1. トップ
  2. ヘア
  3. ペタンコ髪も根本からふんわり!束感でツヤも出る大人のショートヘア

ペタンコ髪も根本からふんわり!束感でツヤも出る大人のショートヘア

  • 2021.4.7
  • 3887 views

髪が細くて柔らかいとボリュームが出にくいうえに、ツヤのないパサついた印象に見えてしまう大人世代の髪。

「年齢を重ねた髪はハリが失われ、根元からペタッとして割れ目がつきやすくなっています。そんな時は、束感を作るとふんわりとしたスタイルに仕上げることができます。アイロンで毛束をつくるのでツヤも出せて一石二鳥です」(ZACC vie スタイリスト 宮川勇人さん)

それでは、大人の髪悩みをカバーできる束感のつくり方をご紹介します。

【お悩み】パサついて見える髪に自然なツヤ感が欲しい!

ショート代表:松下佳代さん(41歳/看護師)のお悩みを解消するには…

■髪型:膨らみやすい耳の後ろをカットして丸みのあるフォルムに仕上げる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
松下さんのHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

髪が細くて柔らかく、ボリュームが出にくい松下さんの髪。

「大人世代に多いのが、トップのボリュームが出にくいのに、襟足から耳の後ろにかけては毛量が多く、膨らみやすいという悩み。フォルムが四角くなりやすいので、丸さを出すようにカットするとバランスのいいスタイルになります」(宮川さん)

■スタイリング:毛束をひとつまみずつストレートアイロンに通して束感をつくる

ストレートアイロンで束感をつくるときは強く挟まず、スーッと通すのがポイント。

「強く挟むと毛束に折り目がついてしまうので注意して。毛束はひとつまみずつ取るのもポイント。量を取り過ぎるとふわっとした空気感がつくれないので量を加減してください」(宮川さん)

スタイリング前
スタイリング前
■1:前髪をカーラーで内巻きにする
前髪を前に引っ張りながら、毛先から根元まで巻く。
前髪を前に引っ張りながら、毛先から根元まで巻く。
■2:ランダムにひとつまみずつ毛束を取りストレートアイロンに通す
毛束の中間から毛先にかけて、後ろに流すようにストレートアイロンに通す。
毛束の中間から毛先にかけて、後ろに流すようにストレートアイロンに通す。
■3:髪を引き上げるようにワックスをなじませる
両手のひらにワックスを広げたら、内側から毛先にかけて引き上げるようになじませる。
両手のひらにワックスを広げたら、内側から毛先にかけて引き上げるようになじませる。
<老け見えを食い止めるポイント3カ条>
  1. 前髪は根元を立ち上げず、丸みをつくるように巻く
  2. 毛束をアイロンに通すときは量を多く取り過ぎない
  3. ワックスは下から揉み込まず、髪全体を引き上げるようになじませる

「ワックスを下から揉み込んでなじませるとボリュームが出すぎてしまいます。髪全体を引き上げながらなじませると、ちょうどいいふんわり感が生まれます」(宮川さん)

ZACC vie スタイリスト・宮川勇人さん。昨年の8月からトイプードルを飼い始めたとか。「ペット不可の家に住んでいたので、犬を飼うために家を購入しました」@zacc_hairsalon
ZACC vie スタイリスト・宮川勇人さん。昨年の8月からトイプードルを飼い始めたとか。「ペット不可の家に住んでいたので、犬を飼うために家を購入しました」@zacc_hairsalon

問い合わせ先

ZACC vie
住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
TEL:03-5468-5882
営業時間:平日12:00~21:00、土・日・祝日10:00~19:00 火曜定休(祝日の場合は水曜休)

さりげなくトレンドを取り入れながらライフスタイルに合ったスタイルを提案してくれる。
さりげなくトレンドを取り入れながらライフスタイルに合ったスタイルを提案してくれる。
元記事で読む