1. トップ
  2. ファッション
  3. 足取りも軽くなる“シャツワンピ”4選。選ぶポイントは〈襟元〉です

足取りも軽くなる“シャツワンピ”4選。選ぶポイントは〈襟元〉です

  • 2021.4.9
  • 726 views

寒い冬お世話になったニットワンピの代わりに、新しく準備するならシャツワンピがおすすめ。一枚でももちろん、羽織りとしても頼りになる存在です。

ぽかぽか陽気のお出かけに欠かせない、私たちの春の一張羅といえましょう。

1.淡い色味のストライプが春らしさ満点なリノの新作。着丈長めのビッグシルエットだから、レイヤードスタイルにも重宝しそう。3万800円(グッドスタンディング) 2.アールエヌエーエヌのシャツワンピは、透け感のある生地が◎。麻繊維の一種、ラミー100%でナチュラルな雰囲気を楽しめる。1万5400円(タカヤ商事RNA事業部)3.パキッとした生地を使用したティッカのストライプシャツ。短めの着丈で着こなしも上品に。前身頃の裾がラウンドしているのもポイント。2万8600円(シップス 有楽町店) 4.白Tの上から羽織るだけでサマになるシャツワンピをシップス エニィが色別注。春らしいイエローは、デニムのインディゴにも好相性。9900円(シップス エニィ 渋谷店)
衿元にもこだわってみる

つい色や柄、素材などに気を取られがちだけど、今年はぜひ衿の形にもご注目くださいませ。ちょっとしたディテールだけど、結構雰囲気変わるんです。

バンドカラー

首回りをスッキリ見せてくれる効果アリ。たっぷりとした春アウターを着ても、メリハリの効いたスタイルに。

オープンカラー

小顔効果を期待できる開いた衿元が特徴。タートルネックをインナーに選ぶと、ひんやりとした春風対策も万全。

ワイドカラー

肩幅が広い人によくなじむ、ビジネスシャツ定番の衿型。コーディネートに上品さを追加したいときおすすめ。

レギュラーカラー

じつは衿の開きや長さの定義が、時代に合わせ微妙に変化。だからこそベーシックな装いでも今っぽく仕上がる。

[LaLa Begin 2021年 4-5月号の記事を再構成]写真/柏田テツヲ 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 丸山亜紀 桐田政隆 妹尾龍都 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/上川タカエ(mod’s hair) モデル/瀬戸かほ イラスト/Yunosuke moeko.y ※掲載内容は発行時点の情報です。

元記事で読む