1. トップ
  2. メイク
  3. 今さら聞けない!?「基本のアイメイク」正しい順番と塗り方

今さら聞けない!?「基本のアイメイク」正しい順番と塗り方

  • 2021.4.11
  • 45593 views

4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立!自然体な大人メイクを伝導しているメイクセラピスト荻野愛子さんによる連載「史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド」では、朝のメイクで美人になるヒントを毎週ご紹介します♪

おはようございます。メイクセラピストの荻野愛子です。

デパートからドラッグストア、コンビニまで、実に様々なアイシャドウが発売されていますが

『このパレット、どう使うの?』

『私のアイシャドウの入れ方…これで合ってる?』

など、アイシャドウのつけ方について不安に思うことはありませんか?

朝時間.jp

今回は、新年度が始まったばかり!ということで、毎日のアイメイクに自信が持てない方のために「基本のアイメイクの順番と塗り方」をご紹介します♪

今さら聞けない!?「基本のアイメイク」正しい順番と塗り方

【1】ベースカラーは「眉の下」までたっぷり!
アイシャドウ
朝時間.jp

アイシャドウを塗る前に、まずはまぶた全体をファンデーションで整えていきましょう。ファンデーションはパウダータイプを使い、まつ毛の際、涙袋なと細かい所も丁寧に塗るのがポイントです。

スキンケア成分でしっとりした部分がまぶたに残っていると、時間が経った時にアイシャドウが崩れてしまうので、要注意です!

土台を整えたら、いよいよアイシャドウ。まずは、パレットの中にある明るいカラーのアイシャドウ(=ベースカラー)をつけていきしょう。

実はこのベースカラーの「範囲」が、目の大きさの印象を大きく左右します。

多くの方が、ベースカラーはまぶたの半分くらいの高さまでつけていると思いますが、目のキワから眉の下まで、まぶた全体にたっぷりベースカラーをつけるのが大切。

ベースカラーをたっぷりつけると、目が大きく、そしてバランスも美しく見えますよ。

【2】メインカラーは目を開けた時に「黒目の上」に見えるまで

次に、メインカラーです。

メインとなるカラーは、目を開けた時「黒目の上」に色が見えるくらいまで入れていきます。

ポイントは『中心部分』から塗り広げていくこと。この時、指でポンポンと伸ばしていくのもおすすめです。

目元
朝時間.jp

中心から眉毛の方へ、徐々に塗り広げるようにつけていきます。中心からスタートするだけで、自然でキレイなグラデーションが完成します。

そして、メインカラーは黒目の上が1番高くなるように、高さを出して入れていきます。目を開けて正面を見た時に、黒目の上にアイシャドウのメインのカラーが見えているくらいが目安です。

朝時間.jp

上の写真のように、目を開けた時にアイシャドウの色が見えていると、黒目の上に自然な影が入り、瞳を大きく見せる効果があります。

反対に、目を開けた時にアイシャドウの色が見えていないと、目が小さく見えてしまいますよ。

朝のメイク時、必ず鏡を正面から見て黒目の上にアイシャドウの色が感じられるかチェックしてみてください。それだけで目元にパッチリ感が出てきます。

【3】最後は「目の際にダークカラー」をON!

目の際(キワ)に使用するのは、アイシャドウパレットにある一番濃い色。

アイシャドウパレット
朝時間.jp

ちょうどチップの幅くらい(約3ミリ程)のダークカラーを目の際に入れていきます。

下の写真のように、チップを寝かせてまつ毛とまつ毛の間を埋めるように入れていくと、完成した時に立体感のある目元に仕上がります!

アイメイク
朝時間.jp

まとめ

アイシャドウパレット
朝時間.jp

基本のアイメイクの順番と塗り方のポイントは、以下の3つ。

  • ベースカラーは眉の下まで広く入れる
  • メインのカラーは中心から!目を開けた時に黒目の上に色が見えるようにON
  • ダークカラーで目の際を引き締める

特に、2つめの「目を開けた時に黒目の上に色が見えるようにONする」コツは、とても効果が大きいです!ぜひお試しください♪

☆この連載は<日曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

元記事で読む