1. トップ
  2. 恋愛
  3. 永田崇人“ゆうたん”のセリフに「深い」「このドラマ、優秀」の声…「カラフラブル」3話

永田崇人“ゆうたん”のセリフに「深い」「このドラマ、優秀」の声…「カラフラブル」3話

  • 2021.4.16
  • 448 views

吉川愛と板垣李光人が主演する「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」の3話が4月15日放送。周に嫉妬したゆうたんが放つセリフに「ぶっ込んできた…」「テーマが重いし深い」などの感想が次々と寄せられている。

祥伝社「FEEL YOUNG」連載中の「ジェンダーレス男子に愛されています。」をドラマ化した本作。新米漫画編集者の女性が、高校時代に出会った美しすぎる後輩男子と再会したことから始める“新時代の理想のカップル像”を描く物語が展開する。

編集長あさひのもとで修行中の新米漫画編集者で、高校時代に2年後輩の周をいじめから救った町田和子を吉川さんが演じ、和子との出会いをきっかけに誰からも縛られることなく“自分が好きな自分になるため”に生きようと決意、今はショップスタッフでスタイリストをしている相馬周に板垣さん。

和子の上司で女性初の編集長として女性漫画誌の売り上げ増に奔走、そのぶれなさと仕事の完璧さから“鉄の女”と言われているが、キラから好かれてしまう鉄本あさひに水野美紀。天上天下唯我独尊、ワガママな性格だったがあさひに“初恋”。その出会いで変わっていくモデルのキラに桐山漣。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

キラが子ども番組で人気のゆうたん(永田崇人)と対談することに。かわいいファッションと不思議キャラで人気のゆうたんに共感を覚える周が、キラのマネージャー・高林からタレントをやらないかと誘われる。その後、ゆうたんの子ども番組にキラがゲスト出演することに。キラが泣かせてしまった子どもたちを周が上手く落ち着かせるのを見た監督は、キラに代わり番組に出演することになるが、周にゆうたんが嫉妬、周をロッカーに閉じ込めてしまう…というのが3話のストーリー。

ラストでゆうたんが周に放った「多様性を認める、カラフルな世界を認めるってことは、僕たちを嫌いって思いも受け止めるってことじゃないの。だから世界がカラフルなんて安易に教えない方がいい」というセリフに「多様性を認める、つまり反対意見も認める…うわぁ最後にぶっ込んできた…」「多様性の肯定だけじゃなくて否定を認めることも多様性だってちゃんと言ってくれるこのドラマ、優秀ですよ」などの感想がSNSに投稿されているほか、「気軽に見てたらテーマが重いし深いし…」などの声も多数。

また毎回注目を集めるキラは今回、閉じ込められ行方不明になった周に代わり「ごめんなさい」と謝罪、そのうえで周は任された仕事を放り出すような人間じゃないとフォローするなど、これまでにない“大人の対応”を見せる。そんなキラに「ごめんなさいが言えたキラ様に感動」「自分のことでごめんなさいは言わないけど人の為にごめんなさいは言える」「ごめんなさいが言えるキラさま一気に推しになります」など賞賛のコメントが続々と寄せられている。

元記事で読む