1. トップ
  2. “老舗をろうほって…”読み間違いから意外な事実が発覚「勉強になりました」

“老舗をろうほって…”読み間違いから意外な事実が発覚「勉強になりました」

  • 2021.4.13
  • 27687 views

4月4日(日)、すゑひろがりず・南條がTwitterを更新。“老舗”の読み方について新しい発見があったことを報告し、ファンからも驚きの声があがっています。

“老舗”の読み方は?

出典: @GSOPnanjo

今回南條は、YouTubeチャンネル『すゑひろがりず局番』での、老舗のタマゴサンドを食べるという企画で起こった出来事を告白。

「動画みたら冒頭で老舗をろうほって読んでて恥ずーと思って」と、“老舗”を“ろうほ”と読んでいたことを明かします。間違えたと思った南條が“老舗”の読み方について調べたところ、“ろうほ”と“しにせ”、どちらの読み方も可能であることを知ったそう。

この投稿に、ファンからは「しにせしか読み方知らなかったので勉強になりました」「“ろうほ”とも言うのですね」「どっちでもええんやぁ〜」と、驚いた様子のコメントが寄せられていました。

南條の“想像を超える”忘れ物エピソード

南條は以前、Twitterにて衝撃の“忘れ物”エピソードを披露し、ファンから爆笑の声が寄せられました。

前日の夜、小道具を忘れないように「わざわざ起きてリュックの横に置いてから寝た」という南條。それにも関わらず忘れ物をしてしまったそうで、自宅に取りに帰ることになったと説明。家へ戻ったものの、なんと今度はルミネtheよしもとに家の鍵を忘れてきてしまったと言います。

この展開にはファンも驚愕の様子で、「びっくり度★★★」「嘘でしょ」「ぴえん超えてぱおん」などとコメントが殺到していました。

今回、“老舗”の読み方について投稿した南條。ファンからは「勉強になりました」などとコメントが寄せられる投稿となりました。

元記事で読む