1. トップ
  2. 庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』2023年公開決定! 生誕50周年に、当時視聴者だった制作陣「受けた恩を返していく」

庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』2023年公開決定! 生誕50周年に、当時視聴者だった制作陣「受けた恩を返していく」

  • 2021.4.6
  • 2184 views
「シン・仮面ライダー」2023年3月公開 監督・脚本:庵野秀明 ※撮影:坂戸希和美
「シン・仮面ライダー」2023年3月公開 監督・脚本:庵野秀明 ※撮影:坂戸希和美

【写真を見る】内容が気になり過ぎる…「シン・仮面ライダー」メインビジュアル

1971年の初回放送からちょうど50周年を迎える4月3日、東京・丸の内TOEIで「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」が行われ、東映株式会社代表取締役社長の手塚治氏、同取締役・テレビ第二営業部部長の白倉伸一郎氏、同取締役・コンテンツ事業部門担当の吉村文雄氏、同テレビ企画制作部長の塚田英明氏が登壇。庵野秀明監督による「シン・仮面ライダー」などの製作が発表された。

「全人類に仮面ライダーを等しく楽しんでもらう秘策を考えました」

手塚治氏 ※撮影:坂戸希和美
手塚治氏 ※撮影:坂戸希和美

「仮面ライダー」初回放送開始時刻である夜7時30分に合わせて実施された会見に、手塚社長は「ショッカー風に“悪い言い方”をすると」と言い添えて、「放送開始から50年32作、変身ベルトなどの玩具から食料アパレル文房具まで展開し、多大な成果を上げてきました。今、人類には三種類います。仮面ライダーを楽しんでいる人たち、仮面ライダーをかつて楽しんでいた人たち、そして仮面ライダーをまだ見たことない人たち――その全人類に仮面ライダーを等しく楽しんでもらう秘策をトッププロデューサーたちが考えました」とニヤリ。

桐山漣、菅田将暉W主演「仮面ライダーW」の続編漫画「風都探偵」がアニメ化

※撮影:坂戸希和美
※撮影:坂戸希和美

まず、この日朝8時に発表された、2022年配信予定のアニメ「風都探偵」について、「仮面ライダーW」(2009年)のプロデューサーも務めていた塚田氏が説明。「風都探偵」は、桐山漣、菅田将暉がW主演を務めた「仮面ライダーW」の正統続編漫画で、2017年より『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中。これが仮面ライダーシリーズ初のシリーズアニメ化となる。

塚田氏は「50年前に始まった『仮面ライダー』も、テレビシリーズという映像作品から始まって、石ノ森章太郎の原点である漫画で続編が描かれました。同じように、『仮面ライダーW』も漫画という形で描くことで新しい発見があったので、今回のアニメ化でもそれがあると期待しています」とコメント。スタッフについて「ありがたいことに『風都探偵』を作りたくてウズウズしていると言ってくださるアニメスタッフがいっぱいいまして、その人たちと進めています。特撮、アニメ、漫画すべてのファンに満足してもらえる作品になると思う」と自信を見せた。

こうしてシリーズ随一とも言える多角的な展開を見せる「仮面ライダーW」について、塚田氏は「タイトルにある“風都”と“探偵”の2つの要素が支持されているのではないかと。“探偵”という設定が、ヒーローの枠を超えて大人にも響いたこと、“風都”という架空の街が舞台であること――まるでその街の住人になっていただいたようなニュアンスが放送当時からありました」とコメント。海外の記者から「世界のファンはいつ見られるのか」と尋ねられ、「欧米はアニメーションでの配信が決定しています。他の地域は現時点ではまだ調整中です」と明かした。

「仮面ライダーBLACK」のリブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」

吉村文雄氏 ※撮影:坂戸希和美
吉村文雄氏 ※撮影:坂戸希和美

続いて吉村氏が、こちらも同日朝10時に「2022年春スタート予定」であることが解禁された「仮面ライダーBLACK」(1987年)のリブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」について説明。「仮面ライダーBLACK」は、翌年放送の「仮面ライダーBLACK RX」も含めて、原点回帰を志し、昭和から平成へと続くシリーズの方向性を決定づけた金字塔的作品。「凶悪」(2013年)「孤狼の血」(2018年)などで知られる名匠・白石和彌監督がメガホンを取って新たな視点で描き直す。

吉村氏は白石監督起用の理由について、「白石監督の作風はみなさんご存知だと思いますが、『仮面ライダーBLACK』も。お話の骨子が、親友同士、兄弟同然に育った南光太郎と秋月信彦という2人が、ライバルとして戦う悲しみにあるので、そういった人間ドラマを描くには、と考えてお願いしました。僕もどんなふうになるのか楽しみです」と語り、こちらも海外への来春同時配信開始を調整中だと明かした。

庵野監督の「シン・仮面ライダー」は全世界同時公開

【写真を見る】内容が気になり過ぎる…「シン・仮面ライダー」メインビジュアル (C)石森プロ・東映
【写真を見る】内容が気になり過ぎる…「シン・仮面ライダー」メインビジュアル (C)石森プロ・東映

