1. トップ
  2. おでかけ
  3. グランピング施設「スモールプラネット」ビーチ&夕日を望む千葉・稲毛海浜公園に、BBQやサウナも

グランピング施設「スモールプラネット」ビーチ&夕日を望む千葉・稲毛海浜公園に、BBQやサウナも

  • 2021.4.8
  • 3452 views

グランピング施設「スモールプラネット」ビーチ&夕日を望む千葉・稲毛海浜公園に、BBQやサウナも

グランピング施設「スモールプラネット キャンプ&グリル(small planet CAMP&GRILL)」が、2021年4月22日(木)に千葉・稲毛海浜公園内にグランドオープンする。

www.fashion-press.net

新グランピング施設「スモールプラネット」千葉・稲毛海浜公園内に

今回オープンする「スモールプラネット キャンプ&グリル」は、稲毛海浜公園内の恵まれた自然環境を活かした新たなグランピング施設。木々や海に囲まれた豊かな自然の中で、贅沢で快適なグランピング体験を提供していく。

オープン当初、宿泊テントは“スタンダード”“プレミアム”と周囲から完全に独立した“プレミアム(フォレストエリア)”の3種で全8棟を用意。いずれの宿泊テントも冷暖房完備、プロジェクターやBluetoothスピーカーなどが備え付けられる。

朝夕日望むホワイトビーチ&星空眺めるアウトドアバス

施設内で注目のエリアとなるのが、朝日と夕日を望むことが出来るホワイトサンドビーチ。オーストラリアから運んだ真っ白な砂を導入したビーチとサンライズ、サンセットが織りなす景色は圧巻。同エリアでは、ヨガやマインドフルネスといったイベントも開催される予定だ。

開放的なシチュエーションでで楽しむ露天風呂「星空アウトドアバス」も注目。石を積み上げた囲いの中にシャワーと浴槽を設置したシンプルな作りとなっており、傍にはテント型サウナを併設。星空や焚火のヒーリング効果を感じながら、日々の疲れを癒し、心身共にリフレッシュすることが出来る。

地元食材を使った贅沢フード、カフェやBBQエリアも

また、施設で提供する地元食材をふんだんに使ったダイニングメニューも魅力。「スモールプラネット キャンプ&グリル」専属のフレンチシェフが考案した、バラエティ豊かなメニューをラインナップし、宿泊ゲストにはラグジュアリーな朝食も提供する。

さらに、施設内にはバーベキューエリアとカフェエリアも登場。宿泊ゲスト以外でも日帰りで利用することが可能となっている。その他にも、池の畔で食事を楽しめるウォーターフロントダイニング、食物販や雑貨を扱うキオスクなどを展開する。

【詳細】
スモールプラネット キャンプ&グリル
グランドオープン日:2021年4月22日(木)
住所:千葉県千葉市美浜区1高浜7丁目2番1号
TEL:043-215-7350
施設概要:
・グランピングエリア:全8棟(今後順次増設予定)
・BBQエリア:30サイト
・カフェエリア:席数 21卓 32席(52.61㎡)
営業時間:
・グランピングエリア:チェックイン15:00〜チェックアウト10:00
・BBQエリア:平日一部制11:00〜14:00、休日二部制 11:00〜14:00、17:00〜20:00
・カフェエリア:平日9:30〜17:00(L.O.16:00)、休日11:00〜20:00(L.O.19:00)

元記事で読む