1. トップ
  2. 小堺一機「心のつながりがとても密なドラマです」タイトルが結んだ縁により、“ずん”の出演が決定

小堺一機「心のつながりがとても密なドラマです」タイトルが結んだ縁により、“ずん”の出演が決定

  • 2021.4.15
  • 645 views

4月16日(金)、直木賞作家・山本一力氏の現代小説を映像化した「明治ドラマスペシャル ずんずん!」(夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が放送される。このほど主演の小堺一機が、放送に向けて作品に込めた思いを語った。また、同作には小堺と同じ事務所の後輩であり、タイトルとも深い“縁”を感じさせる、ずん(やす、飯尾和樹)も出演しており、2人もそれぞれ撮影時のエピソードを明かした。

【写真を見る】カメオ出演のずん・飯尾和樹とウド鈴木も“爪痕”を残す

小堺が演じる主人公は、ベテラン牛乳配達員・田代龍平。世話好きで周囲から“タツさん”と呼ばれ親しまれている人物だが、ある朝、担当エリアで“小さな異変”に気付く。

田代と同年代の女性が独りで暮らしている家には、いつもきれいに洗った空き瓶が玄関先に戻されているのだが、その日はそれが置かれていなかった。「もしや倒れているのでは…」と、彼女の身を案じた田代は、店長や同僚たちを巻き込んで、“ずんずん!”と力強い足取りで救出を試みる。

そんな人情派の“タツさん”こと田代を演じた小堺は「タツさんは、困っている相手を放っておけなくなっちゃう人。どこかで“こういう人、いいな”と思ってもらえたら…」と役柄への愛着を明かし、「今は“密”になったらいけない時代ですが、心のつながりがとても密なドラマです!」と作品をアピールした。

小堺、44歳差の鈴鹿央士を絶賛

小堺がドラマで主演をするのは、約16年ぶり。今回、久々に“座長”を務めたが、「“座長”を意識するというよりは、田村正和さんや平泉成さんの物まねでせりふを言ってみたりして、みんな、それで多少和んでくれたかな、とか…」と、さりげない気遣いで現場の雰囲気を盛り上げたことを明かした。

また、その現場で、今まで以上に感じたのは“共演者からの刺激”だったといい、「相手の方の表情や演技の刺激で、予想と違うお芝居が生まれたんです」と、役同士の“対話”が思わぬ効果を生んだことを告白。

特に、新人配達員・栗本翔吾を演じた鈴鹿央士とは「実に44歳も年の差があるのですが、とても自然に不器用な若者を演じてくれたので、彼とのシーンもとても好きでした」と、若き才能をたたえた。

タイトルつながりで、ずんの2人も登場

そして、同作では小堺の事務所の後輩であり、タイトルとも深い“縁”を感じる、ずんの2人も出演。

やすは、小堺演じる田代と同じ店のベテラン配達員・富岡大作役で登場。「とにかく元気にやりました」と、ひたむきに演じたことを明かした。

一方、相方の飯尾は、同じ事務所の芸人・ウド鈴木と共にワンシーンのみのカメオ出演。牛乳配達店に“助っ人”に来た人物を演じている。

田代龍平役/小堺一機コメント

――最年長の配達スタッフ、“タツさん”こと田代龍平を演じられましたが、役柄に込めた思いを教えてください。

タツさんは、困っている相手を放っておけなくなっちゃう人。昔はタツさんみたいな人、いっぱいいたんですよね。僕が子どものころは隣の住人のことはもちろん、近所の人のことはみんな知っていたり、そんなつながりがあったんです。

でも今の時代らしく、脚本もとてもリアルで“そういう人情ごっこはやめてください”みたいなことをタツさんが言われる場面もあって、バランスが取れていると思います。決して全員に賛同してもらえるわけではないと思いますが、どこかで“こういう人、いいな”と思ってもらえたらという気持ちで演じました。

今は“密”になったらいけない時代ですが、心のつながりがとても密なドラマです!

怒られてばっかりだった新人時代、帰り際にふっとやって来てフォローしてくれる大道具さんがいたのですが、その方のことを思い出して演じてみました。

――撮影に入って現場で感じたことは?

僕、これまではわりと“説明する役”が多かったのですが、タツさんは“対話する役”。だから、相手の方の表情や演技の刺激で、予想と違うお芝居が生まれたんです。相手の顔を見ていたら、自然と判で押したような言い方ではなくて、妙な“間”が入ったりして、“あっ、これいいな”と思って…。

今回の現場では、そういうことが何回もあったんです。ドラマって時々そういうことがあって10のプランを用意しておいてもそれとはまた違うことができちゃう瞬間がとてもうれしいんですね。

鈴鹿央士くんは21歳で、僕とは実に44歳も年の差があるのですが、すごく自然に不器用な若者を演じてくれたので、彼とのシーンもとても好きでした。

――“座長”を務められていかがでしたか?

今回の現場は全員、僕より年下で、タツさんも店で最年長の配達員という役柄でした。でもよく関根勤さんとも話すんですけど、僕、中身が25 、26歳で止まっているんですよ(笑)。芸能界に入ったとき、まわりがみんな年上だったころの感覚が今も根底に残っているんです。

なので、“座長”を意識するというよりは、現場で田村正和さんや平泉成さんの物まねでせりふを言ってみたりして、みんな、それで多少和んでくれたかな、とか…。そんなことはちょこちょこしていました。

実は僕、21、22歳ぐらいでドラマに初めて出演したとき、十数回連続でNGを出したんです。照明さんに「コイツなんなんだ!」とか嫌味を言われて余計アワアワしちゃって、ディレクターにも怒られて…。最後、棒読みになってOKもらったけど、放送を見たらカットになっていたんです。

今の若い方たちって緊張はしていると思うのですが、僕みたいにアワアワする人は一人もいないし、非常に軽々とおやりになる。だから、昔よりもすごいプレッシャーでしたね。

――若いキャストの皆さんとはどんな会話をされましたか?

