1. トップ
  2. 『恋ステ』ヒナ、寝起きのとらいは「赤ちゃんみたい」カップル成立後に知った一面を明かす

『恋ステ』ヒナ、寝起きのとらいは「赤ちゃんみたい」カップル成立後に知った一面を明かす

  • 2021.4.7
  • 1995 views
ABEMA TIMES

ABEMAの人気恋愛リアリティーショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』)シリーズの最新作『恋ステ 2021冬 Tokyo』が、4月6日配信の第8話をもって最終回を迎えた。とらい(柿澤叶来/長野県出身)を巡る恋は混戦模様となり、ヒナ(兼氏ひな/愛知県出身)とななか(岩本菜々果/宮城県出身)がアピール合戦を展開。一方、とらいは過去シーズンでも共演したここ(山﨑心/兵庫県出身)のことを諦めきれずにいたが、最終的には心を整理し、ヒナの告白を受け入れた。今回は、見事カップル成立となったとらい&ヒナのインタビューをお届け!お互いの好きなところや交際の近況などについて語ってもらった。

▶︎動画:とらい&ヒナがカップル成立『恋ステ 2021冬 Tokyo』

とらい、告白前夜のスカイツリーデートが決め手に

ABEMA TIMES

――カップル成立おめでとうございます!まずはヒナさん、告白した時の心境を教えてください。

ヒナ:
成立できるとは思っていなくて、告白に行く時は「フラれるんだろうな」という気持ちでした。けっこうドキドキで一か八かって感じだったんですけど、自分の想いをぶつけようと思って告白しました。

――ヒナさんはかなり早い段階からとらいさん一筋でしたよね。

ヒナ:
1週目からもう「とらいが好きだな」という気持ちでした。2週目の最後にはとらいに告白すると決めていました。

――とらいさんのどんなところに惹かれたのでしょうか?

ヒナ:
カメラ回っている時も優しいんですけど、回っていない時もめっちゃ気遣いしてくれるんですよ。あと、初日に行った水族館がめちゃくちゃ楽しくて。そこでとらいと初めて話して、いろいろ知りたいなって思いました。

――とらいさんは直前まで迷っていた様子でしたが、どんな気持ちで告白に臨んだのでしょうか?

とらい:
ヒナとは逆に俺はけっこう最後まで迷っていて。今回は告白が女子からで、誰が来てくれるかわからなかったので、少し不安もありました。でもギリギリで気持ちが決まって、ヒナと付き合いたいなと思っていたので、来てくれて良かったです。

――気持ちが決まったのはいつだったのですか?

とらい:
告白前日の夜にスカイツリー行ったんですけど、景色がめっちゃきれいだったんですよ。そこでヒナと2ショットして、プレゼントをもらって。その前からだんだん決まりかけていたんですけど、そこで確定したって感じですね。あの時のスカイツリーはめっちゃ印象に残っています。
 

「寝起きがかわいい」ヒナに暴露され照れるとらい

ABEMA TIMES

――付き合い始めてから知った、相手の好きな一面はありますか?

ヒナ:
寝起きがかわいい。赤ちゃんみたいなんですよ(笑)

一同:(笑)

とらい:自分はあんまり自覚ないんですけど(笑)。寝起きって皆さん寝ぼけますよね?たぶんそれです(笑)

――とらいさんはヒナさんのどんなところが好きですか?

とらい:
恥ずかしくて気持ちを伝えられない人もいると思うんですけど、ヒナはずっと伝えてくれるんですよ。そこがいいなと思います。

――先ほどとらいさんの「寝起きがかわいい」というお話もありましたが、頻繁に電話している感じなのでしょうか?

とらい:
最初の頃は、しすぎなぐらいめちゃくちゃ電話していて「このままだとよくないね」っていう話になって。

ヒナ:4月からお互い進路が違って環境も変わるので(取材は3月に実施)。

――ちなみに4月以降はどんな予定なのですか?

とらい:
俺は東京に行きます。

ヒナ:私は看護の学校に進みます。

とらい: 4月からはそんなに頻繁に連絡できなくなると思うので、今から慣れていこうということで、あえて頻度を減らして。うまい距離感でやっていこうと。

ヒナ:成功したよね。

とらい&ヒナにとって『恋ステ』とは?「素敵な思い出ができました」

ABEMA TIMES

――今から先のこともしっかり考えているんですね。そんなお2人にとって、『恋ステ』への出演はどのような経験になりましたか?

とらい:
最初に『恋ステ』に出たのがちょうど1年前ぐらいなんですよ。そこから3年生はマジで『恋ステ』の年になっていて。高校でしっかりした恋愛をしてこなかったんですけど、『恋ステ』に出て青春、恋愛できたかなと思っています。

ヒナ:男女で一緒に過ごすのは中学生ぶりで、これまで出会いもなかったので、撮影しながら「青春してるなぁ」とすごく思っていました。その中で好きな人に出会えたし、めちゃくちゃ素敵な思い出ができました。

――とらいさんは前回出演した時と比べて、素を出せている印象を受けましたが、ご本人的にはいかがですか?

ヒナ:
垢抜けましたよね!めっちゃかっこよくなったなって思いました。

とらい:あんなにカメラがある環境は初めてだったので、前は素を出せていなかったんですよね。陰キャ発動してました(笑)。出れば出るほど慣れてくるのかなと思いました。

――ヒナさんはとらいさんの余裕に魅力を感じた部分もあったのでしょか?

ヒナ:
最初の登場シーンはみんな緊張しているのに、ふら~って来て「とらいでーす」みたいな感じで、すごいなと思って。会話も引っ張ってくれて、ずっとすごいなと思っていました。

――ちなみにとらいさんの「俺」の発音が以前から好きだったのですが、あれは方言なのでしょうか?

とらい:
地元の友達で同じ発音の人はいないですね。でもたまにDMとかで「友達に同じ発音の子がいるよ」とか言われるので、「良かった!世界に1人じゃない」って思っています(笑)。直したいんですけど直らないんです。

――ぜひそのままでいてほしいです。

とらい:
でも大人になったら恥ずかしいな。おじさんになってもあの発音だったらヤバくないですか?(笑)。でもまだしばらくは現役でやらせてもらいます(笑)

――それでは最後に、2人で今後したいデートを教えてください。

とらい&ヒナ:
制服でディズニー行きたいです!

――楽しいお話をありがとうございました!

ABEMA TIMES
ABEMA TIMES

(目を合わすのに照れてしまうとらい)

ABEMA TIMES
ABEMA TIMES

テキスト:水野梨香
写真:mayuko yamaguchi
 

元記事で読む