次に、この会見で初めて明かされた「シン・仮面ライダー」について、白倉氏が「1971年、ちょうど50年前に制作された『仮面ライダー』を基に、脚本・監督に庵野さんを迎えて『シン・仮面ライダー』を製作させていただきます」と発表。「今日、このタイミングで発表できてうれしく思います。今回のイメージ画を描いたのはアニメーターの前田真宏さん。撮影自体はこれからですが、どのような作品になるのか、好奇心のエンジンがブルンブルンです」と語り、独特の表現に会場が和むと「失笑やめてください」とツッコミを入れながら説明を進めた。

実は6年前の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を機に、東映の紀伊宗之プロデューサーが庵野監督と密な関係を築くにいたり、監督から「こういうものはどうか」と企画メモをもらったことが企画の端緒になったそう。「できればアニバーサリーイヤーの今年に公開したかったのですが、コロナ禍での影響の玉突き現象で2023年になりました。逆に、準備ばっちり余裕を持って臨めると思います」と前向き。さらに「日本では珍しいですが、全世界同時公開を目指して進めています」と加えた。

記者から「『シン・仮面ライダー』は、ベースとなる『仮面ライダー』と同じく“対ショッカー”という解釈でいいのか」と尋ねられると、「難しいこと聞くね!」と破顔しつつ、「そのとおり、1号、2号の物語がベースではありますが、果たしてそういう名前のものなのかというのも含めて、現状はシークレットです」と回答。重ねて「石ノ森プロが寄せたイラストに、蜘蛛男と蝙蝠男が描かれていましたが、彼らは登場するのか」と問われると「仮面ライダーといえばこの怪人というメンツなので、個人的には登場してくれたらテンション上がりますが、それを決めるのは庵野監督です(笑)」と煙に巻いていた。

白倉氏は庵野監督の5歳下。「若い頃からずっと庵野監督の活躍を追ってきて、背中が見えないくらいすごいクリエイターでした。その方が昔から『仮面ライダー』というものに対してものすごく愛情と愛着を持っていてくださることがうれしいです。でも彼は“仮面ライダーの人”ではないし、ただの“仮面ライダーを好きな人”でもない、世界的なクリエイター。そんな方とあらためてこのシリーズを結び付けられるのは、僥倖(ぎょうこう)だと思っています」とコメント。「僕も、ここのいる2人もそうですが、それもこれも監督が50年前の今日、初回放送を見たからですよね。必ずや愛に満ちた、ご覧になってない方でも楽しめるものになると信じています」と語った。

「仮面ライダーは『悪から派生した正義』」

仮面ライダーの魅力について三氏は「仮面ライダーは『悪から派生した正義』と東映の辞書に描いてあります。同根、親殺しという深いテーマ性が魅力なのでは」(塚田氏)、「僕も第1話の蜘蛛男を、リアルに観ていました。他の作品とは違い、眠れないくらい怖かったです。他とは違う“陰”の魅力を持った作品としてずっと観てきましたし、会社に入った年にちょうどBLACKが始まったので運命を感じています」(吉村氏)、「僕も50年前の第1話をテレビにかじりついて見た世代なんですが、冒頭のメモリアル映像にあったとおり、2号ライダーの変身ポーズあたりから“陽”になりブレイクした、陰と陽がないまぜになった作品でもあります。だから大人向けの深さもありつつ、子供も楽しめる。つまり全人類が楽しめる、エンタメとドラマを楽しめるものすごい器だと思います」(白倉氏)とコメント。

最後に白倉氏は「こうして50周年を迎え、あらためて先人の偉大さを感じています。50周年のここが頂点ではなく今後も大きく羽ばたいていくためには、第1話を見て衝撃を受け、その恩恵を受けて育ってきた我々が返していく番かなと。次のバトンをどう渡すのかも含めた3作にしていきたいです」と締めくくった。

アニメ「風都探偵」は2022年夏配信予定、「仮面ライダーBLACK SUN」は2022年春スタート予定、「シン・仮面ライダー」は2023年3月公開予定。

白石和彌監督「仮面ライダーBLACK SUN」発表時コメント

仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。

仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。

南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!

庵野秀明監督「シン・仮面ライダー」発表時コメント

50年前、当時の小学生男子のほとんどが仮面ライダーという等身大ヒーローに憧れ熱中しました。

自分もその一人でした。

50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいという思いから本企画を始めました。

本企画は、

子供の頃から続いている大人の夢を叶える作品を、

大人になっても心に残る子供の夢を描く作品を、

石ノ森章太郎先生と東映生田スタジオが描いていたエポックメイキングな仮面の世界を現代に置き換えた作品を、

そして、オリジナル映像を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品を、

目指し、頑張ります。

最初の企画メモから足掛け6年。

コロナ禍の影響による制作スケジュールの変更から公開はほぼ2年先となりましたが、

何卒よろしくお待ち願います。

脚本・監督 庵野秀明

石森プロ コメント

ライダーの歴史は革新の歴史でもあります。

「どんな仮面ライダーがあってもいい」と父・石ノ森章太郎は常々語っていました。人類の自由のために戦いを続けてきたたくさんのライダーたちの歴史はついに50年を迎えました。

一方で父は「真」「Black」など仮面ライダーの原点の再生にも常に熱い目を向けていました。

庵野監督の「シン・仮面ライダー」は最新でありながら同時にこの原点でもあるという作品です。この2つが50年と言う節目の年にもう一度混ざり合う。それは勿論、父にとっても非常にうれしいことだろうと思います。監督の挑戦に期待しております。

株式会社石森プロ

代表取締役社長 小野寺章

◆取材・撮影=坂戸希和美

元記事で読む