1. トップ
  2. 乃木坂46久保史緒里主演「クロシンリ」に黒川智花、北香那ら出演決定

乃木坂46久保史緒里主演「クロシンリ」に黒川智花、北香那ら出演決定

  • 2021.4.14
  • 579 views

乃木坂46・久保史緒里主演の新ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」が4月22日(木)にカンテレ、5月1日(土)にBSフジでスタート。そのドラマの後半となる第3章(第5話、第6話)、第4章(第7話、第8話)に出演するキャストが発表され、黒川智花、北香那、森永悠希がコメントを寄せた。

【写真を見る】「バイプレーヤーズ」にも出演!北香那の劇中カット

同作は、カンテレ・BSフジ共同制作の痛快サスペンスドラマ。“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄(ほんろう)するミステリアスな女性・クロノサキにもてあそばれる人々をブラックユーモア満載に描く。

クロノサキは巧みに他人を操る、ドSで毒舌な謎の女で、そのクロノサキを連続ドラマ初主演の久保が演じている。

第3章は「サレ妻地獄から脱出するブラック心理術」がテーマ。エリート夫の不倫に気づくセレブ妻・美奈子を黒川が、挑発的な不倫相手・絵里を北が演じる。黒川は数々の映画やドラマに出演する演技派で、北はドラマ「バイプレーヤーズ」で名脇役たちのシェアハウスを管理する中国人女性役を演じ話題となった若手の注目株。

第4章は「毒親の支配を打ち破るブラック心理術」がテーマ。母に行動を監視され生活に息苦しさを感じ始めている、勤務医・正人を森永が演じる。森永は、連続テレビ小説「べっぴんさん」や大河ドラマ「花燃ゆ」などにも出演している。

黒川智花コメント

人間の真意に迫り、それを利用して言動を操る“ブラック”な心理術と聞いて、ホラー要素もあるのかな?と思っていたのですが、お話を読むとその鋭い心理術の中に人生を豊かにするヒントも隠れていて“ブラック”の奥深さを感じました。

今回、私は不倫をされるセレブ妻・美奈子を演じます。不倫はまさに心の駆け引きが繰り広げられると思うのですが、クロノサキのブラック心理術の影響は想像以上でした。突如現れたクロノサキが、美奈子の救世主になってくれたらと希望を込めて演じました。サレ妻の奮闘とブラック心理術が導く予想のつかないストーリーを楽しみにご覧ください!

北香那コメント

絵里という役は、私がこれまでに演じたことのないタイプの、いわゆる一見「嫌な女」という役柄です。絵里はなんだかとても自立していて、自分が正しいと思う道を貫くタイプの強い女性。人としての強さみたいなものにうらやましさを感じつつ、“初挑戦!”というワクワクした感覚も持ちながら、終始とても楽しく演じさせていただきました。

非日常的で、ふとした時に現実的でもある、そんな独特な世界観のドラマです。垣間見える絵里の心の闇の部分、それでも強く生きる絵里への共感も交えながら、楽しんで観ていただきたいです。

森永悠希コメント

台本を読んで、衝撃的でインパクトのあるストーリーだったので、どう演じていこうかすごく楽しみにしていました。僕が演じる正人は、一見毒親にさいなまれる息子のように見えるのですが、実は彼自身に問題があったり...(笑)。そのあたりも楽しんでみていただきたいです。

ストーリーに「“ブラック心理術”は、使い方次第で劇薬にも良薬にもなる」とあるのですが、演じてみて、改めて“本当にそうだな”と思いました。最終章では、果たして良薬になるのか劇薬になるのか...。このドラマを見れば、ビジネスの場面でも使える心理術がたくさん出てくると思うので、是非そこをうまく皆さんの生活にいかしていただければと思います!

「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」ストーリー

「気がつくと、いつもあの人の思い通りになっている」、誰もが一度はそんな思いを抱いたことがないだろうか。何気ない言動やしぐさを使って他者の行動や感情までも支配し、思いのままにコントロールすることができる術、それが“ブラック心理術”。人類の歴史に大きな影響を与えてきたともいわれる、この心理術を巧みに操る謎の女がいた。

女の名はクロノサキ(久保史緒里)。ドSで毒舌。そして神出鬼没。対人関係に悩む人の前にふっと現れては、「あんたバカ?」と見下しながらも、その悩みを解決するための“ブラック心理術”を指南する。

しかし、それは使い方を間違えると人の性格すら変え、ときに相手を社会的に抹殺してしまうほどの力を持つ。サキが授ける“ブラック心理術”は、人との関係を良好にする良薬なのか、使った者の人生さえも壊してしまう劇薬なのか。

職場で、学校で、家庭ですぐに実践できる、相手の心をつかみ、コミュニケーションを円滑にする話法やしぐさの極意などの心理テクニックをふんだんにちりばめながら、ミステリアスな女・サキにもてあそばれる人々のドラマをブラックユーモア満載に描く。

元記事で読む