1. トップ
  2. 恋愛
  3. ヘイリー・ビーバー、「最も失礼なセレブ」に認定された事件を語る「とても動揺した」

ヘイリー・ビーバー、「最も失礼なセレブ」に認定された事件を語る「とても動揺した」

  • 2021.4.8
  • 302 views
ELLEgirl

昨年Tik Tokに元ウェイトレスのジュリア・カロランがある動画をアップした。テーマは「態度のいいセレブ、悪いセレブ」。働いていたレストランに来たセレブの態度を独自に採点、誰が親切で誰が失礼だったかを暴露した。ジュリアによると一番親切だったのはジジ・ハディッドとベラ・ハディッド姉妹。10点満点で10点をつけている。一方最も失礼だったのはヘイリー・ビーバー。ジュリア曰く「何度も接客しているけれど、いい感じだった試しがない。10点満点で3.5点。ごめんね」。

最近YouTubeにチャンネルを開設し、自分が興味のあるテーマについて語っているヘイリー。先週に続いて今週のトピックもメンタルヘルスとSNS。心理学者のジェシカ・クレモンスとの対談第2弾を公開、その中でこの出来事について触れている。「Tik Tokの動画を見たときとても動揺して苦しんだ。人に失礼な態度をとっていいわけがない。彼女がそういう経験をしたのは申し訳ないと思ったけれど、人がどういう経験をしているのかは他の人にはわからないもの。だから少しイライラした。私にはつらくて悲しくて、人と関わるのがとても大変だった時期があった」とコメント、メンタルが不安定になっていて周囲に親切な態度が取れない時期があったと振り返っている。

ヘイリーは「彼女にそういう態度をとっていなければよかったのにと思った。私は人間だし間違いもあった。私らしくない行動をしてしまったり望まないような振る舞いをしてしまったこともある。私は毎日よりよくなりたいと思っている。人として成長し続けたい」。また自分を正してくれる人に心をオープンにしたいとも。でも「それが SNS上の人である必要はない」。SNSで人の態度を批判することについて疑問を呈している。

ちなみにヘイリーはジュリアの採点が話題になったときもTik Tokのコメント欄に謝罪の言葉を綴り、ジュリアから「ヘイリーは責任感のクイーンね」と賞賛の言葉を受け取っていた。それでも再び話題にしたところを見るとあの動画で追った心の傷は大きかったよう。

courtesy of Hailey Bieber via Youtube

元記事で読む