1. トップ
  2. ファッション
  3. スニーカー大好きモデル有末麻祐子が選ぶ「2021年春夏スニーカー」BEST5

スニーカー大好きモデル有末麻祐子が選ぶ「2021年春夏スニーカー」BEST5

  • 2021.4.9
  • 7226 views

CLASSY.ONLINEでは春も人気集中のトレンドスニーカーをブランドやカテゴリー別で紹介しました。今回は、特別編として、記事のモデルを務めた有末麻祐子さんが登場。自宅にはなんと約50足ものスニーカーコレクションを誇る有末さん。今回撮影で履いた約50足のスニーカーから「今春欲しい5足」をピックアップ。スニーカーマニアならではのコメントもいただきました!

「大人に履けるダッドスニーカーが気になっています!」(有末さん)

スウェット¥37,400(エイトン/ビームス ハウス 丸の内)Tシャツ¥9,680(スローン)スカート¥42,900(エイトン/エイトン青山)ブレスレット¥5,250(アビステ)

「今年も引き続きダッドスニーカーが気になっていて、セットアップに合わせられるようなかっこいいデザインを探しています。ただボリュームがあるものではなく、大人っぽく履けるものが理想。色は真っ黒かベージュ、クリームカラーのようなニュアンスがあるものが合わせやすくて良さそう!」(有末さん)

モデル・有末麻祐子の「この春押さえておくべきスニーカーBEST5」

第5位
なじませグレーはこの春とことん使える
「グレーのスニーカーは今までチャレンジしたことがなかったけど、グレー&ブルーの配色がすごく可愛い!淡い色を着たい春には、履き回しやすいと思います。白だと映えすぎて、黒だと重すぎる絶妙な気分のときに、コーデの救世主になってくれるはず」
スニーカー¥10,240(リーボック/リーボック アディダスお客様窓口)

第4位
履いて驚く軽さと歩きやすさが特徴
「ぽてっとした形と厚底なところが可愛い!スニーカーは基本ソールがホワイトのデザインのほうがコーデに合わせやすいやすいので、シューレースからソールまでトーンを合わせているこのスニーカーは上級者風のイメージ。ベージュのスニーカーはいくつかコレクションしているけど、ボリュームあるデザインのものがないから気になります!」
ベージュスニーカー「UGG® CA805」¥19,800(UGG®/エミ ニュウマン新宿店)

第3位
「どこの?」って思わず聞きたくなる魅力的な一足
「グラディエータータイプのスニーカーがコンバースから登場しているなんて知りませんでした!パンツに合わせてもおしゃれだし、コンバースのソールだからすごく楽。寒さが残る春先はソックスを合わせてもいいし、暑くなってきたら裸足でもあり。季節をまたいで活躍してくれますね!」
白スニーカー「オールスター クップ グルカサンダル OX」¥16,500(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

第2位
重く見えがちだけど実は軽く履ける!
「NIKEのこのスニーカーは形に一目惚れ。黒って合わせのカラーというイメージがあるけれど、メッシュの切り替えが入っていて重すぎないし、かかとのデザインにひねりがあって、ただの黒スニーカーではない一足。ペンシルスカートなど女性らしいシルエットのコーデに、メンズライクなスニーカーをミックスしても可愛いかも」
黒スニーカー「NIKE FONTANKA EDGE」¥17,050(ナイキ スポーツウェア/NIKE カスタマーサービス)

第1位
こだわりの光るディテールが新鮮
「アニマル柄、シャーベットカラー、異素材ミックスと今季のトレンドが詰め込まれている欲張りな一足。ちょうどよくスポーティに履けて可愛い!エアソールのスニーカーはあまり持っていないから気になりますね。派手に見えるのに、中和されていて大人っぽくて不思議」
スニーカー「FUGA AIR」¥38,500(デイト/ティースクエア プレスルーム)

ということで、今回の有末さんのおすすめスニーカー1位はデイトの「FUGA AIR」でした!

なんとなくコーディネートがマンネリ化してしまうのは、足元がアップデートできていないからかも。今春夏の着こなしには、スニーカーマニア・有末さんのアドバイスもぜひ参考にしてみてくださいね。

【問い合わせ先】アビステ 03-3401-7124/エイトン青山 03-6427-6335/エミ ニュウマン新宿店 03-6380-1018/コンバースインフォメーションセンター 0120-819-217/スローン 03-6421-2603/ティースクエア プレスルーム 03-5770-7068/NIKE カスタマーサービス 0120-6453-77/ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686/リーボック アディダスお客様窓口 0570-033-033

撮影/川崎一貴(MOUSTACHE)<人物>、草間智博<静物> モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/小松胡桃<ROI> スタイリング/中村真弓 取材/角田枝里香 構成/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

元記事で読む