1. トップ
  2. レシピ
  3. どうせ食べるならいいものを!ギルトフリーな食生活にオススメな商品4選

どうせ食べるならいいものを!ギルトフリーな食生活にオススメな商品4選

  • 2021.4.12
  • 3874 views

新型コロナウイルス感染症の影響により、まだまだ自粛ムードが続いていますが、そんな中で「食への罪悪感」を感じる人たちが増加中…。

今回は、自粛などで生活が乱れてしまい食に罪悪感を感じている方に、せっかく食べるならギルトフリー(罪悪感を感じない)な食生活へ切り替えるオススメの商品を4つピックアップして、ご紹介します。

「食への罪悪感」感じていませんか?

マルコメ株式会社の「外出自粛期間中の食生活」に関するアンケート結果によると、2020年2月以前と比較した自粛期間中の「食事への罪悪感」について半数以上の55%が罪悪感が「増した」と回答しています。

理由としては、「運動不足だから」が75%で最多となり、「在宅時間が増えてつい食べすぎてしまうから」が57%と2番目に多く、3番目は「健康意識が高まったから」29%という結果に。

一方、罪悪感が「変わらない」「減った」人では、「時間があり、食生活が丁寧になり、ポジティブな健康志向になったと感じる」ほか「動かなくなった分、食事に気をつけるようになったのでプラスマイナスゼロ」「外食が減り、手づくりごはんが増えた」など、食生活を健康的に変えたという回答が多く見られました。

そういった中、コロナ禍ではデリバリーやお取り寄せも増加しており、20〜40代は「高価・特別感のある食材」「食品ロス・フードロス削減に貢献できる食材」への購入しているという傾向も。

どうせ食べるならいいものを!ギルトフリーな食生活にオススメな商品4選

せっかく食べるならいいものを…!ギルトフリー(罪悪感を感じない)な食生活へ切り替える第1歩として、手軽に取り入れやすいオススメの商品を4つご紹介します。

1.乳製品を食べるなら…高たんぱく・脂肪0の『Ísey SKYR』

2020年3月に日本初上陸を果たした、アイスランド生まれの高たんぱく・脂肪0のヨーグルト『Ísey SKYR(イーセイ スキル)』。

“スキル”とは、アイスランドの伝統的国民食であり、1000年以上前のバイキングの時代から食べられているヨーグルトとチーズの間のような乳製品。日本ルナから販売している『Ísey SKYR』は、アイスランドのオリジナルレシピに基づいており、高たんぱく・脂肪0に加えてシルクのようになめらかな舌触りが特長です。

プレーンタイプはスムージーなどにアレンジしたり、マヌカハニーと一緒に食べると◎!

トロピカルミックス味、レモネード味のドリンクタイプのものもあるので、シーンよって色々と選べるところも取り入れやすく魅力的です。

2.アイスクリームを食べるなら…食物繊維たっぷり!さらに糖質10g以下の『SUNAO』

とうもろこし由来などの食物繊維といったこだわり素材を使用しているため、食物繊維たっぷり!さらに、糖質は10g以下に抑えています。

発売フレーバーは「バニラ」「ストロベリー&ラズベリー」「マカダミア&アーモンド」の3種類。

「バニラ」は、バニラビーンズシードが入った、華やかなバニラの風味と生クリームのまろやかな味わいです。

「ストロベリー&ラズベリー」は、甘酸っぱいベリーと、クリーミーなアイスが組み合わさり、コクのあるアイスが、苺とラズベリーの爽やかさを引き立てます。

「マカダミア&アーモンド」は、香ばしいマカダミアナッツやアーモンドと、コクのあるアイスの味わい。発酵バターを使用することでさらに奥深い味わいに!

3.肉まんを食べるなら…コレステロール0!なのにおいしさそのまま『大豆ミートまん』

1964年から「肉まん・あんまん」を展開している井村屋から、豚肉の代わりに植物由来の大豆ミートに置き換えた『大豆ミートまん』が登場。

竹の子、椎茸、玉ねぎなど食感がある具材と大豆ミートを合わせ、味付けには独自の植物性由来のブイヨンを使用し、野菜の旨味と甘みを実現しています。

肉まんと比較すると脂質が低く食物繊維も豊富でコレステロールが0なので、罪悪感なく深夜でも食べることができるのが嬉しいポイント。

何も言わずに出されても普通の肉まんと区別できない高クオリティです。食感ある具材が食べ応え抜群!

4.ジュースを飲むなら…1日に必要なフルーツが補える『イノセント まんま飲むフルーツ』

ヨーロッパNo.1のチルド果汁ドリンクカンパニーである「イノセント」の『まんま飲むフルーツ』は、果汁100%!

濃縮還元果汁は使っておらず、お水で薄めたりもしていません。さらに、甘味料、合成着色料、増粘剤も一切使用していません。

厚生労働省、農林水産省の「食事バランスガイド」の1日あたりのフルーツ摂取目安は200g

『まんま飲むフルーツ』は1本でフルーツ200g以上使っているため、フルーツそのものの味わいを楽しみながら、栄養も補給できる優れものです。

「おおまじめストロベリー」「やんごとなきマンゴー」「やんちゃなキウイ」の3種類を展開しています。

無理せずギルトフリーな食生活を!

我慢してしまうとどうしても続けにくいのが人間の性。無理なく、美味しく続けられるものを取り入れるべき!

今回ご紹介した4つのギルトフリーな食生活にオススメの商品は、どれもとても美味しく「食への罪悪感」を感じずに続けられるので是非気になった商品を取り入れてみてくださいね!

元記事で読む