1. トップ
  2. インテリア
  3. 青山「スパイラル」で「TILE KIOSK」のポップアップが開催。鍋敷きやインテリアにも

青山「スパイラル」で「TILE KIOSK」のポップアップが開催。鍋敷きやインテリアにも

  • 2021.4.9
  • 1496 views

2021年4月9日(金)から18日(日)までの期間、青山の「スパイラル」にて多治見のタイルを一枚から購入できるオンラインストア「TILE KIOSK」がポップアップストアを開催。岐阜県多治見市産のタイルがバリエーション豊富に揃う。

約1300年続く焼き物文化がある岐阜県多治見市。特産物として有名な多治見タイルは、独自の焼成方法による、温かみある風合いや、深みのある発色が特徴だ。

そんな多治見市を拠点に、スイス出身のデザインディレクター、ダヴィッド・グレットリが2020年に〈多治見カスタムタイル〉をスタート。国内外の建築デザイナーに向け、オーダーメイドのタイルを手がけている。同年の1月には多治見タイルを販売するブランド「TILE KIOSK」を立ち上げ、スパイラルでポップアップストアをオープンし好評を博し、今年1月からオンライン販売もスタートした。

2度目の開催となる今回。店頭では、周辺の窯元に保管されていたデッドストックや、貴重な試作品、長年愛され続けている定番など、多種多様なタイルが並ぶ。作られた背景や年代も違えば、形もさまざま。オーソドックスな四角型や丸型だけでなく、花を模したものや立体的なものなど、見ているだけで楽しくなってくる。すべて一枚から購入することが可能だ。

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥3,300

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥880

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥1,320

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥1,320

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥880

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥2,200

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥3,300

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥3,300

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥1,320

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥880

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥880

「TILE KIOSK」で販売されるタイル。¥440

床や壁に貼るのはもちろん、鍋敷きや小物入れ、インテリアのアクセントなど、アイデア次第で幅広く活用できるタイルが勢揃い。一期一会の掘り出し物を探してみては?

元記事で読む