1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 恥ずかしすぎる…思わず「終わった」と思った恋愛エピソード5選

恥ずかしすぎる…思わず「終わった」と思った恋愛エピソード5選

  • 2021.4.12
  • 25371 views

好きな相手に恥ずかしい姿を見られたら心的ダメージが大きいもの。可愛らしいすてきな女性でいたいと思えば思うほど、そうでなかったときに穴に入って隠れたいほどの恥ずかしさを感じますよね。ここではそんな、思わず「終わった」と思った恥ずかしいエピソードを聞いてみました。

「終わった」と思った恋愛エピソード

待ち合わせ場所にスカートがめくれた状態で登場

「彼との待ち合わせ場所に早く着きすぎたからトイレに行ったんだけど、そのときにスカートがパンツに挟まってしまったようで……。気づかずそのまま彼と合流。まだ付き合って2回目くらいのデートだったから、彼は何も言わず私の背後に回り続けていて。
どうしてだろうって不思議だったんだけど、彼がしばらくして言いにくそうに『スカートが……』って指さしてきて、恥ずかしくて消えたくなった」(20代/学生)

▽ スカートをパンツに挟んだままトイレから出てきてしまったことがある人、結構いるのではないでしょうか。指摘しにくい上に、そのままだと恥ずかしいですよね。

ハンドクリームと間違えて○○を…

「彼が初めて私の家に泊まりに来た日、緊張しすぎて、でも普段と変わらない日常を演じようとして、気づいたらハンドクリームと間違えて歯磨き粉を手に塗っていた。彼に『どうして手に歯磨き粉を塗っているの?』って真顔で聞かれて、緊張しているのがバレてすごく気まずかった」(20代/学生)

▽ 緊張しているとバレないようにするためにハンドクリームを塗っていたはずが歯磨き粉を塗っていて、動揺しているのがバレてしまったようです。可愛らしいですね。

夜空を眺めていたら…

「彼と帰り道に一緒に月を眺めていたんだけど、すごくきれいな満月でロマンチックだなーなんて思いながら夜空を眺めていたら、私だけ電柱にぶつかったこと。彼が『あっ』って事前に気づいて声をあげていたんだけど、私は気づかず激突。『月がきれいだね』なんて言いながら電柱にぶつかっている自分があまりにもかっこ悪くて泣きたくなった」(20代/公務員)

▽ 夜空がきれい! とうっとり眺めていたら、まさかの電柱に激突。ロマンチックな少女漫画から、一気にギャグマンガに変わった瞬間です。

「ジュース飲む?」と渡そうとしたら…

「中学生の頃、彼が私の家の近くの公園に来てくれてデートした。夏だったから途中で喉が渇いて、二人ともお金がなかったから『飲み物持ってくるね!』って慌てて家に帰ってまた公園に戻ったんだけど、そのとき渡したジュースがお醤油のボトルだった。あまりにも慌てたせいなんだけど、自分でも笑った」(20代/学生)

▽ ジュースとお醤油を間違えて家から持ってきてしまったそう。さすがに飲めませんよね。

タイツの上からパンツを履く

「寒いからタイツの上からパンツを履いていたんだけど、そのことをすっかり忘れて着替えていたら彼に見られてすごく恥ずかしかった。『なんでタイツの上からパンツを履いているの?』って突っ込まれて気づいた」(20代/広告代理店)

▽ 寒い日は、ババシャツの上にブラジャーを着たり、タイツの上にパンツを履いたりする人もいるようです。

元記事で読む