1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼の負担になってない?関係が長続きする「期待しすぎない恋愛」とは

彼の負担になってない?関係が長続きする「期待しすぎない恋愛」とは

  • 2021.4.9
  • 725 views

彼氏になにか「してもらえる」と、愛を感じるものですよね。

しかし、いつもしてもらってばかりだと、彼の負担にもなりかねません。

そんな事態にならないように今回は、彼氏との関係を長続きさせるための「期待しすぎない恋愛」について解説していきます。

「察してほしい」をやめる

不満を感じたり、気分を害されたりしたとき。

「彼氏なら、私の気持ちに気付いてくれて当然じゃない?」と考えて待ちすぎないことも、求めすぎない恋愛のひとつ。

もちろん、少しくらいは期待してもかまいませんが、“気付いてくれないこと”に本気で不満をぶつけないようにしたほうがいいでしょう。

むしろヒントを出してあげて、気付いてくれたときには、「ありがとう」と感謝を伝えることができれば素敵です。

それから、「○○なとき気づいてくれたら嬉しい」「○○してくれたら楽」と伝えていけば、おのずと意思疎通がスムーズになり、自然と長続きしていくはずです。

自分からも提案する

大好きな彼にエスコートされると、幸せな気持ちになるでしょう。

でもデートに誘ってくれることをはじめ、デートの行先やお店、すべてを彼にお任せしていると、優しい彼もさすがに疲れてしまうかも……。

ぜひ、「彼といったら楽しそう」「彼が喜んでくれそう」という気持ちで、自分からも誘って、いろいろ提案することを心掛けてみましょう。

ふたりで一緒に幸せを作っていく。

そんな意識があれば、もちろん彼も嬉しいですし、長続きしやすいはずです。

問題にはきちんと向き合う

長く付き合っていると、どうしても目に見えてくる“マンネリ化”問題。

でもマンネリを感じたら、「きっと彼がなんとかしてくれる」

「彼が刺激を与えてくれる」と、マンネリ対策を彼に求めすぎないほうがいいでしょう。

まずは自分からアクションを起こしたり、デートの仕方を率直に話し合ったりすることで、彼に真剣な気持ちを伝えることができますよね。

ふたりの心がもっと深い愛情や、信頼関係を求め合えば、さらに長続きするヒントが見えてくるはずです。

コンプレックスは自分で解消する

誰しも自分に対し、なにかしらのコンプレックスを持っているものですよね。

可愛くて優しくて、完璧に見えるあの子でもそうでしょう。

ただ、そんなコンプレックスを、付き合うことで彼氏が解消してくれると期待していませんか?

つまり、彼氏に愛され優しくされ、自分に価値を感じることで、自信に満ち溢れた女性に変えてもらうようなイメージでしょうか。

でも、結局のところ変わるのは自分自身ですよね。

コンプレックス解消を彼に求めすぎてしまうと、優しい彼を疲れさせてしまう可能性もあります。

自分から積極的に彼を愛することで、自ら自身の価値を高めていく意識を持ちましょう。

その意識こそ、長続きの秘訣となるはずです。

「期待しすぎない」を念頭に

「そういえば、そんなことを期待しているかも……」というポイントはありませんでしたか?

もちろん、まったく求めてはいけない、ということではありません。

でも一度傾いた意識は、エスカレートしてしまう傾向にあります。

ときどき自分の意識を見つめ直してみることも、関係を長続きさせるためには必要なことかもしれませんね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む