1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 土屋太鳳×福原遥×工藤阿須加、吉浦康裕監督の長編アニメ映画『アイの歌声を聴かせて』出演へ

土屋太鳳×福原遥×工藤阿須加、吉浦康裕監督の長編アニメ映画『アイの歌声を聴かせて』出演へ

  • 2021.4.7
  • 541 views
(上段左から)工藤阿須加、土屋太鳳、福原遥、(下段左から)日野聡、興津和幸、小松未可子 (c)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

今秋公開される長編オリジナルアニメーション映画『アイの歌声を聴かせて』に、土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加が出演することが決定した。

本作は、『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、『イヴの時間』で東京国際アニメフェアOVA部門優秀作品賞を受賞した吉浦康裕が原作・監督・脚本を務める最新作。『∀ガンダム』『コードギアス 復活のルルーシュ』『ルパン三世 PART5』の大河内一楼が共同脚本を手がけ、『海辺のエトランゼ』原作者で漫画家・紀伊カンナがキャラクター原案を担当。『ワンパンマン』『斉木楠雄のΨ難』『食戟のソーマ』のJ.C.STAFFがアニメーション制作、『のだめカンタービレ』『ハチミツとクローバー』の島村秀一が総作画監督を務める。

土屋が演じるのは、学力優秀でスポーツ万能な転校生・シオン。2017年に公開されたカナダとフランスの合作アニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』で主人公・フェリシーの声を務めた経験のある土屋は今回、劇中で歌声も披露する。

シオンが転校してきたクラスのクラスメイト・サトミを演じるのは福原、サトミの幼なじみで機械マニアのトウマ役を、声優初挑戦の工藤阿須加が務める。

さらに、土屋、福原、工藤に加え、多数の作品で活躍する興津和幸、小松未可子、日野聡の出演も決定した。

■コメント
●土屋太鳳(シオン役)
主人公のシオンは、相手がどうすれば幸せになるのかを気遣う優しさも持っていて、素敵な子だと思います。
私自身にとって大切な役になるだろうという予感がありました。だから選んでいただけたときは嬉しい気持ちでいっぱいでした。
吉浦監督が「誰でも幸せにしてしまうシオンの健気さを大切にしたい」とおっしゃっていて、「寂しい気持ちのときも、明るくしゃべってほしい」というディレクションを受けたことが印象的でした。
私は母から「大切なものを大切にできないと、大切な人も大切にできない」と教わったことがあって、『アイの歌声を聴かせて』はその言葉を思い出させてくれる作品でした。人と人の繋がりや、想いを伝えることの尊さを実感できて、皆さんに力を与えてくれる作品になっています。そういった気持ちが伝わってもらえたら嬉しいです。

●劇中楽曲「ユー・ニード・ア・フレンド ~あなたには友達が要る~」について
ミュージカル風の曲でリズムが心地良く、シオンの心情も伝わってくる曲なので、彼女の気持ちを込めながら歌いました。どれだけ言葉に感情を乗せられるのかが重要になる曲です。皆さんの背中を押して勇気をあげるような曲ですから、応援する気持ちが伝わるように歌うことを心がけました。

●福原遥(サトミ役)
『アイの歌声を聴かせて』は温かく愛に満ちているところに私は惹かれました。ストーリーが進むにつれて予想外の出来事が次々と起きるので台本のページをめくる手が止まらなくて、あっという間に読み終えてしまいました。
「絶対に出るんだ!」という気持ちでオーディションに挑んだので、実際に役が決まったときは大喜びしました。
サトミは正義感が強くて真面目でしっかり者で…「どストレート」に生きている女の子です。その強さゆえに一見冷たいように思えてしまうかもしれませんが、本当は優しい子です。
人とあまり上手く話せなかったサトミがシオンと出会って、どのように変わっていくのか。アニメーションを楽しんで、彼女たちの生き方から何かを受け取ってもらいたいです。
土屋さんがシオンの優しさが胸に染みわたるような歌声を披露されているので、ぜひ注目してほしいです。

●工藤阿須加(トウマ役)
僕はアニメが大好きで、役者の道を目指すときには「いつか声の仕事にもチャレンジしたい」という気持ちがあったので、初めてアニメに携われるということに興奮しました。
トウマは機械マニアで、好きなものに対して熱心に取り組める男の子です。その一方で、幼馴染のサトミに昔から好意を寄せているものの、自分の想いをなかなか伝えられないでいます。「THE 真っ直ぐ」で僕が好きな王道の作品の主人公たちに近いキャラクターなので、皆さんも共感できて、応援したくなると思います。
『アイの歌声を聴かせて』はシオンに振り回されながら、個性的な高校生たちが幸せになっていくストーリーですが、実は台本を読んだときに泣いてしまったんです。それぐらい引き込まれる内容で、絶対に良い作品にしようという熱意を込めて全力で演じました。その気持ちが皆さんに少しでもお伝えできたら嬉しいです。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む