鈴鹿くんも、あかね役の阿部純子さんも映画がお好きだったので、最近見た映画の話をよくしていました。撮休の前日に映画の話をしたら、次の撮影のときに「見てきました~!」って言ってくれたりして…。非常に反応が速い共演者の皆さんで、とても楽しかったです(笑)。

富岡大作役/やすコメント

――タイトルはもちろんのこと、先輩・小堺一機さんの主演作という“縁”の深い作品ですが、オファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

事務所の先輩で、大好きで尊敬している小堺さんとドラマの現場でご一緒できるなんてありがたい!という気持ちでした。なるべくご迷惑はかけまいと思っておりましたが、一度アドリブでせりふを足し過ぎたときに小堺さんの顔を一瞬曇らせてしまい、撮影のあとにそのことをふと思い出す度に身が引き締まっている次第です。

――ベテラン配達員・富岡大作を演じる上で、気を配られたことは?

監督さんに「とにかく元気で昔かたぎな人です」とアドバイスいただきまして、とにかく元気にやりました。元気を出しすぎて空回りしている可能性が大なんで、そこはご愛嬌(あいきょう)でよろしくお願いいたします。

――撮影はいかがでしたか?

小堺さんが終始、現場を楽しい空気にしてくださって、おかげで撮影しているのか、おしゃべりしているのか分からなくなるくらい自然とできました。小堺さんの演技に対する姿勢から、このドラマに対する思いが伝わりました。

――作品にちなんで“牛乳”や“宅配”にまつわる忘れられないエピソードを教えてください。

牛乳、大好きです。ロケ先の牧場で飲ませていただく牛乳とか最高です。牛さんに感謝しながらお辞儀をしながら飲んでます。あと、時々スーパー銭湯に行きますが、お風呂上がりのコーヒー牛乳、瓶で飲むんですよね。自然と腰に手を当てている自分に気付きますね。日常の要所要所で楽しませてくれる存在。それが牛乳です。

――視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

小堺さん演じる田代龍平さん、そしてドラマ全体から伝わってくる温かみを感じていただければ幸いです。健康にも良いドラマだと思いますので、ぜひチャンネルを合わせてください!

飯尾和樹(カメオ出演)コメント

――どんな役柄でカメオ出演されたのでしょうか?

小堺さん演じるタツさんの職場に“助っ人”に来た人物を演じました。撮影前、ウド鈴木くんといろいろ話しましたが、「いざとなったら、小堺さんと飛永くん(※配達員・山口伸介役/ラバーガール・飛永翼)が何とかしてくれるよ」と、いつも通り、小堺さんに甘えていく方針で決まりました。

――撮影はいかがでしたか? アドリブやNGなどは?

ウドくんが毎回、不自然なカメラ目線になっていました(笑)。

――「ずんずん!」というタイトルを聞いたときはどのように思われましたか?

正直、“ついに自分たちにも主演のドラマがくるようになったか!”と、ぬか喜びしました。

――作品にちなんで“牛乳”や“宅配”にまつわる忘れられないエピソードを教えてください。

牛乳は好きです。夜、寝ぼけて牛乳を飲もうとしたら間違えて、同じ形のパックの麺つゆを飲んでしまいました。ビックリして、まあまあデカい声を出してしまいました(笑)。

「ずんずん!」あらすじ

「まといミルク店」は、東京にある老舗牛乳販売店。最年長の配達員・田代龍平は、100軒近い家々をまわっては、玄関先の保冷ボックスに新しい牛乳を届けていた。

そんな田代たち配達員の頑張りを、店主・纏亮介の妹で看板娘の纏あかねが温かくサポートしていた。

ある日、配達スタッフに栗本翔吾という新人が加わった。栗本はコミュニケーションが苦手らしく、面接で「コンビニもネットスーパーもある時代に、なんで牛乳を配るんですか?」と平然と言い放ち、店内をピリつかせる。

教育係に任命された田代は仕事を教えながら「俺たちが届けているのは牛乳だけじゃないんだ!」と客との“信頼”を大切にする自らの信念を伝えるが、栗本にピンときた様子はない。

担当エリアでクレームが入っても納得がいかないのか、栗本は反省の素振りを見せず、田代にとってはどうにもつかみどころのない青年だった。

一方、栗本は栗本で、田代が親切心から宅配先でさまざまなおせっかいを焼くのを目の当たりにし、内心あきれていた…。

その矢先、配達中の田代は一軒の玄関先で異変に気付く。その家には田代と同年代の女性・湯川かおるが一人で暮らしているのだが、几帳面なかおるはいつもきれいに洗った空き瓶をボックスに戻しておいてくれているのに、その日は何も置かれていなかったのだ。

胸騒ぎを覚えた田代はすぐさまドアのチャイムを鳴らすが、反応はない。日常のやりとりで持病があることを知っていた田代は、かおるの身を案じ、彼女を救うために動き始める。

元記事で読む