1. トップ
  2. ファッション
  3. eriと小野りりあん主催の配信イベントで気候危機を考えよう。水原希子やコムアイも参加

eriと小野りりあん主催の配信イベントで気候危機を考えよう。水原希子やコムアイも参加

  • 2021.4.16
  • 225 views

環境問題に取り組むeriと小野りりあんによる「ピースフル クライメイト ストライキ」が開催。2021年4月17日(土)〜23日(金)まで、トークセッションや音楽ライブ、ハンガーストライキの中継など、さまざまな映像が配信される。

地球温暖化について学ぶなら今だ。2018年に発表された「IPCC1.5°C特別報告書」では、世界の平均気温の上昇幅を1.5℃未満にとどめないと、海面上昇や干ばつなどによって生態系や人間社会へのダメージが数百年〜数千年続くとされている。そうならないためには、温室効果ガスの排出量を、2030年までに世界平均で45%以上削減(2010年比)し、2050年までには排出量自体をほとんどゼロに近づける必要があるという。EUは2020年12月に、温室効果ガスの削減目標(NDC)を55%以上(1990年比)と表明した。

しかし、日本政府が2020年10月に発表したNDCは26%。国内外の科学者や企業などから見直しが求められており、政府は新たな削減目標を40~45%(2013年度比)程度に引き上げると報告している。最終的な数値は、4月22日(木)に行われる「気候変動サミット」で決まる予定だ。

そんな日本の環境対策が決まる瀬戸際で、政府に対してNDC60%以上(2013年度比)へのさらなる引き上げと脱原発・石炭を要求するのが「ピースフル クライメイト ストライキ」。中心となるのは、日頃からSNSを中心に環境活動を行っている、株式会社デプトカンパニー代表のeriと、気候アクティビスト/モデルの小野りりあんだ。


ヴィンテージショップ「デプト」やヴィーガンカフェ「明天好好」などの経営者であるeri(写真左)と、「スパイラルクラブ」「グリーンティー」など、さまざまなオンラインコミュニティを主宰する小野りりあん(写真右)

「ピースフル クライメイト ストライキ」では、YouTubeチャンネルやInstagramを通して、さまざまなゲストを招いたコンテンツが配信される。

1日目はモデルの水原希子がゲスト出演。気候危機にまつわる基礎的な質問を気象学者の江森正多に投げかける。

2日目は歌手のコムアイがナビゲート。エシカルファッションに造詣の深いモデル・鎌田安里紗らとともに、ファッションと気候危機の関係や、今後の服選びについてを考える。

3日目は、女優業のかたわらで動物愛護活動も行う二階堂ふみが登場。「肉や魚を食べることが環境破壊につながるってほんと?」「毎日100種の生き物が絶滅しているってほんと?」など、様々な切り口から気候危機と生態系の関係をひも解く。

さらに、4月20日(火)以降の4日間は、eriと小野りりあんによるハンガーストライキの模様を配信。ゲストを招いたトークセッションや音楽ライブも予定している。


「ピースフル クライメイト ストライキ」のメインビジュアル。ハッシュタグ「#気候危機を止めよう」をつけたSNS投稿で活動に協力することもできる

誰ひとりとして他人事ではない気候危機。なじみ深いモデルや女優とともに現状を学びながら、環境活動に参加したい。

元記事で読む