1. トップ
  2. 芳根京子、大勢の役者がそろった現場は「毎日クランクインみたいな気持ちでした」

芳根京子、大勢の役者がそろった現場は「毎日クランクインみたいな気持ちでした」

  • 2021.4.10
  • 363 views

女優の芳根京子が、4月9日に東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた映画「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜」の初日舞台あいさつに登壇。田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、北香那、松居大悟監督らと共に、撮影の思い出などを語った。

【写真を見る】柔和な笑顔で一生懸命に手を振る芳根京子

冒頭のあいさつでは芳根は「この時代に初日を迎えられる喜びをすごく感じています」と、コロナ禍の中、予定通りに公開された喜びを伝えた。

若手から中堅、大御所まで100人を超える個性派キャストが大集合した本作。若手チームは濱田岳が「役名が本名と同じなので、距離が縮まる時間が短かったような気がします」と話していたように、芳根もすぐに同世代の他のキャストたちと仲良くなれた様子。

しかし、大先輩の役者も多数出演しているということで高杉が「たくさん人が集まる現場なので、『はじめまして、高杉真宙です!』って、毎日あいさつするタイミングがあって、それが緊張しました」と明かすと、芳根も「本当に毎日『はじめまして』だったので、毎日クランクインみたいな気持ちでした」と笑顔で話し、撮影について「ドラマの中で2度目の朝ドラを経験させてもらって面白かったです」と振り返った。

途中、本作のキーキャラクター犬の“風(ふう)”もステージに登場。その愛くるしさにキャスト全員の顔がゆるみ、菜々緒は「風はおとなしくて撮影も順調でした」と、濱田も「炎天下の中、すごく走ってくれました」と撮影時の風について語った。

スクリーンにキャストそれぞれが風と一緒の写真が映し出されると、高杉は「すごく仲良さそうな写真ですけど、画面に映されると恥ずかしいですね(笑)。すごく人懐っこくて、人が好きなんだなって思いました」と風の印象を語ると、芳根も「風は、私が手のひらを向けると、そこに手を乗せてくれるんです。なので、ハイタッチみたいな写真が撮れました」と、写真を見ながら思わず笑顔がこぼれた。

「バイプレイヤーズ」は、日本を代表する名脇役たちが本人役で出演するという斬新さが話題となった2017年放送の「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」に始まり、翌年にはシーズン2となる「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」、2021年1月からは新シリーズ「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」もテレビ東京系で放送された。その人気シリーズが映画化。芳根京子も“芳根京子”役で出演している。

映画「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜」は公開中。

◆取材・文・撮影=田中隆信

元記事で読む