1. トップ
  2. おでかけ
  3. 東京駅直結「東京ミッドタウン八重洲」22年8月竣工 - 商業施設やブルガリ ホテル、バスターミナル他

東京駅直結「東京ミッドタウン八重洲」22年8月竣工 - 商業施設やブルガリ ホテル、バスターミナル他

  • 2021.4.8
  • 665 views

東京駅直結「東京ミッドタウン八重洲」22年8月竣工 - 商業施設やブルガリ ホテル、バスターミナル他

「東京ミッドタウン八重洲」が、2022年8月に竣工予定。

www.fashion-press.net

3つめの「東京ミッドタウン」が八重洲に誕生

三井不動産が「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」として進めていた再開発により、港区赤坂の「東京ミッドタウン」、「東京ミッドタウン日比谷」に続く3番目の東京ミッドタウンが誕生することとなる。現在、東京駅前3地区で進行中の再開発事業の皮切りとなる大規模再開発プロジェクトだ。

八重洲は、日本全国に繋がる新幹線をはじめ、鉄道、地下鉄、バスなど多彩なターミナル拠点であり、空港へのダイレクトアクセスが可能な鉄道・バス路線を有するなど、まさに“日本の玄関口”となる地だ。また、あらゆる繋がりから“夢を抱く人が集う街”でもある。そんな思いをのせ、今回の再開発は「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド ~日本の夢が集う街。世界の夢に育つ街~」というコンセプトを掲げた。

日本初「ブルガリ ホテル 東京」や国内最大規模のバスターミナルなど

ビルは、地下4階・地上45階。地下1階は、隣接する八重洲地下街(ヤエチカ)およびJR「東京」駅と接続し、隣接する「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」竣工後には、東京メトロ銀座線「京橋」駅まで直接アクセスが可能となる。また、地下1階だけでなく2階も接続される予定だ。

地下2階は、東京駅の歩道上に分散している高速バス停留所を集約した国内最大規模のバスターミナル、地下1階から3階までは商業ゾーン、39階から45階まではブルガリ ホテルズ & リゾーツ日本初進出となる「ブルガリ ホテル 東京」が入る。さらに小学校や会議室、会員制フィットネスなども備え、隣接するビルには子育て支援施設を有するなど、新たな働き方にも寄り添うテナントとなっている。

【詳細】
東京ミッドタウン八重洲
竣工時期:2022年8月予定
住所:東京都中央区八重洲二丁目地内 他
《A-1 街区》
用途:事務所、店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、駐車場 等
階数/最高高さ:地上 45階 地下 4階 ペントハウス 2階/約240m
《A-2 街区》
用途:事務所、店舗、子育て支援施設、駐輪場、駐車場、住宅 等
階数/最高高さ:地上 7階 地下 2階 ペントハウス 1階/約41m
アクセス:JR「東京」駅 地下直結(八重洲地下街経由)、東京メトロ丸の内線「東京」駅 地下直結(八重洲地下街経由)、東京メトロ銀座線「京橋」駅 徒歩3分、東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋」駅 徒歩6分

元記事で読む