徳永英明「tomorrow」に決定『シリアスな中にも希望を持てる楽曲を作りたいなと思いました』

<警視庁ゼロ係>主題歌が徳永英明「tomorrow」に決定『シリアスな中にも希望を持てる楽曲を作りたいなと思いました』

  • 2021.4.16
  • 838 views
“究極のKY刑事”小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”が、さまざまな難事件を解決していく (C)テレビ東京
“究極のKY刑事”小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”が、さまざまな難事件を解決していく (C)テレビ東京

【写真を見る】ゲスト出演が決まった岡本玲、小手伸也、久保田かずのぶ(とろサーモン)の劇中ビジュアルも解禁!

小泉孝太郎主演ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」(4月30日[金]スタート 毎週金曜夜8:00ー8:54、テレビ東京系ほか)の主題歌が、徳永英明の「tomorrow」に決定。さらに、初回ゲストとして岡本玲、小手伸也、久保田かずのぶ(とろサーモン)の出演が発表された。

「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」は、警察小説や時代小説を多く生み出した作家・富樫倫太郎の「生活安全課0係」シリーズ(祥伝社)をドラマ化した作品。連続ドラマとしては、“金曜8時のドラマ”枠初のシーズン5となる。

作品の舞台は、厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署のなんでも相談室・通称ゼロ係。空気は読めないのに事件は読める“究極のKY刑事”小早川冬彦(小泉)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”が、ゼロ係のメンバーと共に、さまざまな難事件を解決していく。

このほど主題歌に決まった「tomorrow」は、「困難な人生や日々ではあるけど、明日を信じて前に進んでいこう」と背中をそっと押してもらえるような楽曲。6月にリリースされる徳永にとって4年ぶりのオリジナルアルバム『LOVE PERSON』に収録され、4月30日(金)放送の第1話で初披露される。

そして、岡本、小手、久保田がゲスト出演する第1話では、テレビ局を舞台にゼロ係が「辛口コメンテーター連続殺人事件」に挑む。

徳永英明コメント

ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」の主題歌が、徳永英明の「tomorrow」に決定した ※提供写真
ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」の主題歌が、徳永英明の「tomorrow」に決定した ※提供写真

このドラマのストーリーを伺い、全く違うキャラクターの2人が中心となって、仲間たちがミステリアスな難題に立ち向かっていくという内容から、シリアスな中にも希望を持てる楽曲を作りたいなと思いました。

「tomorrow」という曲がゼロ係の皆さんと呼応し、一体となって、ドラマとともに楽しんでいただけることを願っております。

【写真を見る】ゲスト出演が決まった岡本玲、小手伸也、久保田かずのぶ(とろサーモン)の劇中ビジュアルも解禁! (C)テレビ東京
【写真を見る】ゲスト出演が決まった岡本玲、小手伸也、久保田かずのぶ(とろサーモン)の劇中ビジュアルも解禁! (C)テレビ東京

川島空美役:岡本玲コメント

シリーズで続いている作品の、しかも初回1、2話のゲストにお声を掛けていただけるなんてとても光栄ですし、うれしかったです。背筋が伸びました。

私が演じる川島空美は、どう表現すべきかと難しいシーンもありましたが、初めに脚本を読んだときに自然と自分に落ちていく感覚が強くあったので、そのときの感覚と監督が求めてくださるもの、受け入れてくださるものを信じて、やらせていただきました。

スタッフさんもキャストの皆さんも、とても仲が良く温かい現場で、撮影中から待ち時間まで笑いが絶えず、たくさん助けていただきました! 皆さんの楽しいアドリブ合戦に参加したかったですが、役柄的にできず残念です。

楽しさもあり、切なさもあり、魅力がいっぱいの「ゼロ係5」1、2話です。ぜひ、楽しんで見ていただけたらうれしいです!

久保田信吾役:小手伸也コメント

「金曜8時のドラマ」といえば私、つい先々月の「警視庁強行犯係・樋口顕」の最終回ゲストだったのですが、まさか次の同枠新番組の初回ゲストに呼んでいただけるとは思いもよらず、そんな立て続けでよろしいんですかと、戸惑うやら、ありがたいやらで恐縮しております。

実は今作、浅いドラマ歴ではありますが私自身初挑戦となるシーンがございまして、続く第2話ではそこに注目していただけたら幸いです。ネタバレになりかねないので何も申し上げられませんが(笑)。ご期待ください!

中澤達也役:久保田かずのぶ(とろサーモン)コメント

「僕みたいな奴に、こんな仕事を頂けるのか?」と思いました。撮影が終わった今、スーザン・ボイルが夢をつかんだくらいの名誉を頂けたと感じています。こんな主役くらいインパクトある役をもらいありがたいです。1つだけ心配なのは、好感度が上がって今後、自分のキャラがブレないかなということです。

撮影現場は、甲子園に出場している高校球児くらいチームが一丸となっていました。もし良い演技をしていると思っていただけたら、「#久保田俳優向いてるやん」でSNSに投稿してください!

第1話では、テレビ局を舞台にゼロ係が「辛口コメンテーター連続殺人事件」に挑む (C)テレビ東京
第1話では、テレビ局を舞台にゼロ係が「辛口コメンテーター連続殺人事件」に挑む (C)テレビ東京

ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5」第1話あらすじ

ワイドショーの辛口コメンテーターが手足を縛られ、水たまりに顔を押し付けられ殺害された。そして、遺体の周りには花が。

冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)が現場に駆け付けると、管理官の保科玲(中山美穂)に出くわす。玲は、冬彦の科警研時代の先輩だったが、なぜか冬彦と寅三に冷たく当たる。

その後、同様の手口で2件目の殺人が起き、またも花が。冬彦となんでも相談室は、辛口コメンテーター連続殺人事件に挑む。

元記事で読む
の記事をもっとみる