1. トップ
  2. ファッション
  3. トップスに「ほどよい甘さ」が今っぽい丨ブラウス+デニムコーデ6選

トップスに「ほどよい甘さ」が今っぽい丨ブラウス+デニムコーデ6選

  • 2021.4.7
  • 976 views

デニム=なんでも合うからこそ、どんなトップスを選ぶかがスタイリングの完成度を大きく左右。今すぐ着られる新しさで気分を上げたり、あらためてベーシックを見つめ直したり。デニムと一緒なら、見慣れないものも身近に感じることが可能に。新しいものであふれるこの時期。コートの下から気分を変えてくれる楽しいトップス探しをスタート!

これから合わせたい新定番
>>「デニムありきの甘い装飾」
シンプルなデニムに特別感をもたらす、糖度高めのデザイン。大げさなフリルや着映えする赤など、振り切った要素もデニムの親しみやすさが手伝ってリアリティのある装いに。

【画像一覧】ほどよく甘いブラウス+デニム


ボウタイブラウスもデニム素材でセットアップ的に装う
デニムブラウス /Saki Kojima et MADEMOISELLE ROPE(マドモアゼル ロペ) デニムパンツ/マザー(サザビーリーグ) 腕時計/セイコー プレザージュ(セイコーウオッチ お客様相談室) ブーツ/A de Vivre 太めのタイが存在感を発揮。


あせたデニムに寄り添う繊細なレースづかい
ベージュブラウス /ビリティス・ディセッタン(ビリティス) デニムパンツ /エージー(コロネット) バッグ +税/VIOLAdORO(ピーチ) ふわっとしたAラインや、ひかえめなフリルをまろやかなベージュのブラウスにあしらい、華やかさと心地よい見た目を両立。


緊張感のある甘さもたまにはいい
レースブラウス/venit(ハルミ ショールーム) デニムパンツ/H&M(H&M カスタマーサービス) パフスリーブに背中開き、ハッとさせるクリーンな白。かわいげのなかに強さを感じさせるデザインなら、飾らないブルーデニムと合わせても大人っぽさはくずれない。


光沢のある赤にパフスリーブ。わかりやすい女らしさを1枚に
パフスリーブブラウス/TOMORROWLAND collection(TOMORROWLAND) デニムパンツ/FILL THE BILL(4K) ボリューミィなそでにほんのりとしたツヤ、高発色の赤など、ドレスライクな1枚。やや構築的&ハリのある素材なら、甘いだけでなく強さもかなう。


埋もれず目立ちすぎない、えりの微差
えりつきブラウス/ホリデイ デニムパンツ /リーバイス® オーソライズド ビンテージ(リーバイ・ストラウス ジャパン) フリルがついたビックカラーも、黒だとくどくない。デニムはクリーンな白を選び、モノトーンでまとめることで幼さも回避。


ブラウンの渋さをはらう、凝ったレースの装飾
ブラウンブラウス /サニーレーベル(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店) デニムパンツ/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) バッグ/MARROW(4K) サングラス/EYEVAN(アイヴァン PR)

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

元記事で読む